La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ミニチョコのコト
本日はチョコの祭典バレンタインデーというコトで、
通称ミニチョコ(パラスファエリクティス・リネアトゥス)の紹介だよ。
オトナになっても体長2cm程度と、ほんとちびっこいんだけど、
泳ぎ方や、エサをじーーっと見つめる仕草は本家チョコグラと同じです。
ミニチョコ01

ミニチョコはなんの武器も持たず、動きも鈍く、ものすごく頼りないお魚…
こんなに儚げな生き物が地球上に存在すること自体が不思議な感じだよ。
モスみたいな水草が密生した水溜りみたいな場所に住んでるんだろーけど、
よっぽど恵まれた環境で育ったらしく、警戒心が薄いです。
ゆえに、水槽内でも他魚にひるまずよく活動し、
コケティッシュな動きと、クリクリ動くオメメで、飼い主を楽しませてくれるよ。

飼育難易度はやや難。あまりにも小型で、あまりにもおちょぼ口なので、
過去に何個体も殺してしまい、そんでよーやく飼育のコツがつかめた感じ。
だけどまだ、♂が繁殖期に見せるという全身金色の状態は
観察したことがないのだ。すこーし金色ぐらいまではいくんだけどなあ…
うーむ、まだまだミニチョコの道は険しいのだ。

ミニチョコの存在を初めて知ったのは、アクアライフの新着コーナーにて。
その紹介記事は「成長を見守り、報告したい」みたくまとめられてました。
まさか2cmのままで成魚だなんて、書いたヒトも思わなかったんだろね。
■DATA
全長:2cm
産地:ミャンマー
雌雄:普段はまったく判別不能。♂は発情するとまったく別の色に変身。
値段:400円~
水槽:60cm小型魚混泳水槽

■あらまし
とにかくチビで、とにかくかわいいボケらった。
頭の上に銀色に輝くマロのよーな点がある。
これってクラウンキリーにも似たようなのがあるんだけど、機能はナゾ。
ご機嫌?によって、体色が変化するサカナで、
まっしろになったり、黒づんだりするけど、きっかけは不明。
他のサイトで見た繁殖時の色はもっとすげーので、発情色ではなさげ。
中性の環境で問題なく飼えるので、本家のチョコグラよりか楽ちんかも。

それから、すこし似た感じのチョコグラに「オケラートゥス」ってのがいます。
「ビルマチョコグラ」という名前で売られており、こっちは4cmぐらいになって、
カラダの真ん中に黒いスポットがあるので、見分けがつくよ。

■性質
おとなしくて、ボケボケで、仲間同士ですこし群れる。
ナナの葉っぱの裏とか、影になってる場所が好き。
水面下から底のほーまで、水槽内のいたるところを探検し、
流木や水草の表面についてる微生物?を、
じーーっと見つめてから(この間が非常に長い)、ちゅん…ってつつく。

生息地に天敵となるサカナがいないのか、とにかく能天気なので、
給餌の面を除けば、案外混泳にも向く感じ。
独特の体形をしており、カラシンやバジス系に追われることも少ない。
なので、超小型の美魚…ジェムやボララスやビーシュリンプなどとの
混泳には向くと思うが、とにかく痩せさせないよーに注意。
個体によっては人慣れしてエサをねだるよーになり、非常にカワイイ。

■飼育のポイント
入荷状態はまずまず良好。
不定期だけど、夏の初めにまとめて入る感じ。
痩せている個体や、ちいさな個体は避けたほーが無難。

水流が弱くて、水草(浮き草)が密生した環境を好む。
ミャンマーの魚なので、中性付近の清涼な水が合ってると思うのだが、
弱酸性の清涼なブラックウォーターにしたほーがよいとの説もある。

そんでもって、飼育する上での重要ポインツは、とにかく給餌。
まず、おちょぼ口なので、かなり小さなエサしか食べられない。
そんで、エサを見つめてから食べるまでの時間が長いので、
他魚にとられてしまうコトも多数。
ちゃんとエサを食べさせないと、すこしだけ痩せてきてしまい、
痩せたなあ…って気づく前に衰弱死してしまうため、マメな給餌が必要。

与えるエサの種類は、冷凍アカムシはぎりぎり食べられるけど、
太めなのは咥えられないので、やや不向き。
冷凍ブラインのほーが柔らかいし、小さいのも混ざってるし、
カスみたいなのも出るので、食べやすそうだ。
ベビーブラインもアリだけど、水流で流されるエサを追うのが下手なので、
どの程度食べられているのか、疑問。
もちろんいちばんいいのは、止水状態で、活ブラインを与えることだろう。
ディスカスフード、AP1、ビタクラフトのタブスなどの乾燥エサも
食べるけど、それだけでは痩せてしまうので、補助程度に。
お腹ぽんぽんになるまで食べさせれば、ちゃんと長生きしてくれる魚だよ。
画像はいぜん飼ってた個体…おでこに輝く銀のマロ点が確認できます。

■画像集
ミニチョコ02

↑2003年撮影
いぜん飼ってた個体…おでこに輝く銀のマロ点が確認できます。
ミニチョコ03

↑2006年3月6日撮影
ヤセ具合はわかりづらいので、これから飼うヒトはよく画像みてねん。
このコはこれで太ってます。
ミニチョコ04

↑2006年5月16日撮影
おもっきし拡大してみた。ヤセにさえ気をつければミニチョコは簡単だよ。
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.