La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ゴールドラインハーフビークのコト
本日のびろぐは、
こんじき色に輝く小型のハーフビーク…
「ゴールドラインハーフビーク」こと「ヘミランフォドン・トゥンガー」の
飼い方をお届けだよー。
トゥンガー01

トゥンガーは、サヨリさん体型で、ギンギラギンのビギョなのです。
ギンギラビギョ度は、かなりのモノ。
トゥンガー02

カイゴゴチは、丈夫で楽チンです。
雰囲気が鳥に似ているので、ウチではバードマンと呼ばれてるよ。
トゥンガー03

現物はもっとメタリックゴールドが強いんだけど、カメラにはおさまりません。
では、「続きを読む…」で飼い方編だよ。
■DATA
体長:5~6㎝
産地:インドネシア
学名:Hemirhamphodon tengah
雌雄:不明(ちょいでかくて地味目なのが♀???)
値段:1000円~
水槽:60㎝小型魚混泳水槽

■あらまし
さいきん輸入されてきたヘミランフォドンの一種。
つまり、デルモゲニーとサヨリとニードルガーの仲間でアル。
うちでは、2個体を1年半ほど飼育しており、どっちも♂っぽい気がしている。
(ギラギラ派手なので♂であろうという素人判断…)
ウワサによると、この仲間では珍しく、卵胎生ではなくて、卵生。
つまりつまり、ふつーにタマゴを産むらしいのデス。

■性質
水面直下にじーっと定位しているサカナ。
現地では、水面に落ちる小さな羽虫を主食にしているらしい。

よーく見てみると、
メンメの前方、下アゴに半透明のウイングのようなモノがついており、
それが補食行動をする際に役立っているようだ(上から見るとわかりやすい)
水面に落ちた羽虫の振動をとらえるレーダーなのか、
あるいは、羽虫を逃がさずに補食するためのお皿なのかー♪

混泳に関しては…
水面に平面的なナワバリを形成し、同種間では、ナワバリ争いをする。
この性質はヘミランフォドン属の定番の習性で、
複数飼育すると、飛び出しに繋がるので注意が必要。
垂直飛びをするので、水槽にフチがあっても完全には防げないハズ。

ただし、本種はそれほど深刻な感じでは争わない。
フィンスプらしき行動をしたり、軽く追ったりという程度。
うちの2匹は、水位ギリギリのオープンアクアリウムで飼育してるんだけど、
今のところ無事。
だけど、観察してるとたまにあぶなっかしい場面があるので、
1匹ならば、フタなし飼育可能…としておくよ。

性格は、人間を怖がらす、神経が太くて飼いやすい。

他種に対してはほぼ無関心で、派手目なサカナが水面下までくると
すこーしだけ追うことがある程度。
なので、混泳の幅は広いと思われ…
ラスボラアクセルロディ、ネオンテトラ、バジス、ダリオ、エビちゃんなどなど、
本種を補食しないサカナならば、いろんな魚種と平和な混泳が可能と思われる。
ただ、5~6㎝とはいっても、細長いだけでボリュームがないので、
あんまし大きなサカナ(5㎝以上)との混泳には向かないかな。
それから、クラウンキリーなど水面直下をナワバリにする魚との相性は不明。
(怖くて試せません…キリーが追われて飛び出す気がする…)

まあ、水面直下ナワバリギョなんて、そんなにいるものじゃないので、
ワル家では、各水槽に、それぞれ別のヘミランフォドン属が泳いでいます。

同種を複数飼育する場合は、単純に言うと…
水槽の左右を寸断するカタチで、中央に浮き草地帯があると、
お互いが視界に入らなくなり、
棲み分けてくれるので、争いが減ると思われます。
かといって仲良くよりそって泳いでる時も多くて、
よくわからないんだけどね、こいつら。

■飼育のポイント
入荷状態はまずまず良好だけど、あんまし輸入は多くない。
そして輸入される個体は、まだ成熟しきってない痩せた個体が多い気がする。
どーもこの仲間は、サイズのワリにはご長寿っぽくて、
成長に時間がかかるし、だんだん老成して容姿に渋味が出てくる感じなのだ。
その飼育感は、インコなどの熱帯鳥(ネッタイドリ)を思わせるものがあるよ。

エサはうるさくなくて、生き餌~乾燥エサまでなんでも食べるけど、
導入直後は、アカムシだと、大きくて若干食べづらそう。
本来は昆虫食なので、殻むきブラインエッグ、エビのエサ系など、
ミネラリーな成分が多いものが合ってると思われる。

ヘミランフォドンの仲間は、大食で、四六時中ちょみちょみ食べる系なので、
導入直後は、1日2回ぐらいは給餌したほーが安心だろう。
小型でもあるし、ほかのヘミランフォドンよりは痩せづらいけど、一応注意。

慣れると、寄ってきて指のすぐ下で餌を食べたりして鳥カワイイ(チョーカワ)だよ。

…以上、ながながと書いたけど、このサカナは簡単丈夫っす。
めっちゃ派手なので、水面下が寂しいそこのアナタの水槽にお薦めだよー。

それから、ペアで揃えてみたいので、
雌雄の見分けカタ知ってるヒトは教えてくだされー。
どーも他のヘミランフォドンと見分けカタが違うみたいでね…
軽くケンカするから数が増やせないし、ショップで♀だけ買ってきたいのだ。

■画像集
トゥンガー04

↑2007年8月30日撮影…ウチにきたころ。まだ痩せてる。
トゥンガー05

↑2008年5月6日撮影…よく太っている。
トゥンガー06

↑2008年11月8日撮影…色合いは光の当たり具合と、ゴキゲンで変化する。
トゥンガー07

↑2008年11月23日撮影…ぽつーんと水面直下で。
トゥンガー08

↑2008年11月23日撮影…ヒレのえっじは赤。興奮すると濃くなる。
トゥンガー09

↑2008年11月23日撮影…やや劣位の個体。体色がシルバーちっく。
トゥンガー10

↑2008年11月23日撮影…潜行してきてブライン食べ中。
トゥンガー11

↑2008年11月6日撮影…トゥンガーが暮らす小型ギョ水槽。
トゥンガー12

トゥンガー13

↑2008年3月29日撮影…色の配置が比較的わかりやすい画像が撮れた。

■参考リンク
トゥンガーのタマゴの画像…ドイツ語ですがー(笑)
・トゥンガーのタマゴ?
トゥンガーの♀個体かもしれない画像。
・トゥンガー♀?

■追記♪
(2009年4月4日追記)
・参考リンク参照。上のドイツ語のサイトの画像の個体はすべて♂で、
 下のリンクの個体が♀な気がしてきました。おなか膨らんでるし。
 とるすると、うちの個体は、優位なほうが♂で、
 劣位な個体がまだ未成熟ながらも♀の可能性が出てきた気がします。
 (画像の下から、4番目5番目は劣位の個体で、それ以外はすべて同じ個体)
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
おステキ♪
どもです。ご無沙汰しております。

う~ん、コイツむちゃむちゃかっこいいじゃないですか!
写真だと、ゴールドよりもグリーンメタリックっぽく見えます。性格も悪くないようですし、うちでもやっていけそう…
入荷がないか、チェックしておきます。
魅力的なお魚の紹介、ありがとうございました♪
- - - - - 2009/03/19(木) 11:56:39 | URL | けんこ #HfMzn2gY[ 編集] - - - - -
こばわー
けんこさん、おひさでありマス。

めっちゃカッコイイだって、よかったなトゥンガー♪

たぶんけんこさんちのステキ水槽でもやってけるだよー。
ぱわーふぃるたーがとまらなければー(いらんこと言うな・笑)
オトシンの水槽と、コリの水槽…どっちもいけると思われマス。

色は、もっと金色なんすよー。
おもっきり目立ちマス。
ただ、浮き草の配置によっては、浮き草の裏が定位置になっちゃって、
さっぱり鑑賞できなくもなるので、浮き草に注意デス。
- - - - - 2009/03/19(木) 19:15:48 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
素敵な輝きですねぇ。
写真慣れもしてるみたいで、とってもなついた鳥カワイイ魚なのがよくわかるなり♪
潜行してブライン食べるところをじっくり観察できるのは飼育者冥利に尽きますね^^
♀がめっかることを祈っておりますじゃ!!
- - - - - 2009/03/19(木) 22:19:07 | URL | puku #mQop/nM.[ 編集] - - - - -
うおお
いいなぁ。実は僕も密かに狙ってました。この魚。
金属光沢が本家そっくりですこぶるカッコイイっす。

テリトリー意識は属レベルの特徴みたいですねぇ。
以前飼っていた普通のヘミ(通称無印)もフィンスプ程度でしたが
水面付近に寄ってくる魚にはわりと必死でした。
サヨリが大口開けて威嚇し合ってる光景もなかなかシュールでしたがw
- - - - - 2009/03/19(木) 23:31:34 | URL | 白子 #p8j98LCs[ 編集] - - - - -
こ、これは!
こんばんは。
これどこぞのサイトでフィールドで採集されてたっす。ものすごい発色ですね!!
ピンクラインの奴も綺麗ですよねぇ。

ゴールドライン入荷したら購入してしまいそうだ・・・w

- - - - - 2009/03/20(金) 01:52:55 | URL | mocchy #4B33lOYw[ 編集] - - - - -
おっおっ♪
おっおっおっ。コメンツがついているー^^
こんなヤセっぽちのひょろながくんにコメントたくさんありがしょ。

@pukuさん

おひさにょろー。
写真馴れはどーかなあ。けっこー逃げますね。
カメラが銀色なのがワルイのー。
なので水槽の後ろのほーにいるときの画像が多いですね全体的に。
潜行モードのときは、もう餌に夢中で、それで逃げてないみたいデス。
つかこの写真、よく撮れたな系です、偶然っぽい(笑)

♀は、この春~夏にはゲットしてやるぜの予定デス。
でも、こーいうオサカナは、
pukuさんみたいなヒトにちゃんと殖やして欲しいのナリ。

@白子くん

うふふー、狙っていたでしょうな、白子くんもー^^
本家もじつはかなりビギョなんだよね、輸入直後だと状態がアレなだけで。
あと、あのヒレのえっじの色とかは、写真にうつらないつーのもあるよね。
図鑑で見る姿よりも、じつははるかにキレイなサカナだと思うデス。

でもトゥンガーくんは、本家ほどは気性が激しくないっすよ。
繁殖行動はとらせてないので、その時期がくるとわからんけど。
おくちガーってあけてる姿も見てみたいね。
カッコイイというのもすこしあるけど、
ヘミランフォドンのマヌケさに魅力を感じてるワルモノでござる^^

@mocchyさん

ああそうそう、そのページみたことあるっす。
網に入ってるよね(笑)
ヘミランフォドン系は、ほんと飼育情報少なくて泣けてくるですわ。

ピンクラインのヤツは、Hemirhamphodon Kapuasensisっていう学名で、
現在関東地方を中心に入荷中でござるよ。
(今回のインボイスはピンクラインハーフビーク…)
ワルそうなカタチのクチバシが、ワルモノのツボなんだけど、
トゥンガーに比べると飼育にクセがある感じデス。
- - - - - 2009/03/20(金) 04:27:31 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
やっとうんこの記事が下に行きましたな(笑)

おいらは、このクチバシがあまり好きになれないです(^^;
もう少し控えめだったらいいんですけどね~。
自分で邪魔にならないんだろうかと心配してみたり。

それにしてもステキなギンギラ系ですね。
群泳させたら水槽も華やかになるんでしょうが・・・。
うちは中・上層を泳ぐ魚がほとんどいないので、これくらいの華があるお魚がいてもいいかも。

すっごくでかいクリプト的水草も気になりましたです。
- - - - - 2009/03/20(金) 13:58:35 | URL | おまつ #-[ 編集] - - - - -
おっおっお★
おまつさん、こんばんわ^^

うんこの記事が下に行ったのは祝いにきてくれてありがとう。
やっと解放されたよ、うんこの呪縛から(笑)

このクチバシはそもそもなんだよって感じですね。
クチバシつーか、下アゴですしね、コレ。
このクチバシのセイで顔だちが、ナマイキフウミというか、
スネオちっくというか、そんなニュアンスで、
これがキライなのは、わかるような気もするデス。

ほいで、でっかいクリプトふうなのは「クリナム・アクアティカ」です。
もうコレ、デカすぎでね、ほんと90ぐらいは必要な感じデス。
でも、水面を適度に区切って水流を抑えてくれて、ベンリなヤツ…
不動のセンタープラントって感じです(古典テキだ・笑)
- - - - - 2009/03/21(土) 04:27:44 | URL | ワルモノ #yjcklR1w[ 編集] - - - - -
どうも~ご無沙汰です!
自分はここ数年プレコにはまってしまい、汽水魚からは一旦遠のいてますが、この種(ヘミランフォドン、ハーフビーク等)には興味深々ですww
プレコ水槽の上層に泳がせようと目論見中!
しかし、綺麗な個体ですね~
1200水槽だったら10匹ぐらいはいけそうですw

そういや、やすぞ殿が淡水ハモ導入されてました!
メチャカッコエエ!!です。
おれも汽水魚水槽作りそうになりましたヨww

また遊びに来ますね。
- - - - - 2009/06/09(火) 13:04:23 | URL | hageki #-[ 編集] - - - - -
ふぇみらぁぁ~ん・・
hagekiさん、おひさっす^^

いあー、hagekiさんのブログはチェックしてるですよ。
すげープレコばかりですね。滅多に売ってないような個体ばかり。

そんでプレコの水槽に、ヘミランフォドンは、問題なく入ると思いますよ。
某ショップで大型プレコの水槽に入ってるの見たことあります。
そのときはヘミランフォドンを探して、ショップにいったのですが、
いないなーいないなーってあちこち探して、店員さんに聞いてみたら、
「そこかよっ!」みたいな、わかるわけないですね(笑)

ただ、120センチ水槽とはいえ、10匹は多いと思われマス。
あいつら、言われてるほどケンカするってワケじゃないんだけど、
自然下での本来のナワバリがけっこーデカイみたいで、
しかもお互いのナワバリを守る本能が強いみたいで、
ケンカするまでもなく、劣位の個体は、優位なほーのナワバリに入れなくて、
隅っこで可哀相な感じになっちゃうのですよー。
なのでせいぜい、4匹ぐらいな気がしますね。ゴキゲンに鑑賞できるのは^^
(もしかしたら1~2匹かもしれない・笑)
大量買いしたら、2匹しか残らなかったというはなしはよく聞きます(笑)
- - - - - 2009/06/12(金) 04:58:22 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
ワルモノさんに聞いといて良かったですw
危うく大量買いするとこでした・・が、売ってないw
次のシーズンまで待ちですかね~
出来れば赤いやつかゴールドラインがいいですね~
- - - - - 2009/06/13(土) 14:18:53 | URL | hageki #-[ 編集] - - - - -
ふぇぇみらぁぁぁん~♪
ヘミランフォドン・トゥンガー・・先週末に入荷があったみたいですよー。
赤いラインのヤツ=レッドラインハーフビークよりは
たぶん飼育しやすい種類デス。
こっちならたぶん、うーん、4はいけるんじゃないかなあ・・(自信ナシ)

漢のプレコ水槽に、ひとしずくの煌めきを♪(笑)
- - - - - 2009/06/16(火) 09:53:02 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.