La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ダリオ・ヒスギノンのコト
本日のびろぐは、前回に引き続き、バジス系のオサカナの紹介だぜ。
マカカでフクヨカでアホのコと、三拍子そろったダリオ・ヒスギノンの登場ナリ。

オレとまーコの中で観賞魚ベスト3ってのがありまして、
キレイさとか、おもしろさとか、飼いやすさとかの総合評価なんだけどね。
こないだ寝る前にピロピロトークしたときは、
「ナンヨウボウズハゼ」「淡水ハオコゼ」そしてこの「ダリオ・ヒスギノン」が、
見事選出されたのでした。つまり、お薦めなんだぜ、ヒスギノンは♪
ヒスギノン01

↑2007年5月20日撮影…興奮中の♂です。

べったりとしたツヤのない赤なのだ。腹ビレにちょびっと青なのだ。
常にこんな色してるワケじゃないけど、食後とフィンスプ中はこんな感じ。
おまけに体型がコロコロで、性格がアホのコで、らぶちょなんだぜBaby♪
ヒスギノン02

ヒスギノン03

↑2007年5月20日撮影…熱烈フィンスプ中ナリ。

ヒスギノンが、どんだけアホのコかというのは説明しづらいんだけど、
なんつーか、とりとめのない性質なんすよ。
目的不明な感じで、ぼけーっと水槽内を巡っていたり、
仲間ウチでフィンスプのケンカするんだけど、毎回結果がチガウし、
さっきまでケンカしてたかと思いきや、全員集合してぼーっとしてたり。
よほど恵まれた環境で、のんびり進化した種類だと思われます
コイツら見てると、アホのコ学園を眺めてる気分になるんだよね。
ヒスギノン04

↑2007年5月17日撮影…今いる個体の中でいちばんアホな、あぽタローくん。

であ、「続きを読む…」で飼い方のまとめテキストだよ。
■DATA
体長:3㎝弱
産地:ミャンマー
雌雄:♂は赤みが強く背びれの黒が明瞭。♀はやや小型でぷっくり。
値段:400円~
水槽:60㎝小型魚混泳水槽

■あらまし
スカーレットジェムに続いて紹介された第2のダリオ。
まだダリオ属とバジス属が分離してなかったころの
「バジス・ダリオ」という呼び名のほーが一般的かもしれない。

入荷状態が悪く、いまいち地味で人気薄な存在になっているが、
じつはスカーレットジェムにヒケをとらないオサカナ界屈指の美魚だ。

サイズはスカーレットジェムをヒトマワリ大きくした程度だが、
成魚になると体高が出て、おでこが出て、おまぬけ度が上がる。
コドモが描いたオサカナみたいな、そんな体型になるよ。
スカーレットジェムが「インドの赤い宝石」だとしたら、
ヒスギノンは「ビルマの赤いタイヤキ」といった感じだろう(なにそれ?)

また、本種には数タイプが存在するとの見方もあり、
以前購入したフルアダルトサイズの「ダリオ・ヒスギノン」は、
体長で3㎝を軽く超え、小型のバジスほどのサイズがあった。
(外見テキには、ほとんど同種に見えたんだけど…)
だけど、現在主に流通している「ダリオ・ヒスギノン」は長期飼育しても
そこまで大きくはならず、実は別タイプではないか?という気もしている。

以下の内容は、今年の春ゴロから流通してる、輸入頻度が高いほーの、
「小型のダリオ・ヒスギノン」についてのものです。

■性質
スカーレットジェムに似た性質だが、さらにアホのコ度が高い。
ジェムほど、微生物を探して水草や流木を見てまわる性質がない感じで、
中層から上層でぼけーっとしているコトも多い。
赤くて目立つので、隠れた上層要員な気がしなくなくもない。

体色変化能力が高くて、フィンスプ以外でも、体色を一変させる。
食事中はテンションが上がるよーで、ハデハデなのだ。

同種間ではフィンスプをして、順位づけらしき行動を行うが、
デカイ個体が常に勝つワケでもなく、その場の気迫次第で勝負が決まる。
そのうち、なんとくなくナワバリらしきものが形成されてゆくよーだ。
傷つけ合うことは滅多になくて、ヒレがたまに欠ける程度。
♀もけっこー気が強くて、♂をよく追いかける。

また、複数個体でかたまってつるむのも好きで、
不定期で井戸端会議みたいなのを開催する。
ある程度の個体数で飼ったほーが調子が上がるサカナなのかもしれない。

他種に対しては無干渉だが、
「フツーのカタチ系のサカナ」はライバル視するかも。
…といっても、ヒスギノンが勝てるのは、ジェムぐらいなので、
追われて隅っこでいじけた状態にならないよーに注意が必要だ。

ジェムよかサイズがあるぶん、若干、混泳には強いだろうが、
小型シクリッドやバジスとの同居は避けたほーがよい。
小型カラシン、ボララス、オトシン、小型コリ…といったメンツの水槽向け。
うちでは、チョコグラと無干渉でうまくやっている。
おとなエビには手を出さないが、稚エビは当然食べるだろう。

また、これは他のサカナには見られない現象なのだが、
水面に浮いたガッタぼんの毛を呑み込んでしまうことがあるらしく、
口からワンコの毛を生やしたまま、ぼけーっとしており、
何度かピンセットでぬいてあげたことがありました。
自然化では、水面に落下する昆虫を主食にしているよーな気もします。

繁殖形態はイマイチ不明だけど、たぶんジェムと似た感じ。
♀が♂に対してアプローチする場合もある種類で、すこうしエロカワイイ。

■飼育のポイント
本種を飼育する上で、いちばんのネックとなるのは入荷状態のワルサ。
カラダ中に、ぽこぽこと小さな綿かぶりのよーなものをひっつけて
入荷する場合がほとんどで、エロモちっくな個体も多い気がする。

この綿かぶりは、致命的ではなく、伝染性もナイと思われるが、
治るのに時間がかかる(下手すりゃ3ヶ月とか…)
一説には駆虫薬を使った痕…とも言われいて、
黒いシミが体表に残る個体もいる(これはやがて薄れて消える…)

治しカタは、好調な水槽ならそのまま導入して気長に待ってもいいし、
清涼な水質の隔離水槽にいれて、温度を上げてやるのも効果がある。
PSOのにーちゃんは指でとってました、そのほーが早いって(笑)

…というワケで、入荷状態はワルイけど、毎度ワルイので、
めげずに、よーく個体を選んで、多めに買ったほーがいい種類です。
発色の素質も、個体ごとにけっこー差があるみたい。

時間はかかるのが、水槽に馴染み、輸入時のダメージがぬけると、
発色があがり、肌ツヤがつる~んとしてくる。
飼い込む…というか、立て直しにやたらと時間がかかるサカナです。

適合する飼育水は、中性の清涼なお水かな。
ウロコがでっかくてエロモには弱い気がする。
ソイルの止水ちっくな水槽で飼うと、ヤブヘビになるかも。

エサはバジス属、ダリオ属の共通ルールとして生き餌系必須。
なにぶん初期の体調がワルイので、良質なモノを与えたいところ。
ヒトに慣れてくると、水面を見つめて、エサをねだるよーな仕草も見せる。

向いてるレイアウトはいまいち不明なんだけど、
この仲間にして珍しく、ゴチャゴチャ暗め…でなくていい気がする。
わりとオープン空間派で、細かい隙間に隠れまくったりはしない。
さりとて、同種間の争いの逃げ場は必要なので、レイアウトは必須。
浮き草付近でよくウロチョロしてるので、浮き草はあったほーがいいカモ。

…以上、飽きのこない、魅力的な種類なんだけど、
その魅力が水槽内で発揮されるまで、3ヶ月はみといたほーがいいです。
今年の春先から、テゴロなサイズの個体群が入荷してまして、
まだ買えるかなあ。入荷は定期的じゃないので、見つけた時がチャンスなり。

■画像集
ヒスギノン05

↑2007年5月18日撮影…ゴンちゃんの上空でぼー。
ヒスギノン06

↑2007年5月20日撮影…フィンスプ中。うっすらとタテ縞があります。
ヒスギノン07

↑2007年6月23日撮影…興奮してないときの、あぽタロー。
ヒスギノン08

↑2007年6月23日撮影…女のコ。この画像以外ぜーんぶ♂デス。
ヒスギノン09

↑2007年6月23日撮影…ぽけーっと4匹集合。エサ待ちかな?

■参考リンク
未知の種類を含むダリオ属の紹介ページなんだけど、なにぶんドイツ語(笑)
・ダリオ属の紹介
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
ふむふむ♪
最高レポなりぃ~^^
読んでると飼いたくなるわさぁ~(汗
当方地区では、ジェムが 良い状態で入っていれば OKってかんじで、なかなか バジス属も ダリオ属も入荷が ないのね~。
やっぱ、都会に行くっかないんだかし?
ワルモノ様のテキスト見ていると、“アクアショップみたいの やりたい”って、昔の夢が うずくのね^^
そう簡単なものでは ないのを 承知なんですけどぉ。
一般種でなく、こういった ある意味変わり種とか、小型美魚や エビさんでできないかなぁ・・・と 日々考えてしまいます。
前記事のレスにもありましたが、最近PCでこのような細かい情報が とれなくなってますね。
ブログじんが 増えて、自分の公開日記なので 我流飼育法を 掲載するものね。
それはそれで 反対は 無しなのですが、ワルモノ様のように「頑張る!」的なのが 少ないのは 寂しいなぁ。
とはいえ、自分も~と言うほど知識もなく・・・ですし。。。
実際、飼いたい魚も自由に飼える環境でもないし、通販以外では 入手も難ですから、書けないって(汗
だって、マイブログを久々更新したら、upした魚が コロコロすぎて コメントよりも 何って魚?と問い合わせメールのが多いくらいですしぃ。。。
これからも応援していますので、がんばっちくらはい♪
いつか、アホの子度を 自分で確認してみたいですぅ。
- - - - - 2007/06/27(水) 20:08:39 | URL | puku #mQop/nM.[ 編集] - - - - -
アホアホ言われるアホの子が若干不憫なり(笑)
なんだかちょっと太らせたアピスト・ナイスニーみたい。
見事なフィンスプは見てみたいっすね。
テリトリーもつくせに井戸端会議ってのはちょっと不思議。
でも飼い易そうな感じですね。
確かに最近通販でよく見かけるもんなぁ、これ。
60cmに10匹くらいドカンと入れてみたい感じ。
でも、あんまりたくさん入れない方がいいかも。
ミャンマー出身なだけに・・・

チベットだけ・・・(--)
- - - - - 2007/06/28(木) 00:20:07 | URL | おまつ #-[ 編集] - - - - -
「ビルマの赤いタイヤキ」!?
ぬぬぬっ、ニックネームから考察すれば、「通常のサカナの3倍は速いのか!!」と思ったら、実は、オットリ系なのねん(笑

こういうオットリ系の魚種もいいっスねぇ。
飼育者が水槽の前に立つと、
「餌ヤレ!!(゚Д゚#) ゴルァ 」とトリップ状態で踊りだす魚種もペットフィッシュとして魅力的だけど、ぬぼぉーと近寄ってくる魚種も微笑ましくて、癒しを与えてくれますよね。

それに、ギンギラな派手さはないけど、品のある赤味の色彩も中々よろしいかと思います。

アホのコ、というのもいいじゃないですか。
お高くとまったサカナよりもアホなサカナの方が可愛いですよ。
かくいうウチのサカナも、アホばかり(笑

でも、ウチのトロピカル・ランドには無理か…。
小型魚専用の水槽を立ち上げようかなぁとは常々考えているんですけどね。
でも、30cm程度の水槽サイズじゃ、あっしの技量では長期飼育させられる自信ないしなぁ。
それ以上だとスペースが…。
う~ん、まいっちんぐ!!(←死語(笑))

- - - - - 2007/06/28(木) 12:29:14 | URL | 松平伊豆守 #RqWBMyRA[ 編集] - - - - -
ダリダリのダリ
みなさま、おはよーございます。ダリダリこめんといたします。

@pukuさん
最高レポかしーん♪
お誉めの言葉ありがとー^^

バジバジといえば、オレ静岡に住んでた10代のコロ、
ずーーっと欲しかったんだけど、いちども入荷がなかったのですよ。
図鑑には定番みたくのってるのにさ。
だから、もう絶滅寸前で、すげー高価なのかと思ってたんだけど、
東京きたら、どこでも売ってて、ちょー安いので、びっくりしたのです(笑)
こーいう微妙な人気の小型美魚系は、たしかに都会のほーが多いっすね。
でも今はもう、通販あるし。よい時代ですだに^^

んでえ、オレが今回みたいな飼育うんちくテキストを書いてるのは、
自分がサカナ欲しくなったり、買ってきたりすると
すぐに検索しまくるヒトだからなのです(pukuさんもそーでしょ・笑)

ほんで、なーんも情報がナイと、ひじょーにガッカリするのです(笑)
そーいうのが、たまってきて、もうオレがやったれ♪
…と思って、そんでブログに手を出したのが、このサイトのはじまり。

サンプルが少なくて、推測が多い、テキトー飼育情報なんだけどね、
おいらもう、環境次第とか、個体差による…
なんて当たり前の大前提は、聞き飽きたのさー♪(笑)

んでも、参考にはなると思うんすよ、アテにして欲しくはないんだけど(笑)
pukuさんも、そーいう意味でヒトに教えられない系の飼育情報は
いっぱいもってそーです。ちょっとは公開して欲しいなあ♪(むふふん)

そんで、ヒスギノンのアホのコ度…いつかpuku目線で確認してくださいね。
マニアックなアホさです、ヒトによってはフツーじゃんって言うと思う。
だけどpukuさんならわかってくれるのハズ(笑)


@おまつさん
アホのコはねえ、誉め言葉なんですけどね(笑)
どーもオレ、アホっぽい顔で、アホっぽい動きのサカナに惹かれるみたくて。
おまつさんのサカナ趣味にも、同じ匂いを、ぷんぷん感じるんだけどナ(笑)
とぼけた感じが好き・・って言うのですかねー。

ほんで、ヒスギノンはテリトリー意識も、群れる意識も、
なんつーかテキトーなんすよー。
法則みたいなのは、あるんだけど、発動の基準があいまいっす。
まあでも、エサはちゃんと食べるです、ガツガツと(笑)

ちべっとお薦めなヒスギノンくんなのですよー♪(今日はマネしてみる・笑)


@イズノカミどの
このサカナ、シャア専用度は低いっすねー。
あえてたとえるのなら、
シャア専用アッガイ…略して「シャアアッ」ですかね(発声難・笑)

さいきんウチの水槽では、エサヤレゴラ系なのはスネイクヘッドですね。
そんな激しくねだったりはしないんだけど、
じーっとこちらを見つめる視線に…
「エサくれねーと、おめえの大事にしてるチビギョどもを食っちゃうぞ♪」
…という恫喝に似たモノを感じますだ(笑)
南米淡水フグにも似たようなところあるね。
いっぱい食わせないと、食後の挙動がなにやら不審ですよね(笑)

んでねえ、こーいう超小型ギョ水槽は、都会の狭いお家向きですね。
遠目から観察しても、あんましおもしろくない水槽なのですよ(笑)
超小型ギョ水槽の超混泳水槽は、水量は確かに多いほどよくて、
60~ワイド90あたりが向いてるかな。30だと、テクあってもムリっす。
どんくさいの多いので、エサ多めにやらないと、まわらないからねー。
- - - - - 2007/06/29(金) 06:45:15 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
キレイっすねえ
なんかジェムより柔らかめな赤で
優しい感じがしていいですねえ。
こないだ東熱帯魚で見かけたときに
ちょっと惹かれたんですが、
今、水槽が全然空いてないので諦めましたよ。
バジス系はすぐ落としちゃうんですよね、ウチ。
もうちょっとマメに換水しないと
ダメっぽいので、最近は敬遠気味です(苦笑。
っていうか、オススメされても
売ってないじゃないっすか(笑。
- - - - - 2007/06/30(土) 05:50:30 | URL | ScarletGem #cmIJCcfU[ 編集] - - - - -
うーす^^
じぇむさん、おはよございます^^

ヒスギノンの赤は、まったくメタリック感がなくて、ちと珍しい色ですね。
シャアザクの濃いほーの色(アズキ色)ぐらいまで染まる時アリ。
ちなみに、のせてる画像の中で、メインっぽく映ってる♂は、
すべて同じ個体です。水槽の前面のイイトコがナワバリのあぽタロー^^

んで、バジス類、とくに弱いコトはないのですが、
入荷時のエロモちっく…ってな個体もいて、そーいうのはダメですな。
飼育下でも、やっぱりエロモに注意かなあ、むう…エロモめ(笑)

ヒスギノン…市ヶ谷でまだ売ってましたよ。買える個体は少なかったけど。
- - - - - 2007/07/02(月) 10:23:15 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
まず『アホのコ』
と冒頭に書いてあるのに
反応してしまいましたよ(´・Д・`)ウニャー

目的不明な感じで、ぼけーっと水槽内を巡っていたり


なかなかいいですよね。(ノ౪^ิ★)σ・。・゚
なんとも言えないゆるゆる感
が伝わってきますねえ。笑
赤い色がこれまたしっくりきます(*´▽`*)
淡水ハオコゼの記事も読んだのですが
熱帯魚屋に行ってチェックしてしまいました!
記事読んだ瞬間『コレスキ..欲しッ!!』
ちゅんの中で見事にヒットなお魚でした
おうちにわお連れしませんでしたが(○言○)
- - - - - 2007/07/02(月) 14:05:31 | URL | ちゅん #vpTeR5/6[ 編集] - - - - -
おばんでござる
アホのコに反応するちゅんさんは、アホのコ?(笑)

ヒスギノンはたしかに、ゆるキャラですよー。
昨日も今日も観察してたんだけど、ゆるくてゆるくて、
なに考えてるんだか、さっぱりです。

んでね、オコゼどん、ステキギョなんだけど汽水ギョなんだよね。
でもね、アベニーは薄い汽水OKなんすよ。
んでオコゼどんは毒ギョだから、かじられないので、
お薦めの組み合わせではありますだ。

アベニーのワルイコ隔離用+オコゼなんていう
チビ水槽も楽しげかもね? バンブルビーも汽水いけるね(笑)
- - - - - 2007/07/04(水) 02:26:33 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
ぷーい
あぽーんなちゅん隊員であります!

ゆるくてゆるくて、
なに考えてるんだか、さっぱりです。

うちにもさっぱりキャラおりますです
そしてうちの水槽わあぽな子ばかりです..笑


隊長!
おこぜどんの事で1つ。
淡水で売られてたのですが
どう思いまっか?
- - - - - 2007/07/05(木) 03:35:40 | URL | ちゅん #vpTeR5/6[ 編集] - - - - -
ぷーい
ぷーい♪(これ、いい挨拶だ^^)
あぽーんなちゅん隊員にこんにちわ^^

安心してくれ、ブログだとしっかりしてそーに感じるかもだが、
実生活では、かなりあぽーんな、ワルモノ隊長だ♪(笑)
オレさまが、日常生活において、過ちを犯さぬ日はナイのだ。
昨日も、小指を2回ぶつけ、カードを忘れてコンビニに行ったのだ。

…と、なんとも頼りない前フリだけど、
オコゼどんに関しちゃ、ちとウルサイぜ♪

オコゼどん、紹介文にもあるとーりで、基本、汽水必須なんすよ。
だから純淡水で、たとえ2週間でも飼育されてる個体がいたとしたら、
かなりのかなり珍しいです。

たまたま適応して生き残ってる個体なのか、
淡水で採集された個体なのか(まずナイと思うが、生息域は広いので)
それとも、お店があぽーんなのか、いずれかでしょう。

ほんでまず、オコゼどんの状態かな。
皮膚がしろっぽくて、どんよりしてるのはダメですだ。
エサちゃんと食べてるか聞くとよろし。
かろうじて淡水で生きてるだけの個体を買っても、死んでまうっす。

次は、水質かなあ、えーとサンゴ砂などで、水を弱アルカリにして、
硬度(水の石っぽさ)をあげて飼うと、なんとか淡水でも飼えるらしーです。
お店の水槽はそんなのじゃなかった?

あと、ほんのちょっとの塩分(10リットルにつき、おおさじ1杯の海水の素)
でも、淡水ハオコゼは飼育できることが知られてます。
これだと淡水魚とも同居できて、水草もいけるので、淡水水槽みたいかも。
つまり、お店の水槽にちょびっと塩分が混ざってる可能性があるかも?

…そんな感じかなあ。
基本としては、純淡水飼育は、まぢでお薦めできません^^
また、謎が産まれたら聞くヨロシー♪
- - - - - 2007/07/06(金) 09:17:54 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.