La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
微汽水水槽ができるまでのコト
本日のびろぐは微汽水水槽の紹介の、4回目にして最終回♪
微汽水水槽の歴史編…を、お届けだよ。
ワル家が、現在の微汽水槽に行き着いた過程を紹介するのだ。
ばかばかしい道のりなんだけど、見ておくれよ、笑っておくれよー。
歴史01

↑2007年ゴロ、輝かしきウツボ水槽の時代★
とてとて大好きだったポルカドットウツボが主役の水槽でした。
だけど、過密飼育からか、謎の病気が発生して、サカナたちは全滅。
(まーコの北米カレイくんと、ヤドカリだけ生き残った…)

しばらくの間はがっつりと凹んでいたけど、
失敗は成功のママンと申しますので、リセットして、再度の立ち上げ。
今度のテーマは「陸地つきマッドスキッパー水槽」に決定♪
歴史02

歴史03

↑2008年5月ゴロ…マッドスキッパーの陸地ver.01★(規格60㎝水槽)
かねてからテゴロそうな流木を所持していたので、
その上に陶土で陸地をつくってみました。
名付けて、「ハックルベリーフィンの木のお家作戦」♪
歴史04

歴史05

歴史06

↑これは、流木の枝に穴の空いた四角い陶土のプレートをかぶせ、
その上に陶土のお家を設置し、その天井が陸地になるというプランでした。
だけど、陸地の面積が狭いし、
安定感がわるくて、流木ごと倒れやすいのが欠点でした。

「続きを読む…」で、歴史はまだ続きマス。
「微汽水水槽ができるまでのコト」の続きを読む…
スポンサーサイト
こってり紹介★微汽水水槽のコト
今回のびろぐは微汽水水槽の紹介の3回目…
この水槽の構造について、セキララにまとめてみました。
スペック01

↑まずは水槽の全景の最新版…こないだ砂を足したの。
左側のマツモに覆われているブブンが、マッドスキッパーの暮らす陸地です。
真横から見ると、陸地の底面がスパっと一直線でカッコワルイので、
マツモをたなびかせて隠しているのだ。
この処理は、RPGなどに登場するいろんな「天空の島」を参考にしました(笑)
スペック03

↑ライトと奥のフタを外して、水槽を上から見たところ。
スペック04

↑ライトと上部フィルターの隙間には、簡単なフタがしてあります。
奥行き45㎝の水槽で、奥から…
12㎝の上部、5㎝の奥のフタ、12㎝のライト、残りが前の隙間です。
このくらいあれば給餌や水換えは簡単にできるよ(出かける時だけフタしてる)
スペック05-00

スペック05-01

↑陶土でこさえた陸地の全貌(乾燥中♪)
陶土を3個ほど費やしたワルモノ氏の労作です。
この陸地、幅30㎝ほどありまして、オーブンレンジの横幅ギリギリでした。
スペック06

↑マッドスキッパーは、水中に入るのも、乾燥した陸地も好まなくて、
ひたひたと濡れている陸地を好みます。
陸地の左側の高いブブンには、穴がいくつか空いていて、
そのなかのひとつにシャワーパイプからエアチューブで水が送られています。
スペック07

↑水槽の水が蒸発して水位が減っても安心の設計。
陸地の裾野のブブンに、囲いがあってそこに水がたまります。
スペック08

↑この陸地はノーメンテだと、すぐにコケだらけになります。
なので、貝を多めにいれてお掃除してもらっているよ。
貝たちは、この陸地によく集っていて、それはもうツルピカに掃除してくれます。
それで大量にふんちをするので、ときどきスポイトで吸い取っているよ。

…と、こんな感じの紹介が、でろでろ続くよ。
続きは、「続きを読む…」からどーぞ^^
微汽水水槽★珍百景
本日のびろぐは微汽水水槽の紹介の2回目…
微汽水水槽のいろんな風景と、飼育魚の紹介をするよ。
とても長い記事なので、おやつでも食べながらどーぞ★
百景001-00

百景001-02

↑まずは全景です。陶土でつくった陸地を、陶土の塔で支えているのだ。
なお、この水槽はライトにインバーターがついてないので、
画像によって色味が違いマス。3連射でとると全部色が違うんだよ。
百景002

↑陸地はこんな感じ。マッドスキッパーのぴーちゃんが棲んでいるよ。
百景003

↑ぬるぅ~んとセクシーなぴーちゃん♪(女のコです)
百景004

↑ぴーちゃんはスプラッタ少女★(グロカワ~~♪)
百景005

↑サカサフジっ♪
百景006

↑正面顔ドあっぷ★(ヤダ・・カーワーイイ~~~♪)

さてはて、でっぱりオメメのぴーちゃんには、
実は似た顔のオトモダチがいるのです。「続きを読む…」からどーぞ♪
微汽水水槽と2匹のハゼどん
今回のびろぐは、汽水水槽リニューアル記念第一段★
イントロダクション編を、お届けします。

まずは、このハゼどんを紹介しよう。
流通名は決まってなくて、ワル家では「テコテコくん」と呼ばれています。
テコテコ01

テコテコ02

テコテコ03

体長は6㎝ほど。
でっぱりオメメと、でっかい口に、テコテコ用の胸ビレ…
とてち★かわいハゼどんデス。
去年の夏ごろ、市ヶ谷FCでみつけて、すぐに気に入って連れてきました。
フツウの淡水水槽で売ってたもんだから、それはもうお気軽に。

だけど、あれこれ調べてみたところ、
じつは、テコテコくんは、ある有名なハゼのおこさまだったのだ★

では、「続きを読む…」で、テコテコくんの正体が明かされます。
カワイイ動画もアルヨー♪
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.