La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
四季のガッタぼん
今日はひさびさにガッタくんの紹介だよ。
えーと、初めて紹介したのがずいぶん前なので、もーいちどおさらい♪
おさらいの空へぇぇぇ~♪(さむざむ)

ガッタくんは最大で30cmを越えますが、この仲間にしては小型種。
外見テキには、ブッシー状の口ヒゲがあり、
全身の体毛の濃さは、テトラオドン・バイレイをかるく超えます。
また、鳴くことでも知られ、網ですくうと(たぶん)鳴きます。
このコはブリード個体ですが、白点にならず、エロモナス菌にも負けず、
水替え不要で、ヒトによく慣れて飼いやすいですっ!

ふうぅぅ・・・(おおきくためいき)

そんなガッタくんですが、毎日元気です!
とにかくとにかく、ここんとこ、おさかなの紹介ばかりしてたので、
たまにはワンコの紹介なんだよー♪(最初からそう言え!)
ガッタ01

↑2006年1月3日撮影
路上でたたずむガッタくん…散歩大好きなのでごきげんそーです。
…以下、「続きを読む…」で、こんな画像がでろでろーっと。
「四季のガッタぼん」の続きを読む…
スポンサーサイト
イシガレイくんはスゴイヤツ♪
本日のびろぐは、先月買ってきたイシガレイくんの紹介と、
カレイ3種徹底比較をしてみるよー。
イシガレイ01

このコがイシガレイくん、現在汽水飼育中…全長5㎝ぐらい。
イシガレイくんは、海のカレイなんす。
幼魚~若魚期を汽水域で過ごすだけの、一時的汽水魚ナリ。
スーパーでも売っている、お刺身にすると美味しい系のカレイくんなんだよ。
しかもしかも、♀の場合、最大で70㎝を超えるなんて説もアリつつ…
そーなったら、おひょーっすよ。おひょーー♪(意味不明)

なので正直、飼いきる自信はありません。
大きくなって、カレイくんが海に帰りたくなったら、食べちゃうかもです。
イシガレイ02

画像は、流木の上で周囲を伺うイシガレイくん…
食べちゃう予定なんだけど、コイツ…めちゃカワイイのだ。
ひらひらと活発に泳ぎ回るので、飼っていておもしろいヤツなんだよ。
目がすごくいいから、こっちをじーっと見つめているしね。
ヤバイです。はやくも情が移ってきました。こんなの食べられないです。

んだけど、♂だとしたら成長が20cm程度で止まるかもだし、
(まーコの説によると、この個体は♂らしい。卵巣のスペースがないので)
案外汽水で長期間飼える可能性も、あるとは思うんだけどね。

んでは、「続きを読む…」で「イシガレイは活発だぜムービー♪」と、
ワルモノの妄想によるカレイ3種徹底比較をおとどけだよー。
コリドラス・ベネズエラオレンジのコト
今回のびろぐは、「コリドラス・ベネズエラオレンジ」の紹介だよ。
まっくろだけど、オレンジなんだよー。
ベネズエラ01

もういちど言おう。まっくろなんだけど、オレンジなんす。
そしてこの個体がウチにいるのには、ちょっとしたワケがある。

かれこれ5年以上前のこと、ワル家には、それはそれは美個体な
明るくて濃いオレンジ色の、ベネズエラオレンジがいたのです。
ありえんクオリティーだったのですよ、色も体形も。
だけど、そのコは、水槽の事故で死んでしまったのだ。

それから、そのコの影を追い求めて、たくさんのベネズエラオレンジを
見てきたんだけど、敵わないんだなあ、死んでしまったコに。
ワルモノの、ベネズエラオレンジへの想いは、初恋のごとくでして(笑)

んで、いつまでも影を追ってても仕方ないんで、
「今度はおもっきし黒いのにしてやろー」と思って連れてきたのが、画像のコ。
2年ぐらい飼ってるんだけど、最初はこんなに黒くはなかったのだ。
正直、やっぱ明るいオレンジののほーがいいなと、思ってたりもしたのだ。

だけど、最近、なんか黒さに磨きがかかってきたっ♪
カワイイつーか、むしろ迫力が出て、カッコエエー♪
…って、このコ女のコなんだけどさ(笑)
そんなこんなでベネズエラヌスの魅力を再確認してる今日コノゴロなのです。

ベネズエラオレンジって、すごい個体数で入荷する上に、
それぞれが、かなり個性的なんだよね、色も、体形も、表情も。
だから、選んで買うのがおもしろいコリだと思うです。
オレンジっぷりにこだわるもよし、ぱっちりオメメにこだわるもよしで。

んでは、「続きを読む…」で、さくっと飼育メモです。
グリーンパイプは元気ナリ♪
本日のびろぐは、グリーンパイプレポ…第4弾。
とくになにも起こってないけど、まんずまんず順調だよん♪…偏です。
パイプ01

飼育開始からかれこれ1ヶ月半が過ぎたのが、このコ…
体長約10㎝ほどの、♂カモカモカモの個体です。
体色がだんだん金色になってきまして、じつに元気です。
パイプ02

そんで後から追加した♀だといいなの2個体が、コイツとコイツ…
13cmほどありまして、上の個体よりかなり大きいです。
体重にしたら倍以上違うんじゃないかなー。
(パイプフィッシュのサイズを全長で伝えるのは難しいっす…)

この2個体、水槽にいれてしばらくは後ろのほーで
じーっとしてることが多かったのですが、
やがて慣れてきたらしく、水槽中を泳ぎまわるよーになりました。

…以下、「続きを読む…」で、現状の飼育メモを箇条書きで。
メモは興味あるヒトだけ読んでください。でも、最後の画像はちとスゴイよ^^
オトシンクルス・マジッテターゼのコト
さーて、本日は初めてのトラックバックびろぐ♪
よく意味つーか意義がわかってないけど、とらばりーんぐ♪(進行形?)

けんこさんのとこで紹介されてた、ナゾのオトシンとたぶんおんなじコ…
奇遇なんだけど、同じ日に、別の場所で、オトシンネグロの中からぬいてきた、
「オトシンクルス・マジッテターゼ(仮)」の画像を紹介です。
ナゾオトシン01

↑ストレーナースポンジを掃除中…物怖じせず活発です。
ナゾオトシン02

↑ロックのお家を掃除中…オメメが「U」で、きらりーん♪

んで、このコ、けんこさんとこでは、
「オトシンクルス・フレキシリス」ではないか?…と言われてますが、
なんか違う気もシマス。小型種な気がするなあ。

まあ、とりあえずカワイイので種類はなんでもいいんだけどね。
けど、おもしろいじゃないすか、こーいう混じりモノの同定ゴッコって^^
我こそはと思うかたは「同定コメンツ」をよろしくお願いしますデス(へこり)
思わないかたも、ぜひぜひコメントしてってね♪(へこへこへこり)
ポルカドットローチのコト
本日のびろぐは、おとなし系のドジョウくん「ポルカドットローチ」の紹介だよ。
チビポルカ06

ドジョウらしいドジョウの仲間って、かわいいしひょうきんだから、
混泳水槽のメンツに迎えたくなるんだけど、気が強いやつは強いんだよね。
外見からは、なんとも想像がつかない強さをもっていたり。
そんな中でも「ポルカドットローチ」は、激おとなしいのでお薦めのサカナです。
安心して水槽にお迎えできる、ピースくんなのですよう。

かなりモヨウのバリエーションがある種類でして、
水玉なのも、シマシマなのも、同じ名前で売っています。
たぶん同種だと思うんだけど、別種と言っていいくらいモヨウが違います。
うちのは「からくさモヨウタイプ」でして、くりりんと巻いたバンドがきゅーとナリ。

いあ待てよ、買ってきたコロは「でっかい水玉タイプ」だったんだけど、
(白地に、茶褐色の水玉モヨウ…)
だんだん水玉が崩れてきて、今の「カラクサ」になったんだな。
そんなモヨウの変化を楽しむのも、ポルカドットローチの楽しみかもねん^^

…んでは「続きを読む」で、ちょびっとくわしく紹介です。
数年前から飼ってる1個体しか飼育経験がないので、テキトー度高し。
目指せ最高傑作♪
日いづる国の坂東地方では、うららかなお天気が続いております。
こんな陽気には、粘土づくりに限るね♪ってコトで(よく乾くのだ…)
先日「オーブン陶土」でこさえたイロイロを、どどーんと紹介だよ。
陶土01

…つくったのは以上の品々、風にあてて乾燥させ中ナリ。
今回で3回目の作成なので、調子にのって凝ったモノをつくってみました。
はたしてちゃんと焼き上がり、実用に耐えるのか、不明です。
画像をみればわかるとーり、はやくもいくつかパーツがとれてます(笑)
(とれても問題ないパーツばかりだけど…)

なので、焼く前の、乾燥中のブッタイの段階で、紹介しちゃうのだ。
今までは失敗したことないけど、焼くのに失敗すると割れるらしいから…
今しか紹介のチャンスがないかもなので(笑)

これらは、あと1週間ぐらい乾燥させてからオーブンで焼く予定です。
つかった陶土は2コ(合計1000円)です。
焼きあがると色味はかなり変わります。
えーと、オーブン陶土についてご存知ないかたは、過去ログの…

・オーブン陶土でオサカナの隠れ家をつくろー♪
・アフリカンロックとちいさなお家♪

…このへんを参考にしてください。
んでは「続きを読む…」で、各ブッタイの解説ナリ。
底砂利まぜまぜイイ感じ作戦♪
先日、汽水水槽の底砂利を交換しました。
いぜんは小粒の溶岩砂利を使っていまして、
それはそれで、色も汚れづらさも気に入ってたのですが、
交換せざるえない状況になってしまったのです。なぜかと申しますと…
汽水リニュ01

…犯人はコイツ、南米淡水フグのミナミくん♪
あまりにもヒレを齧りまくるから、90㎝から汽水水槽に移動して、
しばらくは大丈夫だったんだけど、
ここんとこ、南米カレイくんのヒレをかじりまくりーーーん♪
んで、苦肉の策として底砂利を「田砂」にすることにしたのです。
カレイくんが砂にもぐってくれれば、かじられないかなあ~と。

あんましオレ、砂を使いたくないヒトなんだけどね…
エロモナス恐怖症な上に、いっぱい給餌派なのでえ、
水が通らない場所ができやすい「砂」は禁断のアイテムだったんすよ。

まあでも、カレイくんのタメにはそんなこと言ってられないので、
どーせなら自然な感じの砂レイアウトをつくってやろーってコトで、
量り売りの砂やら砂利をいろいろ買ってきて、こんなんつくりましたー。
汽水リニュ02

…ん~、デジカメで撮ると、なんか色見がイマイチだけど、
実物はじつにナチュラリーな感じでして、見た目テキには成功な感じ。
ちなみに配合は、えーとよく覚えてないんだけど…

・田砂…6キロ ・礫(M)…1キロ、(S)…1キロ ・サンゴ砂…300グラム

…って感じだったと思います。
サンゴ砂は硬度が欲しくて少しだけいれたんだけど、
たったのこんだけで一気にPHが「7」から「8」に上がりやがった。
「底砂利まぜまぜイイ感じ作戦」は取り返しがつかないので、慎重に(笑)
んで、「続きを読む…」で水槽内の景色の紹介と、最後にチンケなクイズでし。
グラスゴビーが産卵中♪
今回のびろぐはワル家では珍しい産卵レポ…
みなさんのお家では、アピストとかメダカくんたちが産卵してるみたいですが、
我が家ではぐぐっと地味に「グラスゴビー」っす。
渋い? つーか、スケスケ?(笑)

まずは、グラスゴビーの説明を少々…
タイの水路などに棲息する小型ハゼで、ハゼにしては珍しく空間遊泳型。
最大でも2.5㎝ぐらいなので、超小型魚との混泳向きだよん。
ハゼなのでちーと気が強い面があるけど、泳ぎがヘタヘタなので問題なし。
…ってのがウチには1ペアだけいて、たまに繁殖行動を見せてくれるのだ。
コイツら、愛の営みもヘボヘボで、情熱ロマンスな感じは皆無なんだけどね。
グラスゴビー01

…とりあえずこの画像が、タマゴぶらさげてる♀。
おしりにひっついてるのが、うまく産めなかったタマゴのあまりです。
透明な上に2㎝ちょいしかないので、ピントがなかなかあわないのだ。
グラスゴビー02

…こっちが♂、ヒレの数が多く、お顔がいっちゃってます。
この黄色っぽい色が発情色みたいで、ショップで売ってる♂個体は透明です。
んでは「続きを読む…」で、時系列順にてきとー産卵レポ♪
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.