La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
微汽水水槽ができるまでのコト
本日のびろぐは微汽水水槽の紹介の、4回目にして最終回♪
微汽水水槽の歴史編…を、お届けだよ。
ワル家が、現在の微汽水槽に行き着いた過程を紹介するのだ。
ばかばかしい道のりなんだけど、見ておくれよ、笑っておくれよー。
歴史01

↑2007年ゴロ、輝かしきウツボ水槽の時代★
とてとて大好きだったポルカドットウツボが主役の水槽でした。
だけど、過密飼育からか、謎の病気が発生して、サカナたちは全滅。
(まーコの北米カレイくんと、ヤドカリだけ生き残った…)

しばらくの間はがっつりと凹んでいたけど、
失敗は成功のママンと申しますので、リセットして、再度の立ち上げ。
今度のテーマは「陸地つきマッドスキッパー水槽」に決定♪
歴史02

歴史03

↑2008年5月ゴロ…マッドスキッパーの陸地ver.01★(規格60㎝水槽)
かねてからテゴロそうな流木を所持していたので、
その上に陶土で陸地をつくってみました。
名付けて、「ハックルベリーフィンの木のお家作戦」♪
歴史04

歴史05

歴史06

↑これは、流木の枝に穴の空いた四角い陶土のプレートをかぶせ、
その上に陶土のお家を設置し、その天井が陸地になるというプランでした。
だけど、陸地の面積が狭いし、
安定感がわるくて、流木ごと倒れやすいのが欠点でした。

「続きを読む…」で、歴史はまだ続きマス。
「微汽水水槽ができるまでのコト」の続きを読む…
スポンサーサイト
RSS RSS1.0 管理者ページ   Designed by aykm.