La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
淡水ハオコゼのコト
本日のびろぐは、汽水水槽のひらひら天使…淡水ハオコゼの紹介だよ。
オコゼ01

オコゼどんは怪獣みたいなスガタカタチをしているけど、
ジャンルとしては間違いなくカワイイ系に属するオサカナです。

なにがカワイイってまず仕草がカワイイのだ。
ウチワみたいな胸ビレをぱたぱたさせて、飼い主に愛想をふりまいたり…
ひらひら泳いで上昇したかと思いきや、
へんなポーズのまま固まって水流に流されてみたり…。
とにかく人間からすると、無意味な行動が多いサカナで、
水槽の中で遊んでるよーにしか見えないのだよ。

そんでもって、仕草だけじゃなくて、性格もカワイイヤツなのです。
オコゼどんは、オサカナ界でも有名な毒魚であり、ゆえに危機意識が薄く、
のんびり&おっとりとしたイイトコのお嬢ちゃんみたいな性格をしているのだ。

好奇心が旺盛で、ウツボ用に投入したタコをわざわざ見にきたりするしね。
だからといってフグみたくイタズラっこではないので、ほんと愛せます。

そんなオコゼどんだけど、観賞魚としてはいまいちマイナー。
むかしはアクアフォレストで「オコゼ飼育セット」なんて売ってたんだけどな…
今では、ネットで検索しても、ほとんど情報がないくらいのマイナーっぷり。
アベニーぐらいのポジションは築けるキャラなのにさ、なんかもったないぜ。

まあ汽水魚だから仕方ないんだろけどけどさ…
小型だし、成長速度がちょー遅いので、ちっこい水槽でも飼えそうだし、
キャラてきに、単独飼育にも耐えるぐらいユーモラスなんで、
もう一度、その魅力を見直してあげたい、そんな気がするオコゼどんだよ^^
「淡水ハオコゼのコト」の続きを読む…
スポンサーサイト
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.