La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
淡水ハオコゼのコト
本日のびろぐは、汽水水槽のひらひら天使…淡水ハオコゼの紹介だよ。
オコゼ01

オコゼどんは怪獣みたいなスガタカタチをしているけど、
ジャンルとしては間違いなくカワイイ系に属するオサカナです。

なにがカワイイってまず仕草がカワイイのだ。
ウチワみたいな胸ビレをぱたぱたさせて、飼い主に愛想をふりまいたり…
ひらひら泳いで上昇したかと思いきや、
へんなポーズのまま固まって水流に流されてみたり…。
とにかく人間からすると、無意味な行動が多いサカナで、
水槽の中で遊んでるよーにしか見えないのだよ。

そんでもって、仕草だけじゃなくて、性格もカワイイヤツなのです。
オコゼどんは、オサカナ界でも有名な毒魚であり、ゆえに危機意識が薄く、
のんびり&おっとりとしたイイトコのお嬢ちゃんみたいな性格をしているのだ。

好奇心が旺盛で、ウツボ用に投入したタコをわざわざ見にきたりするしね。
だからといってフグみたくイタズラっこではないので、ほんと愛せます。

そんなオコゼどんだけど、観賞魚としてはいまいちマイナー。
むかしはアクアフォレストで「オコゼ飼育セット」なんて売ってたんだけどな…
今では、ネットで検索しても、ほとんど情報がないくらいのマイナーっぷり。
アベニーぐらいのポジションは築けるキャラなのにさ、なんかもったないぜ。

まあ汽水魚だから仕方ないんだろけどけどさ…
小型だし、成長速度がちょー遅いので、ちっこい水槽でも飼えそうだし、
キャラてきに、単独飼育にも耐えるぐらいユーモラスなんで、
もう一度、その魅力を見直してあげたい、そんな気がするオコゼどんだよ^^
■DATA
体長:最大で10cmと言うが水槽内での成長は極めて遅い
産地:インドネシア(河口部)
雌雄:不明
値段:200円~
水槽:60㎝ウツボ水槽

■あらまし
小型でおとなしく愛嬌たっぷりの汽水産のハオコゼの一種。
背びれに、死ぬほどじゃないけど強烈な毒針をもつので取り扱い注意。

入荷は頻繁で、2㎝程度のチビ個体がよく輸入されてくるのに、
専門のHPがないという不思議なサカナ(誰かつくれー♪)
5cmオーバーの個体群もたまに入荷するけど、状態が悪い場合多し。

現地には10cmオーバーの個体がいるとのウワサもあり、
汽水には侵入するだけで、本来は海水のサカナなのかもしれない。
水槽内ではあまりにも成長が遅く、詳細な生態は不明な感じ。

■性質
毒魚ゆえのお気楽な性格で、おとなしい。
同居魚に干渉することはないし、攻撃されることも少ないので、
混泳の幅は広いが、肉食なので超小型魚は食べてしまうハズ。

基本的には底棲なのだが、行動パターンは多様。
無駄な行動の多いサカナで、いつも水槽中をぐるぐる巡って遊んでいる。
水面を漂うよーに流される姿は、もしかしたら海草の擬態かも。
自然化では、海草にまみれて暮らしてるときも、あるのかもしれない。

人慣れする魚で、ピンセットからの給餌も可能。
慣れるとあのパタパタ泳ぎでエサをねだってくるので、非常にカワイイよ。

■飼育のポイント
基本的には汽水必須のサカナ。
じつは、汽水水槽を立ち上げる前から大好きなサカナなので、
悪魔の所業なんだけど、淡水飼育を試したことがあるのだ。

結果はといえば、デパートの屋上を巡って、
うすーい塩分濃度の水槽で、長期間売れ残ってた個体を買い集め、
純淡水の水槽に入れてみたのだが、数日でばたばたと落ちまくりでした。
なんとか生き残って淡水に順応してくれたのは、1個体だけだったよ。
(その個体はさっぱり大きくならなかったが2年近く生存後、事故死)

結局のところ、汽水魚ってそのへんがハッキリしないんだよね。
塩さえ入っていれば、濃度は濃くなくてもいいという説もあるし、
硬度さえ高ければ、淡水でもいけるという説もある。
一方で、ホントは海水魚だから、海水で飼うのが理想的とも言われる…
まあよくわからんけど、汽水は必須ということにしておきます。
適合する環境さえ用意できれば、丈夫な感じ。

エサは冷凍アカムシ&ブラインなどの生餌系を好む。
あっさりばくばく食いつく個体もいるけど、
なかなか餌付いてくれない個体もいる。
食が細い印象があるけど、状態がよいと、
お腹ぱんぱんになるまで食べるサカナだよ。

目で見てエサを探す…視力のサカナなのだが、
基本的にドン臭いのでエサ食い&痩せ具合は要観察。
食べる瞬間は素早いけど、その他の動きは緩慢で、無駄が多い。
ゆえに、同居魚にエサを全部もっていかれないよーに注意が必要。

あーそんで、オレ、オコゼどんに軽く刺されたことあります。
レイアウトいじってたら、チクってきて、「いでーーーーー♪」って。
ハチにさされたよーな感じで、次の日までジンジンしてました。
でも本格的に刺されると、もっとヒドイらしいので、
水槽内をいじりまわす時は、居場所ををちゃんと確認するのコト。

■参考リンク
このブログ内の参考記事(死亡報告&動画の最後にちらっと登場)
・ポルカくんさよーなら
オコゼ02
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
堤防釣りでは
ゴンズイと並んで危険とされるお魚ですね。
でも、海のハオコゼは「お前絶対毒持ってんだろ!?」ってバレバレなくらい毒々しい赤なんですけどね。
こちらは黒いんですね。ビックリです。
画像から、雰囲気がよく伝わってきますよ。
水換えとか掃除とか大丈夫なのかな...と思いましたが、やっぱり刺されるんですね(^^;
- - - - - 2006/03/24(金) 00:43:47 | URL | おまつ #-[ 編集] - - - - -
やっぱり刺されるんだ(笑
以前どっかのサイトで、1度刺されてから
2度と飼わないことを誓ったって書いてあったのみて
小さくてもさすがオコゼだなあ、と思ったことが(笑。
汽水魚の条件ってほんと難しそうだなあ。
ウチのパイプも1匹は汽水産なんだけど、
なんだか安定しちゃって落ちる気配がないですよ。

ところで某熱帯魚研究所に入荷してる
クラウンロケットフィッシュ。
ちと、一見の価値ありですよ(笑。
- - - - - 2006/03/24(金) 01:37:51 | URL | ScarletGem #-[ 編集] - - - - -
やっぱり刺されるのです…
>おまつさん
本人に攻撃の意思はないので、
完全にこちらの不注意なんだけど…
やっぱり刺される時は刺されます。
いあ、刺されたというか、こっちから刺さったのかもしれず(笑)

おまつさん堤防釣りをされるんですね。
オレも10年ぐらい行ってないけど、好きでした^^
キケンなのも含め、いろいろ釣れるから楽しいんだよねー(笑)

>じぇむさん
何度刺されても飼いますよ、オレわ(笑)
そのうち、ウツボにも噛みつかれそうなイキオイ。

パイプフィッシュ…密かに狙ってます。
ジェム(呼び捨て)といっしょの生息地だという
グリーンパイプが欲しくて欲しくて、でも売ってなくて…
見かけたら教えてください(笑)

そんで、クラウンロケット…(すこしクラウン?)
ちょーど東のHPで見て、同棲女と相談してたところで
じぇむさんからのコメント読みました。かぶるなあ(笑)

そだ。クラウンリザード…(どこがクラウン?)
うちのもやっと餌付きました。安心したよー。
どーやら待ち伏せ型の昆虫食っぽいね、コイツ。
- - - - - 2006/03/24(金) 10:26:02 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
グリーンパイプって
吻が短めのイッセンヨウジタイプのパイプフィッシュですっけ?
2ヶ月ぐらい前にこの手のタイプが所沢のかねだいに入ってたけど
最近見てないっすね。注意して見ときます(笑。

クラウンロケットは地味な黒褐色の縞模様イメージが強いけど、
今回入荷してるのは地色がかなり明るめの
綺麗な個体が多かったですよー。
- - - - - 2006/03/24(金) 13:26:53 | URL | ScarletGem #-[ 編集] - - - - -
レスありあとー
そうそうイッセンヨウジタイプのです。
口が小さくて給餌に苦戦しそうだど、飼ってみたいのだー。
見かけたらよろしくお願いしますよう。

クラウンロケット…見つけたら買ってしまう気がします。
こーして底モノばかりが増えていくと(笑)
- - - - - 2006/03/24(金) 23:07:58 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
グリーンパイプ発見♪
じぇむさん、お騒がせしてすんません。
願えば叶うの法則でグリーンパイプ発見しました^^
また手のかかるサカナが増えるなー(笑)
- - - - - 2006/03/25(土) 16:08:04 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
おお!
グリーンパイプの飼育もスタートされるんですね。
活餌(ブライン)必須とショップで聞いたので飼育を断念。
こちらで拝見するのを楽しみにしておきます。
- - - - - 2006/03/26(日) 00:24:11 | URL | けんこ #HfMzn2gY[ 編集] - - - - -
うわー、楽しみだ
イッセンヨウジ系はレイアウトに上手く隠れたり
動きがあるんでかわいいんですよね。
ウチのは浮き物系ですが、グリーンパイプは
どっちかっていうと底物系ですか?
写真アップされるのが楽しみだなあ。
某店店員さんの話だと、パラドックスフィシュも
冷凍ブラインのスポイト給餌で行けるらしいし、
パイプだったら冷凍ミジンコとかでも大丈夫かも。
ウチはそんな丁寧な給餌しないんで
どちらにしても無理ですけどねー。
- - - - - 2006/03/26(日) 00:54:17 | URL | ScarletGem #-[ 編集] - - - - -
とにかく儚げ…
グリーンパイプ買ってきましたよー。
思ったよか小さくて7cmぐらい?
そんで太さは、えーとコードをたばねるヤツぐらい?
もうねえ儚げ感全開っス(笑)

ひじょーーにカワイイですが、そして成長が楽しみですが、
正直、うまく飼える自信がありません。
失敗談になるかもですが、そのうち公開しますです。
- - - - - 2006/03/26(日) 13:19:03 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
淡水ハオコゼ、すごく可愛いですよね。
こんにちは!
ハオコゼかわいいですよね。今は30cmの水槽から移動させ60cmの水槽に入れてあげ、のびのびと育っていますが、こうなるまでに何匹駄目にしたことか・・。

結果、塩分濃度の微妙な調節が飼育成功の秘訣と判断しています。
また、餌をあげる時間は彼らの夜行性の習性を利用し、真っ暗な夜中にあげると良く食べることもわかりました。

もう少し、頻繁に店頭にでるといいのですが・・

また繁殖のさせかたなども知っている方がいたら聞いてみたいものです。
- - - - - 2008/01/17(木) 23:09:04 | URL | mayumi #OVfwckwc[ 編集] - - - - -
遅レス♪
遅レスですみません。
ワルモノでござる。よろしくのコト^^

オコゼどん愛好家のご来訪うれしい限りデス。
ほんとカワイイんだけど、飼育情報の少ない種類なのです。

そうそう、オコゼどんって本来、夜行性なんでしょうね。
反射するタイプの、夜行性のメメをしてますもんね。

しかし、上のオコゼどんの画像みると、ヤセ気味だなあ。
オコゼどん愛好家のかたに見せるのはちと恥ずかしいデス。
そのうち、もっともっこりした画像を追加するデス(笑)

あとねえ、繁殖は難しそうですねえ。
聞いたこもないもんなー。
でも、個体ごとに全体のプロポーションが
ちょっとだけ違っていて、それが雌雄差かも?…なんて説も
イチブでは囁かれていますだ(テキトー度98%・笑)
- - - - - 2008/01/30(水) 09:52:40 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
お久しぶりです~
お久しぶりです。

一時期心配しましたが、元気そうで何よりです。
先日通販で「エレガントボウズハゼ」なるハゼを購入し、即日キャットとプレコフードに餌付いて驚いた所であります。
ただ、汽水水槽を立ち上げるにはまだ時間がかかりそうっす。

近いうちにブログを更新して頂けるのを楽しみにして待ってますね。
まぁ、自分が言えたことでは無いですけどね(笑)
- - - - - 2008/01/30(水) 21:39:41 | URL | 白子 #p8j98LCs[ 編集] - - - - -
こばわー^^
やあやあ白子くん…コメンツあんがとー♪

エレガントボウズハゼとはまた渋いところきましたねー。
うちもね、今ね、ペアで飼ってるのだよ。おそろナリー♪
(むかし飼ってた個体の画像はボウズハゼ類の紹介の中にあり…)

そうそうコイツら、餌付きはいいのよ。
ボウズハゼ類の中で一等に飼いやすいと思う。
そしてなりより、めちゃフレンドリーなのです。
よく慣れるし、物怖じしなくて活発だし、夫婦仲いいしで、
性格美ハゼなり★ 微笑ましい系観賞魚なのだ^^
オレ、何度か手をドクターフィッシュ運動をされたことあるよ。
はむはむされまして、きもちよかったデス。

雌雄差はわかりづらいんだけど、
♂個体は、体側のウロコが大きくて、
うすーいえめらるどミドリに輝きます(そんなキレイでもない・笑)

んであ、白子くんちの個体の紹介おまちしてますぜ。
オレもそろそろ記事あげるから…(笑)
- - - - - 2008/01/30(水) 23:02:39 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.