La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
コリドラス・ベネズエラオレンジのコト
今回のびろぐは、「コリドラス・ベネズエラオレンジ」の紹介だよ。
まっくろだけど、オレンジなんだよー。
ベネズエラ01

もういちど言おう。まっくろなんだけど、オレンジなんす。
そしてこの個体がウチにいるのには、ちょっとしたワケがある。

かれこれ5年以上前のこと、ワル家には、それはそれは美個体な
明るくて濃いオレンジ色の、ベネズエラオレンジがいたのです。
ありえんクオリティーだったのですよ、色も体形も。
だけど、そのコは、水槽の事故で死んでしまったのだ。

それから、そのコの影を追い求めて、たくさんのベネズエラオレンジを
見てきたんだけど、敵わないんだなあ、死んでしまったコに。
ワルモノの、ベネズエラオレンジへの想いは、初恋のごとくでして(笑)

んで、いつまでも影を追ってても仕方ないんで、
「今度はおもっきし黒いのにしてやろー」と思って連れてきたのが、画像のコ。
2年ぐらい飼ってるんだけど、最初はこんなに黒くはなかったのだ。
正直、やっぱ明るいオレンジののほーがいいなと、思ってたりもしたのだ。

だけど、最近、なんか黒さに磨きがかかってきたっ♪
カワイイつーか、むしろ迫力が出て、カッコエエー♪
…って、このコ女のコなんだけどさ(笑)
そんなこんなでベネズエラヌスの魅力を再確認してる今日コノゴロなのです。

ベネズエラオレンジって、すごい個体数で入荷する上に、
それぞれが、かなり個性的なんだよね、色も、体形も、表情も。
だから、選んで買うのがおもしろいコリだと思うです。
オレンジっぷりにこだわるもよし、ぱっちりオメメにこだわるもよしで。

んでは、「続きを読む…」で、さくっと飼育メモです。
「コリドラス・ベネズエラオレンジのコト」の続きを読む…
スポンサーサイト
コリドラス・オステオカルスのコト
本日のびろぐは、ちっこくてカワイイ、オステオカルスを紹介です。
オステオ01

この画像ので3㎝ぐらい。地味です、ちびです、フツウです。
かれこれ2年はいるハズなんだけど、ぜんぜん大きくなってないよ。
なのでたぶん、いわゆるフツウのカタチのコリドラス…
ショートノーズ系の中では、かなりちいさな部類なのだと思われます。
いつまでもカワイイ、地味ロリ系のニクイヤツって感じですな。

えーとそんで、コリドラスってよく混泳向きと言われてますが、
超小型魚と混泳させる場合は、案外適任なヤツがいないのです。
5cm弱になるコリだと、超小型魚はチカラ負けしてしまうのです。
驚いた時&呼吸の時のばびゅーんって動きにふっとばされちゃうんだな。
スカーレットジェムとかミニチョコってほんとどんくさいからね(笑)

んだけど、コリドラスはやはり定番の顔として欲しくなるものです。
底砂利をすこしだけ掘り返してくれるという意味合いもありますし。

んだからなるべく小さいのがいいんだけど、ピグミー系のコリって、
それはそれでステキなんだけど、コリらしさに欠けるし、
ハブローススはちと神経質すぎるので…
えーと、他に小型コリってなんかいたっけ?…と、なるわけです。

そんな中で、この「オステオカルス」だけが、超小型魚と混泳する上で、
条件にぴったりの、ナイスなコリドラスだと思うのだ。
(他にいたら、ぜひぜひ教えてくださいー♪)
ほんといつまでもカワイイんだよ、オステオくんはちびっこいままなのだ。

んだけど、お値段は安いクセに、あんまし売ってないんだなコイツ…
現在、うちの水槽にはオステオカルスが1匹(たぶん♂)しかいなので、
なんとか嫁さんを見つけてあげたいんだけど、花嫁探しは難航中。
現在、オステオくんが慕っているベネズエラオレンジの姉御は、
彼のコトを、♂とはみなしてくれない様子で、オステオくんは寂しげナリ。

…以下、1個体しか飼ったことないので、テキトー度高しの飼育メモです。
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.