La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ヒメニオイガメのコト
90cm水槽の主役、ヒメニオイガメだよ。
ニオイガメといってもぜんぜん臭くはないよ。ヒメの匂いもしないです。
それにしても、ひどい名前だ…最低のネーミングだね。
人間でいったら、「倉田臭花(クラタ・シュウカ)」とか
「Steve Smell(スティーブ・スメル)」とか、そんなんだ。
今からでいいから直して欲しいね。
ちなみに英語だと「Musk Turtle(ムスク・タートル)」で、
ちょっといい匂いがしそーです。
どーいう翻訳センスだと「ニオイガメ」になるんだよ♪(プリプリ!)
カメ01

このカメとのなれそめは、サンシャイン水族館のアジアのサカナ水槽に
たぶんカブトニオイガメがはいってまして(現在はいないみたい)
そいつがアジアアロワナが泳ぐ下を闊歩してる様に惹かれたからです。
もともとカメは好きで、イシガメを17年間飼ってたこともあるので、
カメが身近に欲しいって欲求が、ココロの奥底にあるのかもです。

調べてみたら紫外線がほとんど必要ない種類らしく、
アクアリウムでの飼育も可能ということで、当時空いていた90cm水槽に
主役としてお迎えすることが決定しました。
2004年の5月にPD熱帯魚センターで購入…おそらくブリード個体。
■DATA
甲長:10cm
産地:北米フロリダなど
雌雄:カメの雌雄判別方法はみんないっしょ。うちのは♂(…と思いきや)
値段:8000円~
水槽:90cmカメニョロ混泳水槽

■あらまし
たぶん世界最小な部類の水棲ガメ(ミシシッピニオイガメがライバル?)
滅多に甲羅干しをしないため、水深のあるアクアリウムでも飼育可能。
泳ぎは水棲種のワリには下手だが、水底を歩いてエサを探したりする。
アホっぽい顔立ちと、動きで、いつも笑わせてくれるよ。
顔が動物のお医者さんのチョビに似てるので、彼女は彼をチョビと呼ぶ。
オレは男のコなので男らしくカメックスと呼んでいるよ。

■性質
水中にいるときは物怖じせず、よく慣れ、エサをねだる時もある。
サカナとは比べモノにならないパワーをもっていて、レイアウトを荒らす。
隙間に潜ろうとする習性があるので、石組みのレイアウトとかはムリ。
成長期の頃は貪欲で、目の前にきた魚を追ったりしてハラハラしたけど、
オトナになってから食欲は落ち着いてきて、魚にはまったくの無関心。
動きの鈍いアミメウナギなどをかじったりもしないお利口さんなのだ。

■飼育のポイント
かなり丈夫で飼育しやすいカメだと思う。
アクアリウムでの飼育では、呼吸のための足場になる流木などが必要。
エサはなんでも食べるがとくに執着を見せるのは貝類。
60センチ水槽で増えすぎたスネールをあげると熱心に食べるけど、
栄養面を考えて、キャット、プレコ、レプトミンを中心に与えている。
ふんちが大きくて水を汚すので、大きめの水槽と、強力な濾過と、
マメな掃除が必要だが、水の汚し具合はカメとしてはマシな部類。
オトナになってから成長期ほど食べないので、ぐぐっと楽になりました。
寿命が長いカメの仲間だから、育つのもゆっくりということはなくて、
みるみる大きくなる。5cmのを買って、1年足らずで10cmに成長した。

今のところ健康そのものだが、アクアリウムでの飼育が
なが~い目でみてどういう影響を与えるのかは、ナゾだと思う。
本来の飼育方法は下記のサイトを参照してくだされ^^

■参考リンク
ヒメニオイガメの飼育と繁殖について書いてあるサイト
・ヒメニのページ
このブログ内の参考記事(ヒメニオイガメの日常)
・ヒメニオイガメ的スローなライフ
このブログ内の参考記事(アカムシ食べてる動画)
・食欲魔人カメックスの巻♪
このブログ内の参考記事(キャットを食べてる動画)
・お食事動画集
このブログ内の参考記事(ミズアシナシイモリとの対決の動画)
・神の如きニョロ♪
このブログ内の参考記事(無精卵騒動の顛末とお食事動画)
・カメックスと不思議なタマゴ♪

■追記♪
(2007年4月11日追記)
・去年の中ゴロにmkさんとこの掲示板に画像をのっけたところ…
 「♀なのでは?」と指摘され、カメックスは♀であることが判明。
 ♂のほーがやや小型と聞くし、産卵行動のこともあるので、
 ♂のほーがアクアリウム向きかな…と思って、 
 判別してもらって♂を買ってきたのです。そんで油断してた(笑)
 女のコらしー名前に改名も考えたんだけど、馴染んだ名前は捨てられずー。
・あいかーらずのお利口ちゃんで、健康なサカナに対する被害はいまだゼロ。

■画像集
ヒメニ03

↑2006年1月2日撮影
アゴの下にちょびちょびがついてます。あと、爪トビもひとつアリ。
カメ02

↑2006年1月2日撮影
地球外生物のニョロ3号との2ショット。
ヒメニ04

↑2006年1月10日撮影
オトコマエにとれてます。
ヒメニ05

↑2006年2月12日撮影
たまにこーして口をあけてます。エサが落ちてくるのを待ってるの?
ヒメニ06

↑2006年2月15日撮影
ドラゴンフィッシュとの2ショット…ドラゴンの不細工さが目立ちます。
ヒメニ07

↑2006年5月14日撮影
呼吸用の流木にて…呼吸が終わっても、ぼーっとしてるんだな。
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.