La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ミニチョコのコト
本日はチョコの祭典バレンタインデーというコトで、
通称ミニチョコ(パラスファエリクティス・リネアトゥス)の紹介だよ。
オトナになっても体長2cm程度と、ほんとちびっこいんだけど、
泳ぎ方や、エサをじーーっと見つめる仕草は本家チョコグラと同じです。
ミニチョコ01

ミニチョコはなんの武器も持たず、動きも鈍く、ものすごく頼りないお魚…
こんなに儚げな生き物が地球上に存在すること自体が不思議な感じだよ。
モスみたいな水草が密生した水溜りみたいな場所に住んでるんだろーけど、
よっぽど恵まれた環境で育ったらしく、警戒心が薄いです。
ゆえに、水槽内でも他魚にひるまずよく活動し、
コケティッシュな動きと、クリクリ動くオメメで、飼い主を楽しませてくれるよ。

飼育難易度はやや難。あまりにも小型で、あまりにもおちょぼ口なので、
過去に何個体も殺してしまい、そんでよーやく飼育のコツがつかめた感じ。
だけどまだ、♂が繁殖期に見せるという全身金色の状態は
観察したことがないのだ。すこーし金色ぐらいまではいくんだけどなあ…
うーむ、まだまだミニチョコの道は険しいのだ。

ミニチョコの存在を初めて知ったのは、アクアライフの新着コーナーにて。
その紹介記事は「成長を見守り、報告したい」みたくまとめられてました。
まさか2cmのままで成魚だなんて、書いたヒトも思わなかったんだろね。
「ミニチョコのコト」の続きを読む…
スポンサーサイト
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.