La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ワルモノてき5大フード
えーと、今回はアクアグッズレビューということで、
オレが愛用しているスグレ餌を紹介しますよう。
エサ01

サカナのエサつーと、浮上性のがほとんどなんだけど、
沈下性のほーが、いろんなサカナが食べるので利用価値が高いです。
浮上性を優先するのは人間の都合だと思うんだよな…
水面にわらわら集まってる感じって、いかにもエサあげてるっぽいしさ。
浮上性のエサを好むタイプなんて、全魚種の2割ぐらいだと思うんだけどさ。

キョーリンのエサが多いのですが、まわしものじゃございません。
画像の左から順番に紹介します。んであ、「続き」をどぞー。
■冷凍クリーンブラインシュリンプ(キョーリン)
茶ごしマシーンにのっけて撮影。
茶ごしマシーンは汁と本体を分離できるので便利だよ(100均で入手)

冷凍アカムシの影に隠れて、いまいちマイナーな冷凍ブラインだけど、
じつは、冷凍アカムシより優れたエサだと思うのだ。
とくに、ラスボラ・アクセルロディとか、ミニチョコとか、ジェムなどの
痩せやすい種類を飼う時は必須な感じ。
柔らかいから食べやすいし、カラがないから消化もよさげ。
冷凍ブライン主体で育てたサカナは、健康的にむっちりと肉がつく感じ。
お値段がちょっと高いんだけど、小型魚にやってるぶんには気にならないよ。

冷凍アカムシの「赤色」に慣らされたサカナは、
食べるまでちょっと時間かかったりするけど、やがて餌付く場合がほとんど。
まあでも、アカムシしか食べないヤツがいるのも事実ナリ。

■ひかりキャット(キョーリン)
これはもう、中型魚(8cm以上)を飼う時は必須の沈下性フード。
匂いが強いらしく、ほとんどのサカナが反応する。
ほどよく水に膨れて、硬すぎない自然な食感になる感じ。
また、ナマズ用のえさなので、視力が弱い生体に向いてる。
そんでもって、水をほとんど汚さない。
「キャットを食べてくれる…」は、飼いやすいサカナの代名詞になるほど、
よく使われているエサなのだ。
最近は、「ビックキャット」という、デカデカばじょーんも発売されたよ。

うちでは、ヒメニオイガメとミズアシナシイモリが好んで食べてます。
「ぷちキャット」も出してくれないかなあ、
もっとちいさなサカナにも使いたいエサだよ。

■ひかりプレコ(キョーリン)
このエサは、すべてのサカナにお薦めというわけじゃないけど、
これがなきゃうまく飼えない種類がいるので、外せない感じ。
本来のターゲットは、プレコ、オトシン、ボウズハゼなど…なんだけど、
これに餌付いてくれる確率はゴブゴブといったところ。
沈めたばかりだとかなり硬いので、小型種では歯が立たない感じ。
夜に食べてたりするらしく、次の日にはなくなってるけどね。
小型種に使うときは、パリパリっと指で割ってから与えましょう。

あと、硬いエサを好む種類というのはいるみたいで、
意外なサカナが食べたりする。ギンポやフグ…それから、ヒメニオイガメ。
おまえら、野菜も食べてえらいヤツだな…テキな、安心感に浸れるよ。

■ディスカスフード(テトラ)
万能という意味ならこれが一番。
沈下性だし、水を汚さないし、肉食のサカナにも好評だったりする。
アミメウナギなんかも、マメに拾って食べてるです。
小型魚に与える場合は、指で軽く砕けば問題なし。
そーするとしばしの間浮いてるので、浮上性のエサのかわりにもなります。

いれものに使ってるのは、タミヤのプラカラーの空き瓶…
(プラモデル屋さんに行くと空瓶を売ってる)
密閉性に優れており、手ごろな大きさなので、エサの保存に最適です。
熱帯魚のエサって量が多すぎて使い切れないので、
買ったらすぐに小分けして、使わない分は冷凍庫に保存してあるのだ。

■TABS(ビタクラフト)
ドイツの庶民派メーカーである「ビタクラフト社」が製造してるタブ状のエサ。
キャットよりひとまわり大きい錠剤みたいなエサなんだけど
沈んでから崩れて、粉末状になり、コリドラスなどが舞い上げてくれる。

匂いが強いらしく、底棲のナマズ類に好評だし、
エビや、小型カラシンなども好んでたべる。
なんせ粉末なので、口が小さいサカナや稚魚なんかも食べてくれるよ。
ボリュームがないのでメインにはできないけど、
導入直後の餌付け用として、超小型魚の補助食として優秀です。
ぶはーって舞い上がるので、いっけん水を汚すようにみえるけど、
じつはそんなでもなくて、エビたちにはよいエサになってると思います。
まあこのへんは評価の分かれるところだろな、
舞い上がるから餌付きにくいオトシンなどを誘い出せるんだけどね。

そんでもって、ロックシュリンプのエサとしても最適です。
ロックシュリンプ用に開発されたといっていいほど、向いてるエサです。
あと、うちの北米カレイくんが、なぜかこの匂いが大好きで、
触覚をコナまみれにして、はぐはぐとしてます。食ってるかも。
下の画像はタブスに群がる、サカナのみなさんナリ。
エサ02
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
ビックキャットは最近知りました。
カエル、カメ飼育にも有効そうですな!
カエル飼育ってCB子からネズミあげるって言うのが常識ですが、子にはレプトミンなどの配合与えた方が、確実に安心で、結果もいいと信じてます。

うちのカメはキョーリン系ダメなんですよね~。
サンプルでもあれば、キャットは試してみたいと思ってます。
- - - - - 2006/03/25(土) 00:23:57 | URL | 俺 #3b6JpFWg[ 編集] - - - - -
小型魚中心だと...
なかなかエサも減らないんですよね~。
最近は冷凍エサがメインになってきちゃってるし。
だから、自分も少しだけ出して、後は冷蔵庫です。
でね、去年まで冷凍ブラインといえば、あの、自分でワラワラ湧かすヤツの冷凍版しかないと思ってたんですよ。
ある日、買ってきたばっかりの冷凍ブラインをあげて腰抜かしましたよ。なんか、羽毛みたいのが水槽一面に広がって...事情を飲み込むまでしばらく呆然としてました。
- - - - - 2006/03/25(土) 01:31:07 | URL | おまつ #-[ 編集] - - - - -
れ&れ~♪
>俺さん
オレも人工エサをできるだけ与えたいヒトなんで、
生餌専食は避ける方向で飼育してます。
やっぱ長期飼育にはマルチなビタミンが必要だと思うので。

そんでキャットはロレくん絶対食べますよーー。
ただし沈下性なんで、泳ぎのスキルが落ちるかも(笑)

>おまつさん
ほんと熱帯魚のエサのサイズはなんとかして欲しいですよね。
うちのAP1なんて、製造日から5年ぐらいたってる気がするよ(笑)

舞い散るブラインを見つめて呆然とするおまつさん…
すこしかわいげ(笑)
でも、ブロックをよく見つめれば、つぶらなオメメの
シーモンキーが確認できるじゃないですかー(笑)
- - - - - 2006/03/25(土) 16:22:01 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
キャットタブは無敵っすね(笑
ウチみたいなゲテ飼いには、キャットタブは欠かせません。
というか、ポリプもカメもディスカスもローチも、みんなキャットタブ(笑。
あとは冷凍アカムシかなあ。
ジェムの餌は主に乾燥アカムシです。
うまく餌付いてるんで楽っすね。
- - - - - 2006/03/25(土) 16:50:26 | URL | ScarletGem #-[ 編集] - - - - -
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- - - - - 2006/03/26(日) 00:44:17 | | #[ 編集] - - - - -
キャットは最高♪
じぇむさんちは、キャットの消費激しそうですねえ。
もーなんか、メンツ見てるだけで伝わってくるです(笑)
でも、キャットってみっちり入ってるから、お得だよね。

乾燥アカムシは、ジェムやらアベニーやらが食べるって
評判ですねえ。キョーリンのだよね、今度試してみるっす。
- - - - - 2006/03/26(日) 13:31:31 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.