La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
シザーステールカラシンのコト
本日のびろぐは我が家の長老…シザーステールカラシンの紹介だよ。
シザーステール03

おとなしくて、目立たないやつで、でも、ずっといるんだ。
かれこれ…ん~20代だったコロからいる気がする(セツナイ表現だな…)

千葉が誇る熱帯魚屋ワールドフィッシュで買って来た個体で、
2匹買ったんだけど、1匹は2年前のエロモナス祭りの時に落ちてしまった。
そんでココロなしか寂しげに、今も生き残ってるのがコイツ…
難しいとか言われる場合もある種類なんだけど、
水槽にしっぽりと馴染んでしまえば、そんなの関係ないよ…のお手本ナリ。
■DATA
体長:3㎝
産地:南米
雌雄:不明
値段:500円~
水槽:60㎝小型魚混泳水槽

■あらまし
さわやかメタリックな体色が涼しげ系な、カラシンの一種。
しっぽのモヨウがハサミに似ていることから、この名前がある。
流通してるのはすべてワイルド個体で、以前より入荷が減っている感じ。

水槽内に危険を感じると、カラダの中央のラインの色が変化する。
落ち着いてる時は薄いメタリック青緑で、危険を感じたらオレンジだよ。
タモとかいれると瞬時にかわるのでわかりやすいヤツ。
このラインの色は、体調も表したりするので、
そのへんのアピール上手なところも、長生きの秘訣かもしれない。

■性質
あんまし泳ぎ回らず、かなりおとなしい部類。
ネオンテトラよりは中層にこだわるし、さらにおとなしいので混泳向き。

■飼育のポイント
ウチではかなり丈夫。
お上品なヤツで食べ過ぎない。これも長寿の秘訣かも。

若いコロはラインの色が、もっと爽やかな青緑でした。
プロポーションは崩れてないし、いつまでも小型でカワイイヤツです。

■画像集
シザーステール01

↑2006年3月8日撮影
いちばん上の画像と比べてみてください。
上が最近撮った活ブライン給餌開始後の画像、これは開始する前のです。
ギラギラ感が蘇って、若いコロの輝きを取り戻しました。
シザーステール02

↑2006年3月8日撮影
小型美魚のみなさんと…美とはいえないヤツが1匹混ざってるけど(笑)
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
長寿の秘訣は腹八分目...
ですか、やっぱり。
体側のラインがとてもキレイですね~。
図鑑なんかで見ると、ここまで色が出ているのはいない感じ。
小型美魚がそれぞれ1匹ずつ何種類もいる画像ってのも面白いもんですね。
中央の底にへばりついてる小型美魚がかわい過ぎます(笑)
- - - - - 2006/03/18(土) 17:21:10 | URL | おまつ #-[ 編集] - - - - -
中央の底にへばりついてる小型美魚…
って飼ってるじゃないですか、すでに(笑)
ボルボルって、愛すべきボケキャラですよねえ。
- - - - - 2006/03/19(日) 13:21:03 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
こういう魚を見た時に
どういう感想を書いていいのか分からないのが困ったもんです。
そんな私でありますが、
去年クボタエに手を出してあっさり惨敗したのは
Blogを読んでも出て来ない極秘事項なのです(苦笑。
- - - - - 2006/03/19(日) 19:12:10 | URL | ScarletGem #-[ 編集] - - - - -
うはは。感想なんて期待してないすよ。
オレも、飼ってるサカナ全部のせる予定だから、
写真とれたのから上げてるけど、書くことないもん(笑)
キライじゃないけど書くことない…
風景みたいなもんですな、このての小型ビ魚わ(笑)

クボタイは導入直後だけ激ヨワだから仕方ないっすよ。
馴染むとめっちゃ丈夫なんだけど。
- - - - - 2006/03/19(日) 23:00:04 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.