La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
南米淡水カレイくんきたるの巻
先日PSOにて、まーコが南米淡水カレイを衝動買い。
ちびっこくて、ひらべったくて、そりゃまあカワイイのコト。
今はまだ500円玉サイズだけど、ゆくゆくはお座布団みたくなるらしい。
南米カレイ01

冷凍ブラインをあげてみたところ、北米淡水カレイとは
ぜんぜん食べ方が違うことが発覚。
北米は口の周りの触覚に触れたエサを躊躇なく食べるのに対し、
南米は目の位置より上のエサにしか今のところ反応しない。
目の上空にエサをもってくと、のけぞって、のび~ってして、パクっと食べる。
視力に頼ってるし、その瞬発力はまぎれもなくフィッシュイーターのもの。
そんでもって、歩き方(はいずりかた?)もぜんぜん違うのだ。
北米はシーツの中に人間を、手足を縛って入れたよーな歩き…
南米はシーツの中に人間をそのまま入れたみたく、四つんばいで歩く感じ。
体色の変化能力も南米のほーが上だな…
北米なんて、オマエむしろ目立ってるよ♪ってな色になったりするのに、
南米の体色変化はガチっぽくて、キミは待ち伏せしてるんだなーって感じ。
まあ、覚悟はしてたけどさ、こりゃあ北米とはぜんぜん違うサカナですぜ。
(むしろこっちがカレイの基本であろう。北米は生物として無能スギル…)

ゆくゆくはウツボと同居してもらう予定なんだけど、
小型魚水槽から移動するタイミングが微妙ですな。
1匹ぐらい食べられるまで様子を見るか、
はたまた、あと1cmぐらい大きくなったら、さっさと移動するか。
すこしだけ心配のタネが増えたけど、観察に熱が入るのでヨシ。
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.