La♪ギンマグロ!!

おさかなとワンコのびろぐ
presented by warumono&mar-ko/since2006-jan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
おともだちはケンカの素♪
今回のびろぐは、汽水水槽のフグさんのおはなし…
「おともだちは元気の素♪」の続きです。
テキストだらけで、暗めの更新なりよ。
けど、フグをこれから飼いたいヒトには伝えたいコトなり。
レッドライン08

このコが、今回の主役、レットラインパファーくんです(生前の2匹…)
前回の更新が無駄に長いので、今までのあらすじをさくっと説明します。

4月ゴロ、ワル家には待望のレッドラインパファー(1号)がやってきました。
1号くんは導入後しばらくしてから、いじけた状態になってしまいました。
(荒くれ個体の南米淡水フグを別居させたのが原因と思われる)
そこで、1号くんにおともだちを与えようと、もう1匹購入(2号くん)
2匹は、普段はよりそっていて、エサ時だけはケンカする関係になりました。
やがて、1号くんの元気は無事復活したのでした(まずはめでたし)

…ということだったんだけど、だがしかし、そんなにフグは甘くなかった!
フグの混泳のネガティブ面を知りたいかたは、「続きを読む…」を、どーぞ。
2匹の関係は、「普段はよりそってて、エサ時だけ2号が1号を追う…」
という期間が2ヶ月ほど続いたんだけど、
そのうち、2号くんは1号くんを、だんだん激しく追うよーになりました。
そんで、ある日、1号くんがぼろくその瀕死状態にっ!
フグの歯型だらけなんで、間違いなく、2号くんのシワザなのです。
それまでは、たまに歯型がある程度だったんだけど、これはヒド杉…
画像とる気も起こらないくらいの、ぼろくそっぷりでした。

とりあえずの処置として、産卵箱をぶらさげて1号くんを隔離…
ダメかも? と思ったんだけど、
1号くんは強靭な生命力でじょじょに復活してゆきました。

んで、2号くんは、普段は産卵箱の下によりそって、1号くんをじー。
水槽内を自由に動けるのに、いつも優しげな視線で投げかけてました。
だけど、食事時に気が立つと、産卵箱越しに1号くんとケンカをしてました。
(口を合わせて、ちゅんちゅん♪)
ケンカの素01

↑産卵箱の中の1号を見つめる2号くん。

よーはですね、仲間が近くにいると落ち着く種類なのは間違いないけど、
食事中のエサ独占行動が発動したときの、まぢ攻撃が、
狭い水槽内では逃げ切れないから、こんなことになっちゃったんだな~。
エサそっちのけで攻撃するんだよね…
いかにも、ちょっとした社会性のある群れをつくるサカナてきな行動です。

これがたとえばディスカスなら、口の力がフグよりは弱いから、
まだ大丈夫なんだけど、フグはなんせ、あの歯だからねええ。
フグの混泳の難しさをまたしても感じた次第ですよう。
フグ類の混泳は、うまくいくと最高なんだけど、うまくいかない時の、
うまくいかないっぷりが、他種より極端な結果として現れるのです。

レッドラインパファーは基本的に同種と混泳可能といわれてますし、
2号くんがたまたま気が強い個体だった可能性も高いですし、
(1号くんが臆病だったから、ショップで選ぶときに強そうなコにした…)
あとは、「2匹」…という数にも問題があったかもしれません。
「3」にしとけば、集中攻撃テキな行動を弱くすることができたかも。

そして、ぼろくそ事件から2ヶ月後、お別れはある日突然やってきました。
隔離中のレッドライン1号くんが飛び出し事故で死んでしまったのです。
大ケガは、ほぼ治ってきてただけに、無念でした。
健康な状態で飼ってれば、こんなフウに飛び出す魚じゃないんだけどね…
ストレスやらダメージやら、ためちゃったからね。

2号くんのアイカタ喪失ショック(フグにありがち)が気になるところでしたが、
2号くんはその後、とくにいじけた様子もなく元気にしてます。
彼はもともと強いから、たぶん1匹でも大丈夫なのでしょう。
とびきりかわいくて、他魚に対するワルサは相変わらずゼロです。
他魚に対して、こんなに気立ての優しいフグを、ワルモノは他に知りません。

今後、レッドラインを追加するかどーかは、かぎりなく微妙ですねえ。
ショップで2号くんより大きな個体をみつけたら、悩むだろなあ~。
おともだちは元気の素…そして、ケンカの素でもあるのですようう。
ケンカの素02

↑死んでしまった1号くん…サイズ的に2号よりちびーっとだけちいさい。
スポンサーサイト
Comment
+この記事へのコメント
1号君は、残念でしたね。
仲が 良いほどけんかする~と 少し違うけど。。。
サイズや個の性質で 小競り合いが 怪我になっちゃう魚は その時が つらいですね。
1号君の ご冥福を お祈りしています。
- - - - - 2006/10/24(火) 20:53:34 | URL | puku #mQop/nM.[ 編集] - - - - -
その後はこんな出来事があったのですねぇ
せっかく治ってきたのにぃ・・・
致命傷ではなかったのにぃ・・・
って気持ち、よーくわかります

次に増やす時は3匹実験でお願いしますw

他魚と混泳出来るフグっていいねー
- - - - - 2006/10/25(水) 01:26:43 | URL | みなと #-[ 編集] - - - - -
おはよございます^^
@pukuさん
お祈りどーもです。
基本は小競り合いなんだけど、止まらなくなっちゃうときがあるんだよね。
小競り合いが高じて暴走しちゃう感じ…
アベニーの混泳でたくさん経験してるのですよ。
ほんに、フグとは恐ろしき生き物ですたい。

@みなとさん
ほんと、9割は治ってたんですけどねえ。
フグの強さを感じましたよ。体力あるっす。
んで、フグの混泳はアクマの囁きですなあ~。
たとえばのたとえばなんだけど、アベイくんもポリプとなら、
育った赤ニョロとなら、混泳の目はある気がしますね。
よく観察できる時間さえあれば、おためしするのもアリかと思います(笑)
- - - - - 2006/10/25(水) 11:19:34 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
怪我が治りかけだったのに産卵箱からの飛び出し
ってのは、飼い主にとって一番痛いですよね。。
釣りしてても釣り針をいとも簡単にポキっと噛み
切る位の歯だし、これで攻撃されたらひとたまりも
無いでしょうね。見た目がこれだけカワイイだけに
寂しそうにしてたら混泳させたくなりますよね。
雌雄でペアリングさせるとかも無理なんですか?
- - - - - 2006/10/25(水) 22:56:33 | URL | screwdriver-III #-[ 編集] - - - - -
腹は減れども…
すくりゅーさん、こんばんわー^^
ほんとねえ、産卵箱ってよくないんですよね。
ストレスばかりためちゃって。
んで、そろそろ出さねばと、2号くんに90に行ってもらって(一時的に)、
1号くんを産卵箱から出した直後に飛び出してしまいました。
ほんと、ちと臆病なところが強いフグなので、単独は避けたいのですよ。
性別が関係してた可能性…じつのところは、あるかもしれません。
2号くんがじつは♂で、発情してた…みたいなのね。
しかしながら、まるっきり判別不能なので、なんとも言えないのです。
- - - - - 2006/10/26(木) 20:19:56 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
やあやあおひさしぶりだよ。βだよ。
ワルモノくんお元気にしてますか?

数ヶ月前からずっとフグが飼いたくて飼いたくて、飼ったらどうなるのかなといろいろ妄想してたんだけど、本日サブナードの熱帯魚屋さんに行ってきて、来年こそはと心を決めたとこだったの。

わたしは初心者だから、飼う前にワルモノくんのくわしい飼育日記をいっぱい見ることができてよかったよ。
一匹ってかわいそうなのかなと思ってたんだけど、やっぱり複数匹飼うとかなしいことが起こったりするんだね。

水槽もおさかなも、お年玉で買えそうな値段で売ってるから(もらえないけど)、ついついうかつに手を出しそうになるけど、むずかしいね。

わたしが飼いたいなーと思ったのはトパーズパファーか南米淡水フグだったんだけど、元気に育って大きくなったときに、小さい水槽じゃかわいそうだから、現実的なのはアベニーパファーなのかなーと。
でも混泳はむずかしいのか。うーん、考えちゃうなあ。

明日またちがう熱帯魚屋さんに行く予定なので、店員さんにも相談してみるみる。
そうそ。「アクアショップレポート」にあった「Feed on」って鍋横のお店、わたしの以前のおうちから徒歩1分くらいだったよ(笑)
あのころ熱帯魚に興味を持ってたら、また違うきらきらなおさかなに目をうばわれていたのかもしれないなー。
- - - - - 2006/11/05(日) 03:59:32 | URL | β #iNWgv/c2[ 編集] - - - - -
オハヨウ♪
やあやあ。おひさしぶりだね、βの姫よ・・^^
ワルモノくんは元気にしてますよ。あいーからずのあいかーらずで。
βの姫はあいかーらずよりは、がんばってるっぽい(笑)

フグのいる暮らしは簡単で、なおかつ
ペット飼ってる感があるので、お薦めですよん。
このレッドラインパファーは3時間もかけてエサを食べるよーな
のんきフグなので、見てると癒される気もしますー。

そんでえーと、アベニーパファーはですねえ。
複数で飼うと悲劇が起こりやすいフグなので、注意っす。
あんなにチビなんだけどさ、♂が発情したときの攻撃力は
かなりのものでして、一撃死させるよーな攻撃を繰り出すんだよー。
アベニーを複数飼いする場合は、♀同士をお薦めしますだ。
トパーズパファーはああ、昨日、巨大個体を見たけど、
めちゃかわいかったなあ。巨大だったけどー(笑)
フグに関しては、ウェブアーカイブから、このサイトをお薦め♪
http://web.archive.org/web/20040710033603/http://tekipaki.jp/~puffer/
安定して見れるかわからんけど、カタログになってるだよ。
βの姫よ、オレでよければ、いつでも相談にのりますぜえ^^

ほんでえ、βのいた街角は、ステキだったねえ。
アイツ、こんなところに住んでるのかあ、そりゃあ楽しげだよな…
…と思いながら、おいらも、ぐるぐると練り歩いてましたよー。
鍋横Feed onはええお店ですな。
いつかまた電動自転車を手に入れて、遊びに行ってみましょう。
- - - - - 2006/11/05(日) 10:19:50 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
あべべあべべ
むきむき本気になってきたので連投だよ。
今日も見てきたよ。Feed onとまっかちん行ってきたよ。
アロワナベビーがなんともかわいかったよ。初めて見たよ。
ワルモノくんに教えてもらったカタログサイト(ありがと^^)で見た巨大フグもいたー。
かわいかったー。しかしあんだけおおきいと食物にも見えてしまうね(笑)

アベニーパファーを飼おう!と思って、来年に向けてイキオイ勇んで名前まで決めて(アベベ)行ったんだけど、他のおさかなにも目をうばわれすぎて、とりあえず勉強からだなと。
でもお店だとたくさんのアベベたちが同じ水槽で泳いでるのに、こんなに平和そうなのに惨劇が起こるのかあああってフシギな気分でした。

βは今日、ドジョウとナマズにも非常にココロうばわれたよ。おじさん顔に弱くて困るよ。名前を忘れないようにずっと「こりどらすこりどらす・・・・」とつぶやいていたよ。もう忘れない(笑)
とりあえず水槽の中には赤い橋を絶対に置こう、と決めた(笑)

お言葉に甘えて今後も相談させてもらうね^^ ありがとー♪
ネットで調べれば調べるほど、アベベは飼うのが難しそうで困った困った。
お世話があんましむずかしくないおさかなから始めるのがいいのかなーと思案中だよ。
我が家には大きくても30cmの水槽(あるいは20cm以下をふたつ?)しか置けないから、その中でいかに生態系を作れるのか、そればっか考えてるよ。

た、たのしい!(きゃー)
- - - - - 2006/11/06(月) 00:35:33 | URL | β #iNWgv/c2[ 編集] - - - - -
あべべあべべ
こんばんわ、βの姫よ♪(近未来SFの超能力少女のよーな名前だ・笑)
むきむき本気になってくれてありがとう。
姫よ、もっと本気におなり。こっちの世界においでええ?(ワルイ手招き♪)

ほんで、お店のあべべ(スタミナのありそうな名前デスネ)たちは、
仮の姿だと思ってくだされ^^
密度が高すぎて気が散ってるのと、元気がホンモノでないのと、
テキセツな環境じゃないから発情してないので、ほんで平和なんす。

あべべー(伸ばしてミタ)は、ほんといろーんな個体が出回っていて、
春~夏のはじまりぐらいがシーズンでカワイイ個体が流通します。
βのココロに響くよーなカワイイ個体に巡りあえるといいのん。

ほんでえ、赤い橋はアクアてきには禁断のアイテムなんだけど、
姫のセンスがあれば、なんとかかんとかまとめちゃうんでしょう(笑)

あべべの飼育(個人名じゃないのな?)は、どーかなあ。
状態のヨイ個体を、適度な空間で飼う分には楽チンです。
飼うのが難しいつーかあ、飼いゴタエあるですね、フグ類は。
テトラとコリドラスを数匹~ってのとは、本質的に違う感じー。
最初は、あんまし狙いすぎずに、ちび水槽で1匹飼いが無難かもねん。
うちは今、でっかい水槽に、1匹だけ飼ってまして、
それでも充分な存在感を示してます。慣れるし齧るし(笑)

いずれ、アベニーパファーに関してはあつーく特集する予定です。
βの姫も、妄想がまとまってきたら、おせえてくれりー^^
- - - - - 2006/11/06(月) 18:43:46 | URL | ワルモノ #7AQdie5o[ 編集] - - - - -
+コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
+この記事のトラックバックURL
+この記事へのトラックバック
RSS RSS1.0 管理者ページ    Designed by aykm.