La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
アフリカンロックシュリンプのコト
重戦車フウミのカラダツキと、深い深い青色の体色が魅力の
アフリカンロックシュリンプの紹介だよ。
ドムとかグフとか、ジオン軍のモビルスーツが好きなヒト向けな感じ?
それでいて平和主義。ちと武骨だけど、サカナはけっして襲いません。
ちんまいサカナが戯れるよーな水槽にいれると、
よけいにその大きさは引き立ちます。レイアウト壊しちゃうけどね。
デカロック01

今いる個体はPDから連れてきた5cmサイズのちんまいの。
画像のは以前飼っていた、10cmサイズの個体で、
3年ほど生きてたけど、原因不明で死んでしまいました。
前面の目立つ場所に巣穴を構えてたから、ステキだったんだけどな…
もしかしたら、エサが足りてなかったのかもしれず…反省してます。
今いる個体を、ショップで見かける牢名主みたいな巨大個体に
なんとか育てあげたいと思っているよ。
あと、これは夢(それはドリーム)なんだけど、繁殖もいつの日か狙いたい…
性質から判断するに、大卵型の可能性があり、だとすると、
うまくいけば、アメリカザリガニみたく、じゃららんって増えるのハズ。
■DATA
体長:最大で15cm(現在飼育中の個体は5cmほど)
産地:アフリカ
雌雄:ザリガニの見分け方と同じで♂は前脚が大きい
値段:2000円~(デカイ個体は4000円~)
水槽:60cm小型魚混泳水槽

■あらまし
大きくても魚は食べないので小型魚と混泳可能なロックシュリンプの仲間。
アジアンロックシュリンプとは性質が異なるので、飼い方も違うよ。
アフリカンのほーが底棲傾向が強く、比較的物怖じしないし、
エサに対してもやや積極的なので、サカナとの混泳には向いていると思う。
いろんなサイズ、色のが入荷してるから、好みのを選んで飼える。
大型個体のほーが飼いやすいけど、パワフルなので、
水草レイアウトしてるヒトは注意。掘るから、ソイルとか向かないかも。

■性質
アメリカザリガニの生態に近い感じ。巣穴をもち昼間はそこに隠れている。
アジアンロックシュリンプよりは大胆だけど、人影に敏感で、暗がりを好む。
巣穴はツボみたいなカタチのが向いてるよ。
砂利で埋まっても、ちゃんと自分で掘って穴の管理もしてくれるよ。
大型個体の場合は、ほっとくと流木の陰などに穴を掘って、
棲みつこうとするので、流木が倒れちゃったりして、タイヘンだったり。
逆に小型個体の場合は、水草の隙間など給餌も鑑賞もしづらい場所に
隠れちゃうので、それはそれで困りものです。

また、夜になると出歩くらしく、繊細なレイアウトはなぎ倒されるので注意。
そもそも水草が密生してるよーな環境は好まない感じだ。
そーいう環境に適した動き方をしない。ナナの根っこなども邪魔そう。
生息環境を推測するに、小さな川の止水域…浅くて底は泥って感じかな?

同居魚は、コリドラスなど底に沈んだエサを執拗に食べる種類は不向き。
食べるのが遅くて下手なアフリカンロックのエサがなくなってしまうからね。
それ以外の小型~中型魚なら混泳できる種類は幅広いと思う。
小型のエビをいれると、水牛と小鳥のよーな眺めが鑑賞できたりするよ。
同種の複数飼育は、巣穴を複数用意して棲みワケさせたほーがよい。
巣穴に対するテリトリー意識があるので、同種もサカナも、
あのごっつい前脚でチョン!ってして、けっこーな勢いで追い払うよ。
あーあと、ショップで前脚のホウキをペンシルフィッシュにつつかれてるのを
見たことがあり、フライングフォックスとか、ヒゲ苔対策になるよーな
魚種との混泳は止めといたほーがいいかなと思いました。

■飼育のポイント
水質、水温にはうるさくなく、基本的には丈夫。
長期飼育のポイントはその不器用すぎる食性につきる。
本来は、水底の泥の中の有機物を食べて暮らしていると思われ、
アジアンロックほどは、流れに向けてパフパフする動作にこだわらない感じ。
残りエサ処理係として、水槽に放り込んでおくぶんには、
ひじょーに簡単に飼えるが、それだとエサ不足で長生きしない。
なので、巣穴の前にエサを落としたり、夜間に給餌したりなど工夫が必要。
エサの匂いには敏感なので、巣穴から少しぐらいなら出てきて食べるよ。

エサは個体の大きさにもよるが、ビタクラフトのタブス(これがいちばん)
キョーリンのザリガニのエサ、ディスカスフード、キャットなどなど…
水底に沈んでじょじょに崩れる系の、動物質のエサが好む。
冷凍アカムシとか、冷凍ブラインなんかも口元にやれば食べるよ。
大型の個体だとキャットをまるごと抱え込んで、時間かけて
食べられるよーになるので、大型個体のほーが給餌は楽かもしれない。
ちいさな個体はぼろぼろとコボシつつも、
ホウキのような前脚に付着したエサを食べるんだけど、
抱えたと思ったら落としたり、落としたエサがお腹の下に転がってしまったり、
そのうち、巣穴が汚れてきたと感じるらしく、ぶははは~っと掃除して、
巣穴の外にエサのカスを、モハモハにまき散らしたりするので、
見ててイライラするよーな、水を汚すよーな気もしています。
そしてそのうち寝てしまう。エサまみれのまま動きが止まる。食休み?
そーいった意味でも、落ち着いて食べながら眠れる巣穴が必要なのだ。

ちゃんとエサをあげて元気な状態で飼っていると、
数ヶ月に1度ぐらい、見事なカラを残して脱皮して、じょじょに成長するよ。
脱皮直後はしろしろよわよわなので、隠れたままです。
この時を狙って攻撃する魚種もいるらしいので、注意してください。
下の画像は現在飼育中のチビスケくん。はやく大きくなーれ^^

■参考リンク
アフリカンロックシュリンプの飼い方が書いてあるサイト
・蝦三昧
このブログ内の参考記事(巣穴となるツボについて)
・アフリカンロックとちいさなお家
チビロック02
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
斬って屍拾う者なし(←意味不明)
実はですね、ワルモノさんからのメッセージが届いた当日、アフリカンロックが脱皮したんですよ。
最初に抜け殻を発見した時は、「おぉ!前の脱皮から3ヵ月も経っていない。これは長生きコースじゃ!」と喜んだのも束の間、アフリカンロック本体を観察して見ると、前脚の付け根がごっそりと食われているじゃアーリませんか( ̄Д ̄;) ガーン

あぁ、シクリッドなんかと混泳させる拙者が全面的にワルーございます。最初の脱皮が何事もなかったもんですから慢心してました。
その後、ただちに隔離しました後、ネットで調査すれば、前脚が取れた伊勢海老でも次の脱皮には再生するということなんで、隔離水槽で次の脱皮に賭けます。

そして最後は伊勢海老級の個体に仕上げ、特大エビフライにします(笑
もぉダメですよ、ワルモノさん。伊勢海老級にまで育つなんていっちゃ。拙者の世の中で最も好きな食物は、握りでもトロよりエビが好きというぐらいの真性エビ好きなんですから。20cmオーバーのエビなんて想像しただけで、涎がジュルジュル出てきます(笑

それとですね、インペを購入しちゃいました(ボソ)
えぇやっちゃいましたよ、清水の舞台から飛び降りましたよ、すぐに死んだら切腹もんですよ。
でも、やっぱ美麗なプレコだなぁ。長期飼育したいなぁ・・・。
- - - - - 2007/04/07(土) 02:13:53 | URL | 松平伊豆守 #RqWBMyRA[ 編集] - - - - -
浜辺のハマグリ、拾う者なし! ←シギと戦っていても
あらあ、脱皮事故ですなん。
ばっちりなシェルターがあれば、いいかもだけど、
ちーとシクリッドのヤツらには不安を感じざるえませんなー。
んでも、脱皮を繰り返して、だんだん大きな前足が生えると思いますだ。
直る速度も年単位だと思いますが(笑)

んで、アフリカンロックは現地だと料理ってウワサですよ。
ウマイらしー。昔は日本でも食わせる店があったらしー(笑)
大きくなったら、ヨダレじゅるじゅるしながら、飼い続けてネ(笑)

そんでインペっすかあ~。そりゃまた思い切ったなあ~。
あいつ混泳はダメだからね。ロックと混泳はかっこよさげだけどー(笑)
どーか長生きさせてください、増やしてくださいー^^

ワルモノくんは、シクリッドもプレコも大好きなんですけど、
混泳リスト見るといないでしょ。それはねえ、それはねえ・・・(以下略・笑)
- - - - - 2007/04/07(土) 14:26:40 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
初めまして
ロックシュリンプで検索していてたどりつきました
ブログすごいですね、読み込んじゃいました
先週より15センチクラスのアフリカンを飼い始めました
アジアと小型のアフリカンは以前より飼っています
まだ餌をよく食べてくれなくて心配です
気を付ける点があれば教えてください
飼育環境
60規格水槽
低床:半分砂半分ベア
混泳:アジア5 アフリカン8センチ1 コシオリエビ5 コリ2 スモモローチ2 エンドラーズ雄5
やっとみつけた大型なので大事にしたいです
迷惑でなければ返事くださいよろしくお願いします
- - - - - 2010/04/18(日) 02:36:45 | URL | kuni #-[ 編集] - - - - -
アフロくん★
おはつです。よろしくのコト^^
すんごいメンツの水槽ですねー。
アフリカンロックを、あえて混泳水槽で楽しむ感じは、オレも好きです。
エンドラーズが♂しかはいってないあたりも、わかる気がします(笑)
想像すると、ココナッツシェルターか、
塩ビパイプがごろごろ転がってる水槽なのかなあ?

15㎝クラスというと、そーとーデカイっすね。
心配なキモチはわかるです。アフロくんは不器用だからねー。

で、すべて推測なんだけど、散漫なカタチで思い当たることを書いてみます。

@デカロックがまだ水槽に慣れてない可能性
水槽に馴染んで、落ち着くまで時間のかかる種類です(おもに精神面・笑)
また、エサを食べるのに慣れるのも時間がかかります(こちらは技術面・笑)
大きな個体のほうが、慣れるのは遅いかもしれませんね。

@テリトリー意識
アフリカンロックは、巣穴ときめているところを守る習性があります。

じつは、ここのトップの画像のアフロくん(10㎝クラス)が死んでしまったのは、
ちびアフロくんを、同じ水槽に追加したことが原因になってるフシがあるのです。
当時、水槽の中に、アフロが好きそうな場所は一カ所しかなかったので
そこに小さいほうが入ろうとして、デカイのが落ち着きを失ってしまい
エサをあまり食べなくなって、餓死してしまった可能性を感じています。
デカイからチカラで負けはしないんだけど、イライラしちゃう感じでしたね。
で、だんだん精神的にまいってきちゃうという・・。

先住のアフロくんとの関係をよく観察してくだされ。
それぞれが違うシェルターに棲み分けているようなら、問題ないと思います。
一等地をめぐって、同じ穴にもぐりあってるような状況はマズイです。

@同居ギョの問題
スモモローチはアフロの食事の邪魔をしませんか?
まだ水槽に慣れてない段階のデカアフロくんには、こたえるかもしれません。

それから、これは、こちらの興味からの質問なんだけど…
東南アジアのロックにも若干のテリトリー性はあると思うんだけど、
そのへんの相性は大丈夫ですか?
コシオリエビとも住居がかぶりそうなんだけど、大丈夫なのかな?

@水槽のサイズ
不器用な生き物なので、混泳水槽で、15㎝の個体となると、
底面積が、狭いかもしれませんねえ。レイアウトもあるでしょうし・・。
うちでも、60㎝水槽という舞台だと、小さい個体のほうがコマワリが効いて、
有利な場面が多いな、と感じることは多々ありました。

@脱皮前
水槽に導入してわりとすぐ(2週間以内ぐらい)に脱皮するケースは
多いような気がします。心機一転みたいな?(笑)
で、その準備を内々でしてる段階だと、エサ食いはニブイかもですね。

…考えられることは以上です。
レイアウト面でよくわからないので、いい加減な考察ですのう。

無難なことを言えば、流通の過程で体力を失ってるでしょうから、
しばらくは単独飼いがいいと思うです(元も子もないアドバイスですまぬ・笑)
- - - - - 2010/04/18(日) 07:59:17 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
早速のお返事ありがとうございます。

シェルターですが、導入時大きめの湯のみを入れておいたのですが、あまり入らず水槽も狭いので取ってしまいました。
奈何せん身体がでか過ぎて・・・

アジアとコシオリエビは流木に喧嘩せずかくれているようです、案外平和ですね。

スモモローチ他もそれほどアフリカンの邪魔になってる様子はないようです。
ただワルモノさんも言うとおり、もとからいるアフリカンが一番神経質になってるかもしれません。

今朝餌を与えたところ、食べている姿を確認できました。
もう少し様子を見てみます。

話違いますがブログ更新しないのですか?
実際飼育しているかたの話大変参考になります。
再開楽しみにしてます。
- - - - - 2010/04/18(日) 14:12:12 | URL | kuni #-[ 編集] - - - - -
続アフロくん★
こんにちわー。
エサ食べたようでよかったですね。
毎日、もりもり食べてくれるといいねえ…。

そんだけデカイアフロとなると、シェルターも大きいのがいるだろなあ。
半分に割ったウエキバチとかかな。あるいは花瓶とか(笑)

同居ギョの存在は邪魔になってないようなら、安心しました。
レイアウトは、想像するに、でっかい流木ごろごろ…
って感じなんですかね。
アフロくん同士の同居の成功のカギは、レイアウトだと思うので、
研究してみてくださいな。なんかわかったら教えてください。

うちのチビアフロくんは、飼育6年になったけど、
さっぱり大きくなってません。
ただ、すごく適応していて、エサとりに出てくるので飼いやすいです。
でも、このコのことを考えると、
デカアフロには手を出せませんねえ。ほんとは欲しいんだけどね。

あーあと、本文では触れてないけど、
アフリカンロックシュリンプには、2タイプ(あるいは3タイプかも…)
あるので、タイプによって多少の性質の差はあるかもですね。

ブログを読んでくれてどうもありがとう。
オレも更新したいんだけど、画像の整理がまだおわりません(笑)
- - - - - 2010/04/19(月) 18:13:43 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
- - - - - 2017/02/18(土) 16:21:02 | | #[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
もう春ですね。土浦は春だと思います。別れと出逢いの季節です。今思うとですが卒業間近の学生生活や卒業式って何かいい感じです。哀愁漂うというか・・・それにくらべ自分は入学式的な、新生活的なモノは苦手ッス。まもなく4月・・・憂鬱になってきました。まぁアフリカン
2006/03/26(日) 15:07:34 | 日めくりカレンダー
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.