La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ドワーフホースフェイスローチのコト
あいもかわらず更新ニブニブの当ブログですが、いよいよ更新でござる。
年末の画像整理がめんどくさくて、しばらく放置しておりました。
それから、以前使っていた動画サイトがシステムを移行して、
過去ログの動画がみられなくなっていたので、それも直しておきました。

さて、今回の更新は、前回のゴンゴタローチから、グーンとミニマム化しまして、
おちびでかわいい「ドワーフホースフェイスローチ」の登場でござる。
ホースヘイ01

このサカナ…今、検索してみたんだけど、ぐーぐるヒット数は0件です。
つまり日本初紹介★ だけどお値段は1ぴき、なんと、たったの200円だー♪
ホースヘイ02

検索してもヒットしないのは当然のことで、
この種類は、今のところ正式に区別されて輸入されたことがナイと思われます。
つまり、本家ホースフェイスのコドモ扱いで、輸入されてくるの。
「ドワーフホースフェイス…」って名前は、海外サイトから拾ったものなのだ。
ホースヘイ03

ドワーフたるゆえんは、大きな個体でも、5㎝ぐらいにしかならないからだよ。
5㎝つーても、ひょろひょろだから、頭部のサイズは大きな米粒ぐらい…
ドジョウに例えると、クーリーローチがひとまわり小さくなったようなサイズです。
ホースヘイ05

↑ピンボケだけど、エビとの比較でその小ささがわかるハズ。

本家のホースフェイスは、環境にもよるけど、12㎝ぐらいにはなるので、
それに比べると、この種類はずいぶんドワーフなワケです。
ドワーフだからかわいいし、SSサイズの小型ギョとの混泳に向いています。
よって、ワル家ではとっても愛されてるドジョウさんなのだ。
けしてメインキャラにはなれない、愛しのニギヤカシ♪
ホースヘイ04

↑どんぐりマナコにチョビひげ…とぼけた顔をしているよ。
ホースヘイ06

↑残り餌を探して、砂利の隙間をはぐはぐ中♪ かわいい上に、役にも立つ★

んでは、「続きを読む…」で、飼い方のテキストと動画だよー。
サカナはチビだが、記事は長いっ♪
■DATA
全長:4~5㎝
産地:東南アジア(マレーシア?ボルネオ?)
学名:Acanthopsoides molobrion
雌雄:不明
水槽:60㎝小型魚混泳水槽

■あらまし
ホースフェイスローチと区別されずに輸入されてくる小型のドジョウさん。
「ホースフェイスローチ」のコドモ個体として売られていたこともあるし、
「ホースフェイスローチSP」として売られていたこともあった。
本家との判別方法は簡単で、明らかに小型なことと、フンが短いこと。

小型ギョ水槽の混泳要員として、よいサカナだし、
本家ホースフェイスとは、ぜんぜんサイズが違うので、
ちゃんと区別して輸入して欲しいトコロ。よろしくお願いします問屋さま★

■性質
本家と同じように、底床にもぐったり、
底床をはぐはぐ(コリ用語)したりして暮らす、完全なる底モノ。
攪拌能力というほどのものはないけど、
残餌処理要員としては、仕事が細かいので優秀です。
砂利の隙間に頭をつっこんで、丹念に残り餌を探してくれるよ。

底床は砂が理想だけど、礫のL~Mなど、わりと大粒の砂利でも問題なさげ。
カラダが細いので、隙間にあっさりと潜り込める感じだし、ヒゲも傷まないよ。
また、もぐる&はぐはぐする…とはいっても、サイズが小さいので、
ソイル水槽の適度なお掃除係として、向いているかもしれません。
(ドジョウなので、弱酸性の環境をあまり好まない可能性はあるけどね…)

水草レイアウトとの相性は不明だけど、パワーないので、ぬいたりしなさげ。

性格は、臆病で、驚くとすぐに底床にもぐりこむけど、
わりと活発で、わりと貪欲で、昼間も活発に活動してくれるサカナです。
もぐるの得意だから、そのぶんわりと強気に出歩くのかもしれません。

また、適応力旺盛なドジョウの仲間なので、すぐに環境に溶け込んでくれます。
底モノ定番の、水槽面ぶりぶり泳ぎもほとんどしない感じ…
つまり、クーリーローチよりは、飼いやすい性格をしているよ(笑)

混泳面では、他種に対してワルサをすることは一切なく、同種とは軽く群れる。
だけど、なにぶんサイズが小さいので、小型の小型ギョとの同居向き。
ネオンテトラ~Coハブロスス~ジェム~エビ~といったあたりが理想的かな。

Coステルバイあたりの成魚サイズがゴロゴロいるような水槽でも、
やっていけるとは思うけど、臆病さに磨きがかかって、
もぐってばかり…になるかもしれない。
また、このテのチビドジョウは、ギョショクセイのあるサカナには
まっさきに狙われるので、同居は避けたほうがよいです。

それから、長期飼育してると、体型がふっくらしてるのと、スリムなのと、
2種類に別れるので、もしかしたら、このへんが雌雄差なのかもしれません。

■飼育のポイント
入荷状態は痩せてるけどまずまず良好。
体質も強くて、うちでは病気知らず…
SSクラスの小型ギョのなかでは強い部類だと思います。
小型のわりに寿命もそこそこあるみたいで、
顔はとっちゃんだけど、雰囲気はぼーやのまま、年老いてゆく感じだよ。

エサは活きブラ~冷凍エサ~乾燥エサのクズなど、
なんでも食べるのでまったく問題ないタイプ。
口はかなり小さいんだけど、アカムシをタテにしてちゃんと呑み込めるのだ。
あと、砂利にもぐった活きブラインをしつこく探すので、処理役にうってつけ。

複数匹で飼うと、つるんで行動する姿を観察できて、
それがみょーに微笑ましいので、4~5匹まとめて飼うといいかも。
このコはなにぶん小さいので、水槽の「定員」をあまり消費しません(笑)

うーん、こうやって書いてみるとほんとに欠点がないね。
オススメなんだけど、なんせ正規の輸入がないから、そこが問題かなあ…。
でも、入手難ってほどではナイ気がしているよ。
本家ホースフェイスのコドモ個体を売ってたら、じろじろ水槽を覗いてみよう♪

■動画のコーナー♪
探してみたら、このドジョウが写ってる動画があったので紹介。
いろいろ写ってるから見てみてくれい★



動画の解説をかるーくいたす。
暗い動画ですまぬ、デジカメが勝手に補正しちゃうんだ。

最初にうつる白と黒のハゼは、シマエソハゼ。
上空を泳いでる、いっとーキレイなコザカナは、スンダダニオ・アクセルロディ。
てこてこと歩いてるエビは、水槽に慣れきったアフリカンロックのおちび。

それから、水槽の右のほーにカメラが動いて、最前線のあたりにいるのが
ドワーフホースフェイスローチです。ちょいと奥のほうと、3匹うつってるね。
で、シマエソハゼの動きに驚いて、少々あばれます。

■画像集
ホースヘイ07

↑カラダは半透明で、褐色の斑点があります。
ホースヘイ08

↑精密なコガオをしている…米粒に描かれたコケシみたいな顔。
ホースヘイ09

↑むっちりした個体。♀の可能性を感じる。
ホースヘイ10

↑ひょろひょろした個体。♂の可能性を感じなくもない。
ホースヘイ11

↑砂利にもぐっておやすみ中。
ホースヘイ12

↑ドワーフホースヘイ同盟の面々。
ホースヘイ13

↑これまたおちびな、シマエソハゼ(♀)との2ショット。
ホースヘイ14

↑ドワーフホースヘイが暮らす60㎝水槽…別名「コノ星」。
ホースヘイ15

↑オトシン用の給餌皿に大集合。
ホースヘイ16

↑異種間連絡会議のモヨウ…議題は「ラムズがアカムシを食べ過ぎる件」
ホースヘイ17

↑ラムズホーンからアカムシをとりあげるボルケーノ議長。
ホースヘイ18

↑「あなたは顔が小さいのね…」 「キミの顔がデカすぎるんだよ…」
ホースヘイ19

↑「ワレワレは、姿カタチが違いすぎる!」 …世界平和への道は遠いモヨウ。
ホースヘイ20
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
一番乗り!
こんばんはーワルモノさん(^^)
先日はコメントありがとうございますm(_ _)m
ドワーフホースフェイスローチですかぁ。
お手軽な感じがいいですねー、特に値段(笑)
でもこのこ本家ホースフェイスローチと比べると馬面度は高くないですね。個人的にはこっちの方が好みですが。

あと、異種間連絡会議の様子がすごくツボです(^w^)
こーいう平和的というか、ゆる~い感じがすごいいいです。

話変わりますが少し前にボルケーノオトシンをショップで初めて見たんですけど値段が自分には高すぎて手が出ませんでした(- -;)
- - - - - 2010/04/22(木) 23:30:11 | URL | NICO・ #JPG8Eu66[ 編集] - - - - -
二番乗りです
いろんなのの暮らしが見えて癒されますねー^^
アフリカンロックのモソモソしてるのもいいなぁ。
異種間連絡会議っていい表現ですねw
そして、やはりエソハゼには惹かれます。
- - - - - 2010/04/23(金) 01:52:54 | URL | ちんかう #-[ 編集] - - - - -
馬乗りー♪
お。さっそくコメントがふたつもー。

@ニコさん
いちばんのりありがとー。

そうそう、ドワーフホースヘイは、ウマヅラ度が低いのです。
アメリカのこどもアニメに出てくるステゴサウルスの顔に似ています。
最初に買ったとき、そこが購入のキメテになりました。
これはなんだかフツウのホースヘイとチガウぞ・・と。
おうちに帰って調べてみたら、小型種と判明したので、ラッキーでした。

ほんでこの異種間連絡会議やってるお皿は、
レイアウト的にはジャマなんだけど、画像がとりやすくてよかったなあ(笑)

ボルケーノオトシンは元のお値段がわりと高いのにくわえて、
導入初期に落ちやすいという「リスク料」が加算されますから(笑)
なかなかの高級魚です。でも、そのSDキャラっぷりは、強烈ナリ。

@ちんかうさん
どーもです。おはよー。
この動画は、どうやらアフロくんを映した動画ですね。
臆病モノなので、歩きかたがギコチナイね。

異種間連絡会議はSFモノを意識してみました(笑)
ペジャ貝(ワルイ宇宙人役)を登場させて、だらだら続けたくなったんだけど、
収集がつかなくなりそうなので、やめました。

エソハゼは現在チャーミーなショップでセール中ですね。
オレも追加したいんだけど、♀ばかりきたらツライからやめた。えらいぞオレ。
- - - - - 2010/04/23(金) 07:32:58 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
悪乗りー♪(て、オイオイ
こんにちはー。
透明でにょろにょろで小さい魚は大好きです。
でもかなり小さいですね(^^;)。
動画でガラスにくっついてたシマエソハゼも気になりました。
ワルモノさんのとこは色々な魚が雑居しているのが羨ましいです。
会議とか地面に降りて開催されてるのがいいですよね。
うちもそうしたいのですが、小型水槽しか管理できないので、
結局数種数匹しかいなくて、水槽がちと寂しいです(^^;)。
- - - - - 2010/04/30(金) 17:50:44 | URL | pig #mQop/nM.[ 編集] - - - - -
イイ乗りー♪
イイ乗りー♪

…してるぜ。おひさしぶりです、こんばんわ。

あーこのドジョウは、pigさんツボかもねえ。
いいでしょー(笑)

ほんでさらに、シマエソハゼに目をつけるとはイイセンスしてます(笑)
これまたおちびで、2.5㎝ぐらいなんよ。

…このように、ちびギョばかり飼うと小型水槽でも、
けっこーニギヤカになるかもです。

でも、オレねえ、pigさんは少な目の飼育で、サカナに優しくてエライと思うよ。
オレはそのへんガマンできなくて、ついついニギヤカになってしまうよ(笑)
- - - - - 2010/04/30(金) 18:45:21 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
パンダちゃん
の記事にコメントありがとうございました。
すごく参考になりました。
2週間弱うちにいて、落ち着いた泳ぎのセラタと、
来たばかりでガンガン泳ぎまくってるパンダが、
必ずしも同じ理由で飛んだとは限りませんよね・・・。

コメント頂くまでは、ただただ落ち込んでいましたが、
違う方向からの見方・考え方があるんだと分かると、
何だか深いなと考えさせられ、落ち着きました。
やっぱり一人で考え込んでてもダメですね(^^;)。

ところで、ショップの方にパンダの様子を聞いてみたところ、
入荷当初で複数いた時は、
パンダ同士で追いかけあっていて、
落ちつきなく泳ぎ回っていたとの事。
・・・という事が分かったので、ご報告まで(^^;)。
ボルネオばかりがテリトリーを気にしていたわけではないらしいのが、
私的にとても意外でした。

>でも、オレねえ、pigさんは少な目の飼育で、サカナに優しくてエライと思うよ。

そう言って頂けると、また買い足すのを我慢できますです(笑)。
- - - - - 2010/05/04(火) 07:59:22 | URL | pig #mQop/nM.[ 編集] - - - - -
とびだしのこと
pigさん、おはよー。

オレは、飛び出しというのは、じつはたくさんの飼育がカギが
隠されている現象だと思ってます。
事故テキな飛び出しというのは、実はほとんどなくて、
必ずと言っていいほど、理由があるものなんじゃないかなあ。
オープンアクアで飼育してると、そのへん身に染みますね。

パンダさんの場合は、渓流のサカナ…というのが、たぶんカギですね。
渓流のサカナって、激流に負けないために泳ぐチカラが強いし、
よい場所を守るための、ナワバリ意識が発達してたりしますねえ。
他にもなにかと、水槽飼育に向いてない要素が多いです。
かといって、数ヶ月飼うと、たいていは水槽に慣れてくれるんだけど。

渓流ギョに飛び出しが多いのは、ダッシュ泳ぎ力が強いのと、
もうひとつ、水槽と渓流は違いすぎる…
…という単純なストレスの要素がある気がしてるよ。

だから、ボルボルは飼育が楽だけど、
渓流産のチャイナバタフライになると、一気に飼育がムズカシクなる。
もしかしたら、pigさんちの、ラインドットくんは、
渓流系のボルボルなのかもねえ(なんだそれは・笑)

…と、思うことをテキトーに書いてみました。まとまってなくてすんません。
いずれ「飛び出し論」みたいなのは、まとめるかもしれません(笑)

で、さっきあげたばかりの最新の更新は、欲望まみれで
傷心のpigさんには刺激が強いかもね。
ごめんねオレはガマンが、あんまり、できないヒトで(笑)
- - - - - 2010/05/04(火) 14:49:58 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
あ、いつの間にか
更新されているじゃないですか!油断もスキもない(笑)

「連絡会議」、サイコーです。
アフリカンロック君もちゃんと会議に参加しなきゃだめでしょ!(笑)

- - - - - 2010/05/18(火) 21:33:09 | URL | モトワ #-[ 編集] - - - - -
ほぼ直った★
ええ、ハイテンポな更新は当ブログのウリですから。
月に一度は巡回されることを、オススメいたします(笑)

そーいえば、アフロくんは、会議に参加したことないね。
アフロくんはロックなので、反体制なので、
会議とかはキライなのだと思います。
あと、会議場が明るすぎるのも、不参加の要因かも。
- - - - - 2010/05/19(水) 04:01:08 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
今日、やっと巡り合えました♪

「ホースフェイスローチSP」で、売られてました。。
3匹しかいなかったんで、2匹をお持ち帰りしました(笑)

後は、うまく水槽になれてくれればいいんですが。。(^^ゞ
- - - - - 2010/07/10(土) 00:41:40 | URL | baby #NXhsrECk[ 編集] - - - - -
早速1匹落ちてしまいました。。。(涙)

最初から調子が悪そうだったんですが、サイズ的に この子がもう1匹に合ってたので持ち帰ったんですが。。
仕方ない。。。

もう1匹は、餌場も覚えてタイガーオトシンと一緒にコリタブをモフってるんで大丈夫そうです(^o^)

それにしても、細い体なんですね。。
ボウズハゼの半分くらいの太さしかないし、顔も小顔ですね(笑)
- - - - - 2010/07/10(土) 17:02:21 | URL | baby #NXhsrECk[ 編集] - - - - -
生首くん♪
babyさん、おはよーございます。

市ヶ谷FCに入荷してましたねえ。
うちも追加したいんだけど、
あと1匹かあ…それじゃちょっと出向く動機にはならないな(笑)
どっか別のお店で探してみますだ。

初期状態は、ワルイ場合がありますねえ。
のこり1匹の元気をおいのりします。

ドワーフホースフェイくんは、いつまでもちいさくてカワイイのだ。
埋まっている時のカオが特にカワイイから注目してみてください。
うちでは、生首くん…と言われております。
落ち武者みたいなので(笑)
- - - - - 2010/07/11(日) 08:40:21 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
多分、結構入ってきたんでしょうけど、落ちちゃったのが多かったんじゃないのかなぁ??そんな気がしますね。。

何とか1匹は、生き延びて欲しいです(^o^)

実は、結構気に入ったんで、又どこかで見かけたら追加したい(^^ゞ

- - - - - 2010/07/11(日) 08:56:16 | URL | baby #NXhsrECk[ 編集] - - - - -
生首くんその2
このへんの魚種は輸入過程での扱いがワルイからねえ。
タフな種類なのでちゃんとトリメンすれば復活するんだけどね。

また見かけたら教えてくださいな。
うちも今は、2匹になってしまったので、あと2匹ぐらい欲しいっす。
- - - - - 2010/07/14(水) 01:54:49 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
- - - - - 2010/07/16(金) 10:45:33 | | #[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.