La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ダニオ・エリスロミクロンのコト
本日のびろぐは「ダニオ・エリスロミクロン」を紹介だよ。
ジャンルとしては、ちびかわいくて、ちょっと不思議系ナリ。
エリスロ01

エリスロくんはおちびなんだけど、体形は鮭のごとくもっこり。
そんで、青地にしましま、しっぽの付け根に目玉模様、
ほぺぺはオレンジで、ちょこまかとホバリングしながら泳ぎまわり、
まるで童話の世界からぬけだしたよーな印象のサカナなのです。

画像の個体は老魚だもんで、いまいち発色がワルイのですが、
発情時には各ヒレにオレンジがのって、もっと派手になるんだよ。

コイツってコイ科の中でも独特の存在で、他に似たサカナがいないのです。
いちおーダニオ属なんだけど、体形も泳ぎ方もあきらかに別モノです。
(ガクシャも混乱中で、ちょこまかと分類が移動している…)

んでは「続きを読む」で飼い方メモにいってみよー♪
■DATA
全長:3㎝弱
産地:ミャンマー(インレー湖)
雌雄:♂はシマシマの間隔がひろい、♀はシマシマの間隔が狭い
値段:300円~
水槽:60㎝小型魚混泳水槽

■あらまし
色もカタチも泳ぎ方も独特な小型バルブスの一種。
生息地のインレー湖は、弱アルカリ性の水質で、水深が浅く
細かい浮き草が密生している独特の環境…
お上品な美しさをもつ魅惑のオサカナが多数生息している。

エリスロくんは、中性で飼えるし、混泳向きだし、丈夫だし、
小型魚水槽に数匹いれると、変化がつくつーか、メルヘン度があがるよ(笑)

■性質
カタチとしてはテトラやボララス系なのだが、ちょっと変わったサカナ。
物陰を好み、水槽の背面をちょこまかとホバリングして暮らす。
ヒトに対しては臆病で、最初はなかなか出てこないけど、
そのうち慣れます。慣れても、前面でブリブリ泳ぐタイプじゃないけど。
なんて書くと神経質で難しいサカナっぽいが、そんなこともない。

他魚に対してはやや強気で、発情した♂(各ヒレがエンジ色になる)は、
他魚(とくに派手系のコザカナ)をけっこーしつこく追いまわす。
だけど、発情時間が短くて、すぐにおさまるので、深刻ではない。
(エサのあと30分とかそんなもん…そんな日が1~2週間ぐらい続くのだ)
同種間では、♂は♀を追うが、群れたりもするといった、てきとーな感じ。

体長テキには小さいんだけど、気は強いし、丈夫だし、体重もあるので、
3~5cmサイズのサカナとの混泳にも耐えてくれます。

■飼育のポイント
最近とくに入荷状態がワルイので注意。
ショップにいる個体のほとんどが痩せて、体色がまっしろで、
ぜんぜん魅力テキじゃないです。よく太った個体を選んで買うのコト。

んだけど、太った個体さえ選べば、かなり丈夫な部類。
導入初期はひじょーに臆病だし、臆病さはなかなかぬけないけど、
エリスロくんはそーいうサカナなので、とくに気にする必要はありません。
浮き草や、背面がモシャモシャした環境を用意してやるとはやく落ち着くハズ。

エサは、生餌系も乾燥エサも、どっちもよく食べるので問題なし。
太ると背中がもっこりとしてきて、ちびのクセに迫力らしきものが出ます。

まっくすの体色を引き出すタメには、弱アルカリ性の水質が必要かもだけど、
中性でもかなり発色するし、飼育上問題にはならないと思います。

■画像集
エリスロ02

↑2006年3月11日撮影
 これは♂…うちの個体は人間は怖くないけどカメラがキライ。
エリスロ03

↑2006年1月15日撮影
 こっちが♀…しましまに注目です。
エリスロ04

↑2002年7月6日撮影
 オレンジ味が強い♀個体…こんな感じの♀もいます。
エリスロ05

↑2006年4月1日撮影
 上が♀で下が♂…サウルルスの葉っぱのカゲがお気に入りの場所です。
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
お名前変わったんですね。
以前はミクロラスボラだったのが、今はダニオですか。
これ、ショップであまり見かけないですよね。
うちのリンク先のきくさんが最近購入されていて、やはり非常に引っ込み思案だそうです。
キレイなんだから、もっと堂々とすればいいのにな~(笑)
- - - - - 2006/04/24(月) 01:11:14 | URL | おまつ #-[ 編集] - - - - -
こんばんは。
そういや、以前よくみかけたのに最近あまり見ない
ような気がするなあ。。。
でも、状態の良いちょっと太めのは見た事ないです
よ。白っぽくてヤバそうなのばっかで、どうみても
死にかけのオイカワみたいのしか見た事なかったので
弱い魚なんだろなと思ってました。
んー、飼い込めばキレイなんですねえ。。。

- - - - - 2006/04/24(月) 01:21:48 | URL | screwdriver-III #-[ 編集] - - - - -
おばんでーす。外はまだ暗いのん。
日本の夜明けはまだまだぜよー♪

@おまつさん
そうそう、名前変わったんすよ。また変わるかもしれずで…
まあ「エリスロミクロン」って呼ばれることが多いから、
あんまし関係なさげですけどね。
んで、コイツの臆病さはもう慣れちゃって、
こーいうサカナなんだと割り切ってますねオレ(笑)

@すくりゅーどらいばーさん
ほんと、ショップで売られてるエリスロくんは
「死にかけのオイカワ」そのものっすね(笑)
しかも裏側で固まってるんで、ぜんぜん売れなさそう(笑)
んでも、体色に関しては、お家の水槽にいれれば、
すぐに出してくれますよん。痩せはテゴワイけど。
- - - - - 2006/04/24(月) 05:03:55 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
どもです♪
この魚…一見地味そうですが、面白そうですね♪

最近ふぐのようにホバリングする魚に興味アリです(^^)/
あとホノボノ子育て系のシクリッドも…♪
- - - - - 2006/04/25(火) 14:14:43 | URL | mk #FZCA5e1U[ 編集] - - - - -
ホバリング魚って(笑)
mkさんこんばんわー。
お仕事おつかれっす。忙しいんですってねえ。
ホバリング魚ってのは、なかなか変わった狙いですね(笑)
フグとエリスロミクロン以外になにかいたっけなー。
ああ、デルモゲニーとかセレベスハーフビークとかも、
背ビレをぱたぱたぱたーってさせてホバリングしたようなあ。
子育てシクリッドつーと…やはりニオイガメ界で人気の
ペルビカくんでしょーか?(笑)
- - - - - 2006/04/26(水) 03:33:39 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
そそ。。。
けっこう不規則な生活になってきました。。。汗

ゴールデンデルモゲニーは熱帯魚水槽で飼ってますが、いまいち短命に終わりますねぇ…
もともと汽水だからかな…笑
シクリッドではピ-コックあたりが安くて面構えもいいかなと思いましたが、ペルマトのプルケール…見つけて即買いしちゃいました♪
思った以上にナイスな動きをしてますよ♪
- - - - - 2006/04/27(木) 21:55:54 | URL | mk #FZCA5e1U[ 編集] - - - - -
おはよございます^^
やはりペルマトにいきましたかあ~。
カメとの混泳もいけるかもですしね(笑)

ゴールデンデルモゲニーは、あのゴールデンの元である
プラチナバクテリアが、じつはカラダに有害で、
そんで短命ってはなしをどっかで見たことありますねい。
- - - - - 2006/04/28(金) 11:20:06 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
エリー
最近ふと懐かしなってエリスロの飼育リトライ中です。
動画用に赤虫落としてカメラ放置してたら写真撮影時にも餌と勘違いして出てくるようになったのはうれしい誤算。

左水槽で飼いこんでやります!
- - - - - 2010/02/17(水) 23:31:36 | URL | mocchy #FDDq9IZE[ 編集] - - - - -
まいらぶ★
Mocchyさん、こんばんわ。
こんな僻地の記事にコメントありがとー感謝シマス。
改めて読み返してみたけど、間違ったことは書いてなさげ。
…よかった(笑)

エリスロくんはイイサカナだよね。
最近飼ってないけど、水槽大きくしたら、いれたいサカナです。
しかし、ハナビとエリスロミクロンが別属つーのは、なんとも納得いかないねえ。

Mocchy水槽は、いい具合にもさもさなので、
エリスロミクロンには向いてる気がします。
カメラ怖がらないつーのは、そのへんもあるかもね。
- - - - - 2010/02/18(木) 02:32:47 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.