La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
お食事動画集
本日のびろぐはボツにするのはすこし惜しいけど、
ネタにするほどおもしろくない動画集だよ。
「続きを読む」で、90㎝水槽のメンツの個々の食事シーンです。
(ヒメニオイガメと淡水ギンポとドラゴンフィッシュ…)
3つの動画ファイルがあげてあるから、それなりに重いカモ。
「お食事動画集」の続きを読む…
スポンサーサイト
儚げなコイツ…
今日は土曜日に買ってきたグリーンパイプフィッシュをかるーく紹介だよ。
うまく飼えればステキなサカナだと思うんだけど、思うのだがしかし…。
グリーンパイプ01

まずは全身画像♪(ボルボル、ポルカ、ちびカレイくんもいっしょ)
画像で見るよか、実物は小さい(細い)です。
計ってみたら10cmあったけど、そんなにあるよーには見えないです。
雌雄の判別はさすがにこのサイズだと難しい感じ。
カワイイし、活発だし、異色のキャラクターです…オレてきにはツボ。
某店の店長さんいわく「飼育難魚」なので、気合で飼ってマス。

■知る限りの知識…
去年の12月号のアクアライフで紹介されてたインド産のヨウジウオ。
スカーレットジェムと同じ場所に生息してるらしい。
写真によると、流れのあるフツウの川で、バリスネリアみたいなのが生えてる。
成魚(20~25cmぐらい?)の体色は鮮やかなグリーンで、
パイプフィッシュにしては体高も出てカッコイイ感じ。
ネットで検索しても成魚の画像はないっす。すげーんだけどナ。

■水槽内での性質(今のところ)…
案外、活発に泳ぎ回るサカナで水槽中を巡って微小な生き物を探してます。
葉っぱの裏をよく見てる。水面を見つめるし、底を探すときもある。
このへんの行動パターンは、ミニチョコを想像するとよいかも。
泳ぎは案外上手で、うちの水槽の水流にも負けてない感じ。
「く」の字になって、漂うよーに泳ぐ姿はコケティッシュで、
やたらとシンプルなカタチのリーフィーシードラゴンといった趣きもある。

水草に擬態して待ち伏せるよーな動きは、たまにする程度で、
いつも活動してる。このへんは環境次第なのかも?腹減ってるのかも?

そんで、人間を恐れず、他魚の存在も意に介しておらず、
オープンなスペースや、水槽の前面にも平気で出てくる。
うちの小型魚水槽は超ピースフル&ゴチャゴチャなので、
それが前提だけど、給餌面をのぞけば、案外混泳にも耐えるタイプだと思う。
この能天気さは、飼育するにあたって唯一の救いかもだ。
(むろん、その食性ゆえに、本来は単独種飼育が理想だと思いマス…)

■気になる食性(今のところ)…
口が小さく上向きについており、細かい活き餌しか食べられない。
…つーのは百も承知だったんだけど、
いちばんショックだったのは活きブラインを食べてくれなかったこと。
(すこーしは食べてるかもしれないが、目の前に落としても反応が薄い…)
そのうち食べると思うんだけどさ、こりゃー計算外だぜ。
ショップでビニールに浮いてるのを買ってきたので、それがまずかったかも。

だから、とりあえず、他のエサをやらねばならないので、
いろんなエサを、水面にたなびいてる水草にひっつけて、ためしています。
(冷凍アカムシ、ブライン、ベビーブライン、ミジンコ&各種乾燥エサ)
冷凍ブラインのクズ…を食べてる姿を数度見てるけど、充分じゃないね。
これに餌付いてくれれば、いちばん楽なんだけどさ。アカムシは無理ぽん。

あと、数回、エビをつつく姿を確認してる。
お腹の裏を見つめて、そこを狙ったりもしてる。エビのタマゴ食うかもなあ。

…とまあ、今のとここんな感じです。
正直、アクアな時間はグリーンパイプの観察にかかりきりになってる状態。
コイツがウチの水槽に居ついてくれたら、ひじょーに魅力テキなんだけど、
でも、2個体いるうちの1個体は、水槽面クネクネ運動を止めてくれないです。
こっちはダメかもナ。上記の内容は馴染んでるほーの個体のはなしナリ。

そのうちまたレポりまする。かなしいレポにならないよーにがんばりマス。
そんでもって、誰か飼育してるヒトいましたら、情報交換きぼんデス(ぺこ)
下の画像は顔面アップ…白とびしてるけどカワイイ顔。
その下の画像は、お気に入りの場所…ナナの森の上にて。
グリーンパイプ02

グリーンパイプ03
スベスベ引越し大作戦♪
先日またまたヤドカリを買ってきてしまいまして、
そのヤドカリがおもわぬ行動を見せてくれたので、本日はその話題^^
スベスベ01

まずは、イナズマカノコガイを背負って登場♪
買ってきたのはコレ…「スベスベサンゴヤドカリ」です。
サンゴヤドカリつーのは「属」の名前で、
サンゴ礁にだけ住んでるわけではなく、
暖かい海にいくと、わりとフツーにみられる種類だそうです。
そんで、苔トリ能力がスベスベなんだそーだ。

この色カタチ、もう完全に南の海の生き物だよね。
飼育者としてボール球なのはわかってるんだけど、
汽水水槽なのにもかかわらず今飼ってるヤドカリたちが好調なので、
(そして苔トリ係として、あまりにも優秀なので…)
調子にのって1匹だけ買ってきちゃいました。

そんで、いちおー水あわせをして、えーいと水槽に投入したところ、
落ち着きなく水槽の4辺を歩きまわったかと思いきや、
ショップでつけてたカラを捨てて、ウチの水槽に置いてあった
カノコガイのカラにするするっと引っ越したのですよー。
うわー。カラが軽量で動きやすそうだからオマエを買ったのにー♪
…とか嘆きつつも、カノコガイのヤドカリもおもしれーな…
と苦笑いを浮かべながら、ワルモノはお風呂に入ったのでした。

そんで、お風呂から出て、歯磨きしながら水槽を眺めていたら(習慣)
今度は別の貝(海の巻貝)に引っ越したではありませんかー。
スベスベ02

うーむ。やっぱ汽水だと落ち着かないのかなあ…
それとも、ショップの水槽には空の貝殻が入ってなかったから、
引越し願望がつのっていたのであろーか?
はたまた、比重と環境に合わせて、向いてる貝を探してるのかな?
…などと、ワルモノは考えを巡らせておりました。

すると、スベスベくんは水槽をぐるっと周ったのち、
ふたたび貝殻置き場(いろんな貝が15コぐらい置いてある)に戻ってくると、
またまた引越し♪ 今度は、別のカノコガイに入りました。
そんでもって、南米カレイくんを踏んづけ、ウツボの鼻先をかすめ、
流木にのぼり、裏から降り、水槽内をテケテケと1周して、
今度は、ヘルメットのようなカタチをした単純な構造の貝に引越し♪
スベスベ03

うはは、カワイイ…おまえコレにしなさい^^
とっても似合ってるし、動きやすそうだから。
…と笑ってたのもつかのま、水槽をまたまた1周すると、
最初に入ってたカノコガイに、またまたまたまた引っ越してしまいました。

この間、オレがお風呂を出てから、えーと40分ぐらい?
引越し履歴をまとめますと、
ヘルメットみたいな貝(お店の)→カノコガイA→海の巻貝→
カノコガイB→ヘルメットみたいな貝(ウチの)→カノコガイA…と、なります。
そんでやっと落ち着いたらしく、ディスカスフードをもりもり食べだしたよ。
カノコガイ…動きづらそうだけど、淡水の貝だから確かに軽量ではあるナ。

そうそう。こんだけ引っ越したので動画もばっちりとれましたよ。
最初は貴重なシーンだと思って、ちと興奮しながら動画とったんだけど、
何度もするので、デジカメの容量がいっぱいになってしまいました。
なので、紹介するのは最後にとったひとつだけ。「続きを読む」からどーぞ^^
ひっつき系の時代
今回はウエスト東京地区でヒソカなブームを呼んでいる、
ひっつきドジョウを2種類紹介するよ。

どっちも、まだウチにきてから日が浅いので、多くは語れないんだけど、
同じリザードフィッシュなのに、性質がぜんぜん違うのだ。
クラウンリザード

まずはこれ、「クラウンリザードフィッシュ」です。
コイツ…愛称は忍者くんと呼ばれてまして、
動かざることチャカチャカの如し…まったくもって動きません。
鳥で言うと、コノゴロハヤリのハシビロコウみたいなヤツなのです。

コケとり運動をまったくせず、いつも流木にはりついてるのが彼の日常。
そんで、口の近くにアカムシを落としてあげると、
目にも止まらぬ早業でパクっと食べて、また不動の状態に。
たぶん、渓流で岩や木に擬態して、鳥の目をごまかしつつ、
流れてくる微生物&水棲昆虫を狙ってるんだろなーって性質をしてまする。

最初はピンセット給餌だったんだよ。この仲間にそれってありえん。
すこし慣れてきて、アカムシとりに降りてくるよーになったけど、
まだまだだなあ。もちっと慣れろ…飼いづらいぞ^^
リザードフィッシュ

そんでこっちが、「リザードフィッシュ」という名前で売られていた、
フツウっぽいリザードフィッシュです。画像だとよくわからないけど、
目と鼻の穴が大きく、顔が丸く、アホのコの顔をしています。

見かけどーりの能天気なヤツでして、まったく人間を恐れず、
水槽中のコケを舐め、砂利に落ちたエサも食べてます。
土曜日に買ってきたばかりなんだけど、すげー飼いやすそうだよ。
(とはいっても、夏場の高水温に対する耐性は不明だけど…)

以前飼ってた迷彩モヨウのリザードフィッシュはほぼコケ専食だったしさ、
リザードフィッシュの性質&食性って、ほんとまちまちなのだ。
そのクセ、飼育情報なさすぎ、流通名テキトーすぎ、
種類多すぎ…って状況なんだよね。
そんな、まだまだ未開な感じが、この仲間の魅力かもしれないけどさ。
みんなで情報交換して、すこしは飼いやすいサカナにしてやろ~ぜえ^^
ワルモノてき5大フード
えーと、今回はアクアグッズレビューということで、
オレが愛用しているスグレ餌を紹介しますよう。
エサ01

サカナのエサつーと、浮上性のがほとんどなんだけど、
沈下性のほーが、いろんなサカナが食べるので利用価値が高いです。
浮上性を優先するのは人間の都合だと思うんだよな…
水面にわらわら集まってる感じって、いかにもエサあげてるっぽいしさ。
浮上性のエサを好むタイプなんて、全魚種の2割ぐらいだと思うんだけどさ。

キョーリンのエサが多いのですが、まわしものじゃございません。
画像の左から順番に紹介します。んであ、「続き」をどぞー。
淡水ハオコゼのコト
本日のびろぐは、汽水水槽のひらひら天使…淡水ハオコゼの紹介だよ。
オコゼ01

オコゼどんは怪獣みたいなスガタカタチをしているけど、
ジャンルとしては間違いなくカワイイ系に属するオサカナです。

なにがカワイイってまず仕草がカワイイのだ。
ウチワみたいな胸ビレをぱたぱたさせて、飼い主に愛想をふりまいたり…
ひらひら泳いで上昇したかと思いきや、
へんなポーズのまま固まって水流に流されてみたり…。
とにかく人間からすると、無意味な行動が多いサカナで、
水槽の中で遊んでるよーにしか見えないのだよ。

そんでもって、仕草だけじゃなくて、性格もカワイイヤツなのです。
オコゼどんは、オサカナ界でも有名な毒魚であり、ゆえに危機意識が薄く、
のんびり&おっとりとしたイイトコのお嬢ちゃんみたいな性格をしているのだ。

好奇心が旺盛で、ウツボ用に投入したタコをわざわざ見にきたりするしね。
だからといってフグみたくイタズラっこではないので、ほんと愛せます。

そんなオコゼどんだけど、観賞魚としてはいまいちマイナー。
むかしはアクアフォレストで「オコゼ飼育セット」なんて売ってたんだけどな…
今では、ネットで検索しても、ほとんど情報がないくらいのマイナーっぷり。
アベニーぐらいのポジションは築けるキャラなのにさ、なんかもったないぜ。

まあ汽水魚だから仕方ないんだろけどけどさ…
小型だし、成長速度がちょー遅いので、ちっこい水槽でも飼えそうだし、
キャラてきに、単独飼育にも耐えるぐらいユーモラスなんで、
もう一度、その魅力を見直してあげたい、そんな気がするオコゼどんだよ^^
がんばれヤドカリくん♪
どーやら世の中ではヤドカリ(主にオカヤドカリ)が流行ってるらしく、
検索するとヤドカリ通販のサイトがいっぱい出てくる。
そんな中に耳よりな情報を発見…「汽水で飼えるヤドカリがいる♪」

うひゃひゃ、うれCなあ、汽水はじめてよかったよ^^
オレ、生まれた時からヤドカリ大好きなのだ。
遠州灘の干潟に出向いては、何匹も拾って、何匹も殺して育ったのだよ。
ヤドカリ01

ヤドカリといえば海の生き物…としう固定概念からか、汽水産としては
売ってないんだけど、そもそもが甲殻類なので、魚よりか融通が利くのだ。

融通が利くといえばこんな記憶もある…
オレ、静岡の山の中で育ったんだけど、家の隣に汚めの渓流が流れていて、
そこには様々な川の生き物が住んでいました。
カジカとか、サワガニとか、ウナギとか、ホタルの幼生なんかもたまにいた。
んだけど、そこで純粋な海のカニを何度か捕まえたことがあるのだ。
ワタリガニ(ガザミともいう)とか、名も知れぬ、だけど確実に海のカニとかさ。
たぶんコドモか、釣り人が川に捨てたのだろけど。

そんなわけで、ヤドカリはきっと3分の1海水のウチの水槽にも
対応してくれると信じて、ここんとこ、数匹買ってきて入れてみました。
いちおー、汽水に耐性がありそうな種類っぽいのを、選んでみたつもり。
(種類がめちゃ多い。そしてインボイスが「ヤドカリ」なので正確な種類は謎…)

ヤドカリって、フグにもウツボにも食べられないので、
スカベンジャー&苔トリとして優秀なんす。
そんでもって、元気に動いてるし、育ってるし、動きがオモシロイしで、
どーやらいけそうな感じ。そしてすこしだけハマリソウな予感。
そのうち河口部に出向いて、汽水のヤドカリを捕まえにいきそうなイキオイ。

比重が海と違うので、ひっくり返ると起き上がるのがタイヘンそうだけど、
(この要素が淡水にヤドカリが存在しない理由としてデカイかも?)
がんばれヤドカリたちよ。できるだけ軽量な貝殻を用意してやるからさ。

下の画像はヤドカリくん2種類…
左がホンヤドカリ?で、海に行くといっぱいいるヤツ…汽水耐性イマイチかも。
右がタテジマヨコバサミ?で、コイツは汽水域でも見られるそうです。
ヤドカリ02
シザーステールカラシンのコト
本日のびろぐは我が家の長老…シザーステールカラシンの紹介だよ。
シザーステール03

おとなしくて、目立たないやつで、でも、ずっといるんだ。
かれこれ…ん~20代だったコロからいる気がする(セツナイ表現だな…)

千葉が誇る熱帯魚屋ワールドフィッシュで買って来た個体で、
2匹買ったんだけど、1匹は2年前のエロモナス祭りの時に落ちてしまった。
そんでココロなしか寂しげに、今も生き残ってるのがコイツ…
難しいとか言われる場合もある種類なんだけど、
水槽にしっぽりと馴染んでしまえば、そんなの関係ないよ…のお手本ナリ。
おめでたエビとおなかアワ病
ウチの小型魚水槽にはココんとこずーっと、エビらしいエビがいませんでした。
なぜかというと、バジス類とか、稚エビキラーみたいな種類が好きだから
たまに買ってくるんだけど、だんだん減っちゃうのです。
そんなワケで、コケつーか糸状のモが出まくりでして、
これはいかん…ということで、今年に入ってからエビ増員計画を実施中です。

そんでまず白羽の矢が立ったのが、レッドチェリーシュリンプ…
コイツは別名「おめでたエビ」と呼ばれる、たいへんおめでたいエビなのです。
レッドチェリー01

…ほら、おめでたいでしょ。わが国の、お正月なみのおめでたさなのだ。
お好み焼きに入れたくなるほど、海鮮かきあげバーガーに混ぜたくなるほど、
それはそれはおめでたいレッドチェリーシュリンプなのですよ。

だけど、コイツら、ぽつぽつと死んでしまうのです。
その原因になってるのが、ナゾの現象「おなかアワ病」なのです。
レッドチェリー02

上の画像の左側の♀個体の、お腹(卵つけるトコ)をよーく見てください。
空気のツブ…気泡みたいなのがお腹に入ってるでしょ。
コイツはまだ軽症ですが、この気泡が、もっとお腹の奥に入ってしまうと、
浮力のセイでカラダが浮き気味になり、落ち着きなく水槽中を泳ぎまわり、
お腹の脚をしきりに動かし、やがて疲れ果てて死んでしまうのですよ。
原因やら疑問を並べてみますと…

・現在のところ、おとなサイズの♀にのみ発生している。
・脱皮不全のため、お腹と背中の隙間から空気が入ってしまう?
・エビってエアレーションしてる水槽で飼うと、こーいうことって起こるの?
・そもそも、調子が悪くなったエビって泳ぎまわるのかな?
・結果として、エアレーションの上を通過して、その時にエアが入ってしまう?

…などと疑問はつきません。
対処法としては、すくってからスポイトを使って泡をぬいてやると、治ります。
落ち着きを取り戻し、いつもの行動に戻るのです。
ちなみに、画像の個体は軽症ゆえに、
頭を下にして水草にへばりついた時に、アワがぬけて助かりました(笑)
まあ、老エビっぽいから、あんまし先は長くなさそうだけど。

エビはいろいろ飼ったけど、
こんな死に方をするのってレッドチェリーだけなんだよなあ。
誰か、原因について、思い当たるかたがいましたら、教えてくださいまし。
あまりにまぬけな死にザマなので、できれば避けたいよ(笑)
いらいらニョロ3号
今回は、ミズアシナシイモリのニョロ3号食事シーンを動画で紹介だよ。
イライラするのが苦手なヒト、ニョロニョロ系が苦手なヒトは注意ナリ。
それから、くわーっと口をあける感じが苦手なヒトも注意です。
それ以外の興味あるヒトは、ミテミテオクレヨ♪
幸運のしましまエビ
この世界の何処かに、人々にシアワセを運んでくる…
幸運のしましまエビがいるという。
このエビを目撃したヒトは、確実にシアワセモノなのです。
インドゼブラ01

…と、オレの中で語り継がれているのが、
この「インドゼブラシュリンプ」です(笑)
よーは、水槽内にちびっとだけしかいない上に、ちびっこなので、
滅多に見られない…って、ただそれだけです。
飼いエビなのにレアキャラ…こんな存在が誰の水槽にもいるんじゃないかなー。
…以上、たまたま前面に出てて、画像がとれたんでアップしただけでしたー。
これを見たアナタもシアワセモノかもだー♪(かなりテキトー)
淡水ウツボ道
淡水ウツボのポルカくんを飼いはじめて、はや7ヶ月が経過した。
今日は、その飼育記録みたいなのの、まとめ。
ポルカ03

淡水ウツボの飼育は、飼育経験のない種類、初めての汽水…にくわえて、
ウツボってサカナとしてすこし特殊系(飼い心地はヘビと似てるかも)なので、
なにかと神経を使うことが多かったです。
それは今も続いてるんだけど、ウツボのコトがすこしわかってきた感じ。
画像は、こないだ撮った、食欲復活のポルカくん。
…以下、てきとー飼育記録と、いちばん下に給餌の動画だよ。
ボルネオプレコのコト
本日はゴンタくんみたいな顔をしたコケとり系…ボルネオプレコの紹介だよ。
カワイイし、丈夫だし、ワルサしないし、コイツはおすすめのコト。
ボルボル01

ボルネオプレコって、ジャンルで言うと…ナゴミ系かな?
顔がアホのコっぽくて、お鼻がブーで、性格も能天気なので、
見てるだけで、リトルなシアワセを運んできてくれる、ステキなサカナなり。

会社でイヤなことがあっても…
やっとこ手に入れたキレイなテトラがあっさり落ちてしまっても…
通販で買ったバジスダリオが白点をぶらさげてやってきても…
いつだってボルネオプレコは、ゴンタくんの顔で、水草をぼるぼるしているよ。

ほんで、ボルネオプレコは、お店で選ぶのが楽しいサカナでもあります。
おおざっぱに言って、ツブツブとシマシマの2タイプがいるみたい。
画像のはシマシマくんで、「タイガーストライプ」とかいう名前で、
別々に売られている場合もあるよ(たぶん別種だから、当然だけど…)
モヨウ以外にも、尾びれの色が赤だったり、青だったり、赤と青だったりで、
とても個性的です。コレクションしてみるのも楽しいかもだ。

画像のこのコ、買ってきたときは顔面が半分、真っ黒で、
仮面してるみたくて、それはそれはおもしろい顔してたんですよ。
でも、ある日とつぜん、フツウの顔に戻りました。
…以下、毎度おなじみの解説文です。
食欲魔人カメックスの巻♪
90㎝カメニョロ混泳水槽のエサやり風景の動画です。
ヒメニオイガメの食欲魔人っぷり?…が確認できるよ。
興味あるヒトはミテミテオクレヨー♪(ちと重いけど)
ネオンテトラのコト
今回はオサカナ飼育の基本の基本、ネオンテトラの紹介です。
へんな系だけじゃなくて、こんなのも好きだよーってコトで紹介したくなった。
ネオンテトラ01

ネオンテトラは小型魚の混泳水槽に欠かせないサカナです。
ただいるだけで、熱帯魚の水槽だ~♪って雰囲気がもりもりっと上がるので。
だけどウチの60水槽では、たったの1匹しか飼ってません。
そのワケを説明するためには、ワルモノ的混泳論をぶたねばならぬー。

えーと、見た目まずまずキレイで、サカナたちの生活モヨウが楽して、
ウツクシクはないけど楽しげな…そんな、飽きのこない混泳水槽をつくる時は、
なによりもキャラクターの配分が大事だと思うのですよ。
標準サイズの60㎝水槽を例に説明すると、たとえばこんな感じナリ。

■キレイ系(枠…15~20匹)
テトラやボララスなど、ひゅんひゅん泳いで、ただキレイなだけのサカナ。
テトラとはいってもワイツマニーやダーダーはキャラクター系なので除外。
おとなしくて、最大でも3㎝を越えない魚種を選ぶと、いつまでもカワイイです。
そんで、色合いはあえて統一感をなくすのがポインツ。
青系が多くなったら、ディープレッドホタルやマクラータで赤味をもたせます。
まっくろくろすけのブラックエンペラー、まーるいカタチのプルッカーなどを
1匹づつ入れたりすると、雑多な印象になり、ぐぐっと楽しげ感があがるのだ。

■キャラクター系(枠…4~8匹)
バジス、アピスト、グーラミィ、北米カレイなど…表情のあるサカナ。
主役と言い換えてもいいです。仕草や生態を観察するのが目的。
チョコグラや、バイランティみたいな表面積があって、ゆったり泳ぐサカナを、
1匹だけいれると、ぐぐっと熱帯魚水槽っぽくなりまする。
パラドクスフィッシュや、フレッシュウォーターバンブルビーなどの、
「隠れキャラ系」つーのもあるかな。毎日探す楽しみが味わえるよー(笑)

■底モノ系(枠…4~8匹)
コリやローチなどの残餌処理係と、オトシンやボウズハゼなどの苔とり係。
水槽維持の機能としても必要だし、魅惑のサカナも多数です。
気ままに買ってると、すぐにオーバーしてしまうけど、仕方ないよね。

■エビ系(枠…10~30匹)
やぱし必須かも。ウチの水槽にはいちじきまったくいなくて、
糸状の苔がでまくりまして、その重要性を痛感した次第。
さらに、シャワーパイプとかにこびりつく苔対策として、貝の仲間を2個ぐらい。

…以上、混泳論はおしまい。
そんで、お題のネオンテトラは当然ながら「キレイ系」の枠に入るんだけど、
下のほーで、いまいち動かなくなるから、水槽に活気を与えてくれないんだな。
その体色はどのサカナよりもトロピカリーで、魅力テキなんだけどさ。

なので、ウチの水槽のネオンテトラ枠は現在「2」に設定されています。
(限られたスペースの中で「キレイ系」の枠争いは熾烈なのです…)
もちろん、群泳が魅力テキなのはわかるんだけど、
せまーいお部屋で、へばりついて鑑賞するよーな水槽だと、「2」で充分なんす。
しかもしかも、ネオンテトラ系全部で「2」なので、今のうちの水槽だと、
カージナルが1匹とネオンテトラが1匹で、すでに満員御礼状態なのだ(笑)

どーせなら「1」でいいじゃないか…という気もするんだけど、
1匹だと寂しげで、よけーに動かなくなってしまうし、
追いかけっこは同種優先なので、
他のサカナへの干渉を弱くするタメ…という意味合いもあるです。
雌雄がわかれば、ペアで飼ってあげるんだけど、オレには見分けつかないし、
お店で、2匹ください…って言うだけでもワルイのに、ペアで…なんてとても(笑)

…以上、ネオンテトラ脇役論でした(笑)
逆に言えば、ネオンテトラって、2匹でも充分に目立っちゃうぐらい、
輝きの強いサカナ…ってコトなのだと思います。
上の画像は、ネオンテトラと水槽のみんな。
(12匹の生体が映ってます。なにが何匹いるのか、わかったら神♪)
【新】60㎝ウツボ水槽のコト
2006年03月08日作成
2006年05月04日更新

2006年の2月26日に立ち上げた(というか引っ越した)汽水水槽だよ。
以前の30×30×45の縦長水槽は管理しづらいし、底面積が狭くて、
南米カレイくんやオコゼどんの安らぐ場所がなかったので、引っ越しました。
汽水全景03

3匹の淡水ウツボが主役の水槽で、
残餌処理をかねた個性ある脇役が数匹投入されています。
上のほーが寂しいとか思うなかれ…
ひらひら天使のオコゼどんと、凶悪キャラのミナミくんがぷりぷりしてたら、
おいら、それだけで十分シアワセなのだ。
そんで右手のウツボハウスでは、大好きなウツボたちが餌を求めてじー。
すでにイイ感じなので、今後も過密飼育はしない予定です。
汽水初心者だし、手抜き水槽にするってココロにきめてる水槽なので。

そんな汽水水槽も去年の8月末に立ち上げて、かれこれ半年が過ぎました。
現時点での汽水水槽の感想をいくつか…

・生体は1匹も落としてなくて、案外楽。汽水魚ってタフなのかも。
・純淡水では珍しいタイプの、へんなコケが出やすい。
・ろ過は案外効く感じ。思ったより効くなあ…ってだけで、実証は不能。
・0.1のめもりがあるボーメ計を買った。プカプカさせて測るのは案外楽しい。
・蒸発によってけっこー塩分濃度が変化することが発覚。
・懸念された塩ダレはやっぱり出る。今後、いろいろ工夫してみる予定。
・水草はダメだったけど、光量があがったので、もちっと試してみる予定。

…んでまあ、まとめると楽しいっス。
オレみたいなショップ巡りを楽しむタイプは、器だけでも持ってると、
買う買わないは別にして、夢がひろがるんすよー。
南米淡水フグのコト
本日のびろぐは、純淡水で飼えて、混泳も可能だったりして、
ぷりぷりカワイイ、南米淡水フグの紹介だよ。
昔のミナミ

南米淡水フグは、フグの中では飼いやすい部類なんだけど、
そもそもフグって、独特の飼いごたえがあり、クセがある種類なんす。

フグの仲間の性質を並べるとこんな感じです。
・ウオにしては賢く、よく慣れてカワイイんだけど、気が強くてイタズラっこ。
・わけのわからんモノに怯えたりする神経質な一面もある。
・ひとたびエサと認識した生き物に対する行動は、凶悪そのもの…
 脳内物質垂れ流しのハンターになって、獲物を追い詰める様は残酷系。

フグの性質を、わかりづらくたとえてみますと…
ベルセルクに出てくるニセエルフ軍団のザコども…みたいな?(ワカンネーヨ…)
とにかく、外見と裏腹の、殺伐とした性質をもちあわせている感じなのです。
カワイイ顔して…ばばんばん♪な、そんなフグの仲間たちなのですよ。

なんだかんだと申しましたが、オレはやっぱりそんなフグたちの外見と、
行動パターンが大好きでして、水槽にいないと寂しく感じてしまうのです。
スネークヘッドやオスカーにも同じ要素はあると思うけど、
オメメがキョロキョロなのが、水槽の前面をプリプリ泳いでいてくれると、
ちょっとぐらい疲れてても、今日もエサあげるべー♪…となるわけで。
(激しく疲れていたらそのまま寝ます、わりーなミナミくん…)

今回紹介する南米淡水フグには思い入れが深いので、
説明文がながーくなってしまう予感です。興味あるかただけ、どーぞ。
画像は、以前飼ってたミナミくん…いちばん可愛かった個体の遺影だよ。
水槽りにうある作戦
冬のおしまいの、春のはじまりのいちにちは、水槽いじって過ごすのコト…
先日、懸案だったウツボ水槽を広くするための作戦を決行しました。
これは、小型魚水槽を新調し、空いた60をウツボにまわす…という作戦です。
(作戦なんておおげさと思うなかれ、手順はかなり複雑なのだ)

小型魚水槽の管理人のまーコはここんとこ、撮影ばかりさせられてるので、
明るくて透明度の高いガラス水槽が欲しかったらしいのです。
そんで結局、PD熱帯魚センターに出向いて、旧世紀の遺物…
「クリアスティングレー60&リアルインバーターライト」のセットを
けっこーなお値段で買ってきてしまいました。
(ここでデジカメに投資しないところがアクアリストの鏡ダネ・笑)

リアルインバーターライトはライト自体がパコっと倒れるので、
ピンセット給餌を頻繁にやるヒトにはたまらない一品なのですよ。
オレは旧世紀の遺物のもう一方の雄…
ADAのグリーングロウが欲しかったんだけどナ(カタチてきに・笑)
カレイくんを第一に考えると、リアルインバーターに軍配が上がるワケで。

(水槽のセッティングの過程は煩雑なので略。5時間ほどかかった…)
そんなこんなで、(すこし)コギレイになったワル家の水槽を紹介です。

■60cm小型魚混泳水槽
展示品処分で格安になっていたテトラの水槽台も購入。
けっこー印象かわりました。水槽台って大事かも。
北米カレイくんがまんなかにベコって張り付いてます、定位置だね。
60全景


■60cmウツボ水槽
左のお皿は南米カレイくん用の砂場。隠れろカレイくん♪
右はウツボの棲家。その右はマツモさま…汽水実験中です。
シンプルすぎるんだけど、機能美ということでひとつ(笑)
ウツボ水槽全景
南米淡水カレイお食事中の巻♪
本日は、導入後1ヶ月ほど経過した南米淡水カレイくんの食事シーンを
動画で紹介だよ。興味あるヒトはミテミテオクレヨ♪
ミズアシナシイモリのコト
我が家の未来型アイドル…ミズアシナシイモリのニョロ3号の紹介だよ。
ニョロ3号は、存在としては気持ち悪くて、でも顔はかわいくて、
泳ぎ回る姿にはちょっとだけ狂気を感じて、さらに付け加えると、エロいです。
コイツを見てると、えろいぷれいを想像せずにはいられません。
アシナシ01

ミズアシナシイモリの外見的特徴を列記しますと…
・目と鼻があり、顔はいつも笑ってる。
・ミミズのよーにカラダにフシがあり、伸び縮みする。
・首?から上は柔軟でなく、中に骨組みが入ってるのがわかる。
・なので、一昔前のハリウッドの特撮生物みたいなカクカクした動き。

なんつーか、地球の生物じゃないみたいなんだよね、SF系っていうか。
今でも、いちぶマニアには究極のニョロ系として愛されてるけど、
じつは未来型アイドルとしてのブレイクする可能性を秘めてると思うのだ。
アルビノでも作出された日には、ウーバールーパーよかカワイイって、
悪趣味系のギャルに大人気になりそうな予感がすこしだけするよ。

ミズアシナシイモリとの出会いは昨年の夏のPDにて。
ベアタンクに50匹ぐらい収容されて売ってまして、
「これ見せたらまーコのヤツさすがひくかなあ?」って感じで、
「どーよ?」って聞いてみたら、「顔がカワイイから飼おう」とのコト。
たしかによく見てみれば目があるし、カワイイような気もしてきたし、
生き物としてナゾっぽくて興味が湧いたので、連れ帰った次第。

飼ってみたらキモチワルイ感は日に日に薄らいできて、すこぶる愛せました。
たいへん丈夫なヤツで、サカナにもワルサをせず、
なんでも食べて、どんどん野太くなって、最近はむしろカッコイイ印象だよ。
いつの日か交尾を見てみたい、そしてカワイイべいびぃを産んで欲しいヨ。
(でも、水槽のスペースてきに当分は独身でいてもらう予定…)
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.