La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
【旧】30cmウツボ水槽のコト
2006年1月27日作成
2006年3月06日更新
※2006年2月26日に60㎝水槽に変更…この水槽は封印されました。

ワルモノ管理のウツボ水槽の紹介だよ。
2005年の夏に立ち上げたばかりの、はじめての汽水水槽です。
お塩入りの水槽は、塩だれがイヤだし、ろ過が効かないかもだから、
抵抗あったけど、ウツボの魅力には勝てず、やむなく立ち上げた感じです。
やってみると案外楽ちん。汽水魚って基本的にはタフだしね。
それに、汽水つーてもゴクゴクウスウス(エロ語)なので、
ろ過も案外効いてる感じ。ウツボのふんちは分解されやすいかも。

水槽は、お菓子のいれものになっていたメタルキューブを復活させて
使ってますが、縦長なのでウツボの飼育には適してません。
水槽自体は見栄えするし、頑丈だし、水量もあってお気に入りなんだけど、
やっぱ縦長の水槽ってなにかといじりづらいデス。
なので正直、ぜんぜんキレイじゃありません。
レイアウトしてもポルカくんが堀りまくるから、すぐに崩れちゃうしね。
水草は最初、アヌビアスナナをいれてたんだけど、
枯れはしないってだけで、活着もせず元気なさげなんで抜いてしまったよ。
でもやっぱなんか緑は欲しいね。
うすい汽水なら簡単元気に育ってくれる、けなげな水草を募集中だよ。

サイズてきに、ナミダカワはこんなもんだと思うんだけど、
ポルカくんはもっと大きくなりそうな気もするので、
いずれそのうち、底面積のある水槽を購入して引っ越す予定です。

しかしなんだな、こーやって紹介してもウツボの魅力って、
ぜんぜん伝わってない気がするナ。絵テキに、殺風景すぎるー。
ウツボはほんとカワイイんだぞ。ヘビと犬を足して2で割った感じだぞ。
旧ウツボ水槽全景
【水槽】
 30×30×45(コトブキの元祖メタルキューブ)
【ろ過】
 パワーフィルター(エーハイム2213)、ワンタッチフィルター(テトラ)
【保温】
 電子サーモ(エヴァリス)、150Wヒーター(エヴァリス)
【照明】
 コトブキのライトをタイマーで8時間点灯
【水質】
 海水の8分の1~10分の1濃度の汽水。中性
【温度】
 26度ぐらい
【エサ】
 冷凍した生タコ、冷凍エビ、ニンゲン用のお刺身をおすそわけ
【水替え】
 週1~月1で3分の1ぐらい
【底床】
 パワーハウスの溶岩砂利
【生物】
 ナミダカワウツボ…(不明)30cm、25cm
 ポルカドットウツボ…(不明)30cm
 南米淡水フグ…(不明)3cm
 淡水ハオコゼ…(不明)2.5cm
 石巻貝…(不明だがすくなくとも1匹は♀、タマゴ産むなごら♪)2㎝×3
ポルカとデカナミダ
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.