La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ドラゴンフィッシュのコト
我が家の不細工ナンバー1…ドラゴンフィッシュの紹介だよ。
いかついフェイスのくせに、オメメだけツブラなのが、なんともはや。
コイツはその容姿から、たくさんたくさん誤解されてると思うんだけど、
でっかい口は、砂や泥の中の小さな生物を食べるタメのものなのです。
サカナなんて食べなくて、他魚にちょっかい出すことも一切なくて、
簡単に言うと、でっかくて不細工なコリドラスなのだよ。
ドラゴン01

本日のびろぐは、そんなドラゴンくんのしこたまの誤解を解くために…
飼ってみると、イメージとぜんぜんぜんぜん違うサカナなのだ。
間違っても竜ではない。中国のお正月の竜にモヨウと口が似てるだけ。

このサカナは、振り返れば小学生のコロから欲しかったんだけど、
今まで状態のいい個体を見たことが一度もなく、
はじめて見つけたのが去年の年の瀬、ホルビースにて。
たくさん入荷してた中に、1匹だけやけに元気なヤツがいて、
水槽内の砂利をでっかい口に含んで、もごもごしておりました。
キミはほんとにお掃除クンなんじゃのう…と実感し、購入した次第。
■DATA
全長:30cmを越えるらしい(ウチのは25cmほど)
産地:フロリダ~南米の沿岸地域(インド産の個体群は別属)
雌雄:不明
値段:1000円~
水槽:90cmカメニョロ混泳水槽

■あらまし
いかつい顔のクセに平和主義なハゼの仲間の汽水魚。
奇魚怪魚の代表として、古くから知られてるけど、
飼育方法はぜんぜん確立されてない気がする。
ショップでも、餌として小魚を入れてる姿を目にするが、食うハズがない。
たんにゲテモノとして片付けるのには、あまりにもベンリな性質…
そしてオモシロすぎる存在なので、ぜひとも長期飼育してみたいサカナだよ。

■性質
まず意外だったのが、けっこー活発なコト。
ハゼらしく図太い神経の持ち主であり、他魚の存在などお構いなし…
座頭一っぽい動きで水槽内を徘徊し、ややガサツな印象を受ける。
水槽飼育がストレスになってる様子はなく、能天気な感じ。

視力はほとんどなさげだが、エサの匂いには敏感…嗅覚のサカナなり。
エサ時になると、あのでっかい口をバホバホと開閉させて、
床中を徘徊し、落ちているエサを吸い込んで食べる。
ウチはベアタンクだけど、砂や砂利の水槽ならば、それを口に含む姿が
観察できるハズで、底砂利の汚れ対策として一役買うと思う。
口内の容積がひろいので、わりと深い部分まで掘ってくれそうな感じ。

尖った歯が生えてるんだけど、なんのタメにあるのか不明。
口はデカイけど大きいモノは飲み込めないよーで、
キャット一粒を食べるのに20分以上かかる。
口の中でモンゴモンゴと転がしては、何度も吐き出し、
ボロボロにしてからでないと、飲み込めないみたい(じじくさいヨ…)
そんなヤツなので、魚を食べることはまずありえないと思う。
水質面はさておき、小型美魚の水槽に入れても大丈夫な感じだ。
性質テキにもひじょーにおとなしく、他魚に対しては無関心で、
ガタイがデカイため攻撃されるコトもなく、混泳の幅は広そうな予感。

■飼育のポイント
まず入荷状態がワルイので注意。
白濁してどよーん…ってなのをよく見かけるが、元気な個体はわりと活発。

普段は土管の中で休んでる時も多いので、いれてやるとよい。
エサは冷凍アカムシや冷凍ブラインが最も食べやすそうだが、
レプトミンスーパーやキャットなど、ふやけて底に沈むエサが向く。
(あの悪名高いレプトミンスーパーのボロボロをすべて食べてくれる)
たとえそれが、ふんちでも砂利でも、口の中に吸い込んでから、
エサだけを選別し、残りはエラから排出するタイプ。
餌付けは容易で、なんでも食うが、細かいエサのほーが食べやすそうだ。
かなりの大食漢で、その性質からすると
四六時中だらたら食べるタイプなので、エサは多めに与えたい感じ。
多めに与えざる得ない水槽の残飯処理係には、うってつけの感じ。

そんでもって、ハゼの仲間は痩せると復活が難しいので注意なのだ。
本来汽水魚ということは、淡水だとよりエネルギーを消費してるワケであり。
現在は純淡水で飼育しており、むっちり太って好調だけど、
体調がすこしでも悪くなったら、ウツボ水槽に移ってもらう予定。
だけど、90にいて欲しいんだよな、こんなベンリな掃除機…他にないもん。

■追記♪
(2006年5月18日追記)
・現在も淡水飼育中…今のところ問題なさげ。やはり掃除屋として最強。

■参考リンク
このブログ内の参考記事(食事中のドラゴンフィッシュの動画)
・ドラゴンくんバホバホ中の巻♪
このブログ内の参考記事(キャットを食べるドラゴンフィッシュの動画)
・お食事動画集

■画像集
ドラゴン02

↑2006年1月31日撮影
アカムシの匂いを感じてバホバホ中のドラゴン…ぶれるくらいバホバホ。
ドラゴン03

↑2006年2月9日撮影
正面ガオ…比較的オトコマエに映っている気がする。
ドラゴン04

↑2006年2月13日撮影
全身が確認できる画像…よく太っている。
ドラゴン05

↑2006年5月14日撮影
尖った歯が確認できる。…が、やはりブサイクだ。
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
ドラゴンフィッシュの第一印象は、
「うおっ!強烈なブサイク顔じゃのー。これは飼わんな」でした(笑
アミメウナギや南米淡水フグは、ここでひと目見て、「おぉ!愛いやつじゃ、これは飼いじゃ」っと思ったんですけどね。

ところがですね、困ったことに、徐徐に可愛く見え始めたんですよ、これが。朱に染まるってやつですか(笑
やっぱ、熱帯魚を飼育するうちに、ブサオッサン顔が俺の好みになってしまったんでしょうね。
あぁ、堅気の美的感覚とは、どんどんかけ離れていく(笑


是非、再度挑戦したいんですけどね~。
今度は、斬進的に塩分濃度を薄めていけば、最終的に淡水でも飼育可能かもしれませんが、それでも、体調を崩した時のために汽水水槽を準備しなければならないのでしょうね。
それと、ショップの数が激小の長崎在住なんで、ドラゴンフィッシュのようなマイナー種は、通販購入になるですよ。だから、生体の状態は、着いてみないと分からないのがネックなんです。

う~ん、どうしよう。でも、ブサオッサン顔のサカナを一堂に集めて、水槽を眺めれていれば、きっと幸せだろうなぁ(笑
- - - - - 2007/04/27(金) 11:26:14 | URL | 松平伊豆守 #RqWBMyRA[ 編集] - - - - -
横レス失礼♪
松平様~(なんとなく様をつけたくなる雰囲気♪)、あたしもドラゴン君好きなんですよ(笑)
あまりに不細工すぎてそれはそれはお気の毒で。。(笑)
ワルモノさんには「女子のくせに、ツボがおかしい」と言われてます(笑)

くるっと一周して不細工がかわいく見えてきちゃうんですかねぇ。
そういうことにしておきましょう、美的センスがどーのこーのはこの際気にせずに(笑)

あたし、福岡県民なのですが、福岡でも全然お目にかかれてないです。
そこそこショップはあるんですけどね。
- - - - - 2007/04/29(日) 10:26:09 | URL | はにコ #-[ 編集] - - - - -
サカナは、飼え買え黒田節♪
おぉ!ドラゴンフィッシュLoveを標榜する希少(奇特?(笑))なお方が、同じ九州に存在していたとは、うれしかとばい(←ワザとらしい九州弁)

福岡は、学生時代に住んでいましたけど、都会の割りに人情味がある人が多くて良い町ですね。
飯塚やキタキューは、ちょっとおっかなかったけど(笑

拙者は、熱帯魚飼育歴一年の未熟者ゆえ、色々とご教授下さればうれしゅーゴザル。
それと、拙者の駄文へのレス感謝です。
ではでは。



- - - - - 2007/04/30(月) 00:32:13 | URL | 松平伊豆守 #RqWBMyRA[ 編集] - - - - -
ブサイクレスー♪
おおー。知らないうちに、コメンツが増えているー^^
過去ログに対するコメンツはじつにうれC…せっかく書いたし(笑)
あと、それぞれの魚種の紹介が、その種類が好きな人々の
プチ掲示板みたくなって欲しいなあ…と、すこうし願ってるのですよう。
まったくもってブログ的じゃないけど、よろしくお願いしますのコト^^

そんでねえ、ドラゴンくんのブサイクっぷりはほんとスゴイんだよー。
見るたびに、直感的に、理屈じゃなく…
「おまえはブサイクじゃの~」ってキモチがこみ上げてくるのデス。
人間の先天的なブサイク判断脳を刺激する造形なんでしょうね(笑)
ドラゴンくんは王様だね、ブサイク界の(笑)

最近は懐いてきて、エサくれえ~ってお口ぱかーんてあけたまま
迫ってくるから、それがまた、たまらなくブサくて、もう…(笑)
いずれドラゴンくんのブサイク画像特集を組む予定デス。

@イズノカミどの
こんばんわ、コメンツありがとでござる^^
ブサイクおっさん顔が好みなんですねえ。
まあ、飼うだけで、付き合うワケじゃないからね…
臥所と共にするワケでもないしね…サカナだから(笑)
なので、それでいいのだと思うです。オレもそんなフシがありますし(笑)

んでドラゴンくんの淡水飼育については、アクアの歴史に登場してから
長いサカナなので「薄い汽水での飼育が適切」…ってのが定説ですな。
うちは確かに汽水水槽があって、それが保険になってるので、
平気で淡水飼育できてるってのはあるデス。
でもなあ、淡水で元気いっぱいなんだよなあ~。
ショップの水槽にいた段階からやたら元気だったので、
生命力が強い個体なのかも?
あと、ベアタンで給餌量が多いウチの90は、どんぴしゃで向いてるのかも?
…などと、うまく飼えてる要因を分析していますだ。

ただ、そろそろ寿命かなあ。あと2年は生きなそうな雰囲気を
体表の状態などから、感じているのも事実ですだ。
なんか、より不気味に老成してきたのだよ、最近(笑)

んでね、ブサおっさん顔ばかりの水槽はステキと思うですヨ。
上でひゅんひゅん泳いでるサカナはフツウにキレイなのを揃えるとかね…
そのへん調節すれば、道は踏み外さないと思いますだ(笑)

@はにコさん
横レスさんきう。港のヨーコ、ヨコハマ、ヨコレスー♪

ほんで、ドラゴンくん…
気の毒なぐらいブサイクかあ。そだねー、本人に伝えておくよう(笑)
ここまでブサイクだと、むしろ潔いんだよねー。
でもねえ、平和的で、働き者で、エエサカナですぜ、コイツわ。

んで、はにさんはエエツボをおもちですので、是非に大事にしてください(笑)
いつかドラゴンくんを越えるブサ魚をみつけてください(笑)
- - - - - 2007/04/30(月) 04:23:28 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.