La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
北米淡水カレイのコト
今回は撮影係のまーコに溺愛されてるカレイくんの紹介。
なんでそんなに好きなのかナゾだけど、とにかく愛されてるのです。
口元給餌が必要であり、ひとりでは生きていけなさそうなタイプなので、
そこらへんが、母性本能をくすぐるのかもナ?
同居魚の構成も、カレイくんをいじめないサカナ…
というのが目安になっていて、カレイくんのヒレがちょっとでも齧られていると、
血眼の犯人探しがはじまり、容疑魚は別の水槽に送り込まれてしまうのだ。
北米カレイ01

オレてきにカレイくんの魅力を分析してみよー。
カレイっていったら、やはり海のサカナのイメージがあります。
なのに淡水で飼えちゃって、こんなにも小型なのが今だに驚きです。
それがネオンテトラなんかと同居してる感じが、天国ちっくでステキなんす。
古いことわざに「タイやカレイの舞い踊り♪」ってのがあるけど、
カレイくんは、そんな竜宮城フウミな雰囲気を演出してくれてる気もするよ。
じっさいたまにエアーにまみれて踊ってるしね、ひらひら~♪と。

画像のカレイは大きいほーで、4cmほど。
岩にはりつてるけど、これはレアな姿で、本来こーいう場所はキライ。
このコは、かれこれ3年近く飼ってますが、さっぱり大きくなりません。
だいぶ肉厚になったけど、体長は1cm弱ぐらいしか伸びてないです。
2005年の12月に次世代カレイとして、もう1匹お迎えしまして、
そっちは2.5cmほど…まだ成長期みたくて、すくすく大きくなってるよ。
「北米淡水カレイのコト」の続きを読む…
スポンサーサイト
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.