La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ゴールドリングダニオのコト
初の小型美魚編はゴールドリングダニオの紹介だよ。
これはもー文句なしにお薦めの小型美魚です。
簡単に言うと、ダニオの欠点がないダニオ?
それが今回紹介するゴールドリングダニオ(最もメジャーな流通名)なのです。
(つーかオマエ、ほんとはダニオじゃないだろ? ケラの仲間だろ?)
ゴールドリング01

えーと、この紹介文にはひとつ欠点がありまして、
何個体か長期飼育したことがあるのですが、
実は、♀のゴールドリングダニオを飼ったことがありません。

何故かと申しますと、もともとゼブラダニオの幼魚の雰囲気は好きでして、
なのでその昔、ゼブラダニオの♀を飼ってまして、
あまりに無節操な食欲と、オデブっぷりに、辟易としてしまいまして、
それ以来、ダニオと名前がつくサカナの♀が怖くて飼えないのであります。
実際、その反省を元に、ワイルドのゼブラダニオの♂を飼ったときは、
生涯スレンダーなままで、それはそれはステキでした。
ただし、ヤンチャではありました…かなり他魚を追うのですこし困りました。
しかしながら、ゴールドリングダニオにはそんな心配もないのです。
適度に活発で、大きくならず、食いすぎず、生涯その美は衰えません。

あーちっと話がそれた、つまりそんなワケで♂しか飼ったコトないのだよ。
ゴールドリングダニオの♀はたぶん大丈夫だと思うんだけどね、
ショップで見た感じだと、ひとまわりでかくて、ちょっとむっちりで、
そのくらいの性差だったら、愛せる範囲だと思うので、今度飼ってみるよ。
画像は、物陰で食休み中の個体。泳いでる瞬間は速すぎて撮れないのだ。
■DATA
体長:♂は最大で3cm弱、♀は不明
産地:ミャンマー
雌雄:♀のほーがやや大きくなる。♂はヒレのまわりがピンク色に染まる
値段:200円~
水槽:60cm小型魚混泳水槽

■あらまし
とにかく小型で、ワルサをせず、よぐ泳ぎ、丈夫で、キレイで、
食べ過ぎないのでプロポーションも崩れず…と、イイコトづくめなサカナ。
ゼブラダニオは好きだけど性質がちょっとね~…というかたにお薦め。
あまりにもお利口で丈夫なので、影が薄いといえば薄いが、
成熟すると文字通りの金色に輝き、小型魚水槽の彩りになってくれるよ。
ミャンマーの魚ってどことなく上品なのが多いよね、不思議なんだけど。

■性質
中層~上層をよく泳ぐが小さいのでゼブラダニオほどうざくない。
同種間で追いかけっこ&フィンスプするが、平和に見つめられる範囲内。
他種は無視する。ダニオ・エリスロミクロンなどには追われる立場。
ほんとにおとなしくて紳士なヤツだよ。

■飼育のポイント
丈夫で飼いやすいが、なにぶん小型なので導入時は注意が必要。
エサは冷凍エサ~乾燥エサまでほどよく食べる。
水質は、ミャンマーの魚だから中性で問題ないハズ。

そんでもって、このサカナを買うときのいちばんの注意点は、
間違えずに「ゴールドリングダニオ」を購入することだと思われます。
そもそもゴールドリングダニオってのも、てきとーな流通名で、お店では
「ブラキオspニューミャンマー」など、いろんな名前で売られてるのだ。
しかも、やや大型になり、別種と思われる、似たような模様の個体群も、
「ゴールドリングダニオ」として売られているので、油断できませんぞ。
ちなみに「ファイヤーリングダニオ」はけっこー大きくなるみたいよ。
あと「レオパードダニオ」とも小さいころはすこし似てるので注意だよ。
とにかく、画像をよく見て、ウチのはあんましキレイに撮れてないから
他のサイトの画像もよく見て、間違えないよーにしてから買ってください。
なにぶん安価すぎるサカナなので、お店のヒトはアテにならんぜよ。

■参考リンク
参考になるサイトを探してみたのだが、これしかなかった。
ほとんど同じよーなコト書いてある(だけどすでに閉鎖されてる感じ?)
・ゴールドリングダニオが紹介されてるサイト
ゴールドリング02
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.