La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
南米淡水フグのコト
本日のびろぐは、純淡水で飼えて、混泳も可能だったりして、
ぷりぷりカワイイ、南米淡水フグの紹介だよ。
昔のミナミ

南米淡水フグは、フグの中では飼いやすい部類なんだけど、
そもそもフグって、独特の飼いごたえがあり、クセがある種類なんす。

フグの仲間の性質を並べるとこんな感じです。
・ウオにしては賢く、よく慣れてカワイイんだけど、気が強くてイタズラっこ。
・わけのわからんモノに怯えたりする神経質な一面もある。
・ひとたびエサと認識した生き物に対する行動は、凶悪そのもの…
 脳内物質垂れ流しのハンターになって、獲物を追い詰める様は残酷系。

フグの性質を、わかりづらくたとえてみますと…
ベルセルクに出てくるニセエルフ軍団のザコども…みたいな?(ワカンネーヨ…)
とにかく、外見と裏腹の、殺伐とした性質をもちあわせている感じなのです。
カワイイ顔して…ばばんばん♪な、そんなフグの仲間たちなのですよ。

なんだかんだと申しましたが、オレはやっぱりそんなフグたちの外見と、
行動パターンが大好きでして、水槽にいないと寂しく感じてしまうのです。
スネークヘッドやオスカーにも同じ要素はあると思うけど、
オメメがキョロキョロなのが、水槽の前面をプリプリ泳いでいてくれると、
ちょっとぐらい疲れてても、今日もエサあげるべー♪…となるわけで。
(激しく疲れていたらそのまま寝ます、わりーなミナミくん…)

今回紹介する南米淡水フグには思い入れが深いので、
説明文がながーくなってしまう予感です。興味あるかただけ、どーぞ。
画像は、以前飼ってたミナミくん…いちばん可愛かった個体の遺影だよ。
「南米淡水フグのコト」の続きを読む…
スポンサーサイト
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.